« むらさき山哀歌 | トップページ | 「浅草・筑波の喜久次郎」映画公開 »

2016年10月29日 (土)

癌について2

 以前に癌について述べたことがありました。
映画制作などで忙しくしており、ずいぶん長い間続きを書くことができませんでした。
久しぶりにその後の考えを少しだけ述べます。

 以前の文章の中で、「癌は病ではない」というようなことを述べましたが、今でもその考えは変わっておりません。

 癌は、氣の異質変化による現象であると考えております。
氣の異質変化であるので、様々な要因が癌発生の原因になります。
癌の発生原因が5つも6つもあるのはこのためではないかと考えております。

 癌発生の原因(氣の異質変化)を起こす三大要因の私見

1、外的要因
  食生活(酒、塩、水=活性酸素と重水素)、放射能、ウィルス、細菌、寄生虫、呪い、
  自然物理現象、環境汚染(アスベスト等)、医療品の副作用、農薬、DNAの損傷等

2、内的要因
  ストレス(邪気)、遺伝(5%)、性格、生活習慣、ホルモン異常等

3、肉体的要因
  年齢による細胞のコピーミス、運動不足、肥満、ビタミンD不足(紫外線)等

 このほかに、人類進化が生んだ病ということも言えるかもしれません。
それは、脳が巨大化するにつれて癌が発生しやすくなったという研究結果が報告されていることからも、一要因とする必要があるかもしれないのです。
人類の進化が、思考できるようになったということであるならば、思考そのものが癌をつくりだしたり、逆に癌治療に大きな影響を与えることもありえると言えるかもしれません。

 もう一つ、最近の日本人の癌患者の増大は異常のレベルです。
その原因のひとつは、地球で一番古い民族であり、特殊な染色体(Y染色体D系統)を持つ
日本人には、最近の水の波長が合わないのかもしれないと考えます。
それを防ぐ手立てとして、菌食品の摂取と特殊な音霊・言霊の発声をおすすめしたい。
(音霊・言霊については、次の機会に詳しく説明いたします)
菌食品の摂取が重要なのは、そのことによって個々人の体内にある種の酵素が生まれる
可能性があるのではないかと考えられるからです。
現に、納豆や漬け物、その他あらゆる菌食品が大好物の私には何か不思議な抗体が存在し、その酵素を研究したいと考える科学者さえおられるのです。

 ともあれ、何の脈絡もなしに、要因もなしに起こる病などないと考えます。
それならばたった一人の癌患者が病を克服することによってその要因がわかり、まるで抗体を発見したように、その後大勢の患者を癒やすことができるかもしれないのです。
そのため、癌を克服した人のみならず癌にならなかった人もその要因を前述の癌発生の三大要素を参考に検証してほしいと思います。

 癌という異質変化から自分の人生を守るために、思いつくことがありましたら、発信して欲しいと願っております。

                          続く・・・

|

« むらさき山哀歌 | トップページ | 「浅草・筑波の喜久次郎」映画公開 »

医学と療法」カテゴリの記事

コメント

http://keinudidio.blog.fc2.com/

参考になるようでしたら幸いです。

             伊佐

投稿: 伊佐孝二 | 2016年11月14日 (月) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/64412857

この記事へのトラックバック一覧です: 癌について2:

« むらさき山哀歌 | トップページ | 「浅草・筑波の喜久次郎」映画公開 »