« 超能力を持つ人2 | トップページ | 再会 »

2013年11月 8日 (金)

超能力を持つ人3

  昨日もまたまた、K氏に来ていただきました。
  昨日は、I先生の他、日テレの二人と私の合計4人が診ていただき、そのあまりの的中に皆さん目を白黒させていましたよ。
 
  超能力者でもない私がいうのもおこがましいのですが、いわゆる超能力を持つ人というのはある種の「職人」であるとも言えるかもしれません。
  常人には計り知れない能力を垣間見せてくれます。
  今まで沢山のその種の能力を持った方々とお会いしてきましたが、今回のK氏はそのなかでも突出した能力の持ち主といえるでしょう。
  これほどの能力者には今まで数人しか出会ったことがありません。
  今は亡き私の三世界の師「ビゲン」先生、京都の師、アボリジニの師、スリランカの師、那珂の師、山形の亡師、インドの師……。
  一昨日、新たな技を教えていただいたD師もまたその中の一人かもしれません。
  沢山の良い師に恵まれて、私の内に何かが芽生え始めてきたような感覚に襲われております。
  私自身からも何かを発し、世の為に少しでもお役にたちたいものです。
 
  私の身体もすっかり快方に向かい、元気を取り戻してきました。
  それにしてもK氏はただ者ではありません。
  前からK氏のことを聞いてはいましたが、まさかこれほどとは……。
  これから少し時間をかけて、K氏のことを分析してみようと考えております。

  今日が今回の日本滞在で会える最後の夜ということで、サヨナラ夕食会ということになりました。
  最近頻繁に訪れる、目白の寿司屋さんへ出かけ6人で夕食会を行いました。
  あまり写真が好きではないようなので、報告に写真がないのが残念ですが、楽しい夕食会であったことを報告いたします。
  別れに際し、K氏から不思議なエネルギーのでる「真言」と、二つの「物体」を戴きました。
  この真言は面白い波動がでますので、早速教室で皆さんにお伝えしようと思っております。
  二つの物体(写真)は、ポケットに入れておくだけで血流が良くなる、と言います。
  私の右のポケットに入れて下さい、と言うのです。
  どうやら、私の右足の血流が良くないのが分るようなのです。
  何も言わないのに分っているというK氏の不思議な能力にはもう驚きませんが、そのような私に必要な物を持っていることの不思議に驚いてしまいました。
  早速ポケットに入れておりますが、右足の軽いこと、軽いこと!
  不思議なこの物体をもっともっと欲しい(笑)と思ってしまいましたよ。

  最近、私の手元にこのような素晴しい物体が立て続けに舞い込みます。
  大雪山の千年水、ヒマラヤの天然蜂蜜、命の水、アフリカの天然蜂蜜、チベットの邪気除き香、ネパールの邪気祓い石鹸、A大学のS教授の成果、etc……。
  おそらく、これらのものを必要とする人がいるのでしょう。
  その方々のために、しっかりとした効用を確かめておかなくてはなりませんね。

  この一ヶ月余りの間に、素晴しい物品とともにまた素晴しい方々が参集してくれました。
  この集まってくれた方々をこそ、強く感じなければならないのでしょうね。
  別れ際に、K氏を紹介してくれ、かつ通訳の労をとってくれたR国のT教授から素晴しいことを耳打ちされました。
  近いうちに、さらに能力を持った人を複数人来日させ、私のもとに来させるというのです。
 ……!!!

  ここ一ヶ月ほどの日々は、不思議に満ちた素晴しい日々ではありました。

  いつかこの日々の出来事が私の人生の一つのエポックであったことに気付かされるに違いありません。

  人生の素晴しい出会いに感謝いたします。

  誠にありがとうございました。

__002

 

|

« 超能力を持つ人2 | トップページ | 再会 »

不思議な世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/58539627

この記事へのトラックバック一覧です: 超能力を持つ人3:

« 超能力を持つ人2 | トップページ | 再会 »