« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月21日 (木)

再会

  昨夜は本当に久しぶりの親友との再会!
  電話では頻繁に連絡を取り合っていたのですが、彼が外国に行っていたため、なかなか直接の対面とはいかなかったのです。
  旧交をあたため、上野でおとこ同士での食事会となりました。

  食事会はほとんど彼の独壇場!
  話が面白い上に、エピソードのひとつひとつに彼の人柄が垣間見えて実に楽しい夕食会となりました。
  時間の経つのも忘れ、遅くまで話し込んでしまいましたよ。

  事業家の彼は沢山の企業を展開しております。
  彼の実績はほとんどの日本人が知っていることにまで及んでおります。
  そのエネルギーは驚くほどで、私とほぼ同年代にもかかわらずエネルギッシュなのです。
  今回は、さらに新しい事業を興し、その普及のために帰国したのです。
  内容を書きたくてたまりませんが、約束なので思わせぶりな報告でお許し下さい。
  そして私にまでその事業の一端を任せてくれるというのです。
  もっともこれは、その事業の素晴らしさに堪らなくなった私がお願いしたことにもよるのですが(笑い)
  お礼にと言っては可笑しいかもしれませんが、私の方もS教授の事業の一部を彼にお願いすることになりました。

  この半年ほど、何か可笑しいほど不可思議な出来事が起こっております。
  昨夜の夕食会でも同じ事がありました。
  詳細については、教室で皆さんにお伝え致しますね。

  ともあれ、事業等々はともかく、心の許せる仲間との交友は本当に楽しいものです。
  改めて、私のような者との交友を築いてくれる仲間に感謝いたします!

  今朝は興奮のためか3時過ぎにはもう目が覚めてしまいました。

  和尚さんの日めくりカレンダーをみると、簡潔に「ありがとう」と書かれております。
 
  はい、そのままの気持ちです!

  有り難う!!……有り難うございました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

超能力を持つ人3

  昨日もまたまた、K氏に来ていただきました。
  昨日は、I先生の他、日テレの二人と私の合計4人が診ていただき、そのあまりの的中に皆さん目を白黒させていましたよ。
 
  超能力者でもない私がいうのもおこがましいのですが、いわゆる超能力を持つ人というのはある種の「職人」であるとも言えるかもしれません。
  常人には計り知れない能力を垣間見せてくれます。
  今まで沢山のその種の能力を持った方々とお会いしてきましたが、今回のK氏はそのなかでも突出した能力の持ち主といえるでしょう。
  これほどの能力者には今まで数人しか出会ったことがありません。
  今は亡き私の三世界の師「ビゲン」先生、京都の師、アボリジニの師、スリランカの師、那珂の師、山形の亡師、インドの師……。
  一昨日、新たな技を教えていただいたD師もまたその中の一人かもしれません。
  沢山の良い師に恵まれて、私の内に何かが芽生え始めてきたような感覚に襲われております。
  私自身からも何かを発し、世の為に少しでもお役にたちたいものです。
 
  私の身体もすっかり快方に向かい、元気を取り戻してきました。
  それにしてもK氏はただ者ではありません。
  前からK氏のことを聞いてはいましたが、まさかこれほどとは……。
  これから少し時間をかけて、K氏のことを分析してみようと考えております。

  今日が今回の日本滞在で会える最後の夜ということで、サヨナラ夕食会ということになりました。
  最近頻繁に訪れる、目白の寿司屋さんへ出かけ6人で夕食会を行いました。
  あまり写真が好きではないようなので、報告に写真がないのが残念ですが、楽しい夕食会であったことを報告いたします。
  別れに際し、K氏から不思議なエネルギーのでる「真言」と、二つの「物体」を戴きました。
  この真言は面白い波動がでますので、早速教室で皆さんにお伝えしようと思っております。
  二つの物体(写真)は、ポケットに入れておくだけで血流が良くなる、と言います。
  私の右のポケットに入れて下さい、と言うのです。
  どうやら、私の右足の血流が良くないのが分るようなのです。
  何も言わないのに分っているというK氏の不思議な能力にはもう驚きませんが、そのような私に必要な物を持っていることの不思議に驚いてしまいました。
  早速ポケットに入れておりますが、右足の軽いこと、軽いこと!
  不思議なこの物体をもっともっと欲しい(笑)と思ってしまいましたよ。

  最近、私の手元にこのような素晴しい物体が立て続けに舞い込みます。
  大雪山の千年水、ヒマラヤの天然蜂蜜、命の水、アフリカの天然蜂蜜、チベットの邪気除き香、ネパールの邪気祓い石鹸、A大学のS教授の成果、etc……。
  おそらく、これらのものを必要とする人がいるのでしょう。
  その方々のために、しっかりとした効用を確かめておかなくてはなりませんね。

  この一ヶ月余りの間に、素晴しい物品とともにまた素晴しい方々が参集してくれました。
  この集まってくれた方々をこそ、強く感じなければならないのでしょうね。
  別れ際に、K氏を紹介してくれ、かつ通訳の労をとってくれたR国のT教授から素晴しいことを耳打ちされました。
  近いうちに、さらに能力を持った人を複数人来日させ、私のもとに来させるというのです。
 ……!!!

  ここ一ヶ月ほどの日々は、不思議に満ちた素晴しい日々ではありました。

  いつかこの日々の出来事が私の人生の一つのエポックであったことに気付かされるに違いありません。

  人生の素晴しい出会いに感謝いたします。

  誠にありがとうございました。

__002

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

超能力を持つ人2

  今日も、R国のK氏が来館されました。
  私の体調を完全にするためもう一度来る、と言われたその約束のためです。
 
  私の施療はかなり長時間になりましたが、おかげで20年ほど若返った感覚に包まれております。
  とにかく、身体が軽い!
  軽快すぎてスキップして歩きたいほどです。
  これは一体どうしたことでしょう!
  私の丹田にあいていた穴を埋めた、というのですが……。

  私もいつになく素直な気持ちを取り戻し、教えを請うことにしました。
 
  その結果、驚くべきことが起こり始めました!

  今までの私にはなかった能力が、突然出始めたのです。

  これは、一体、何なんだ!

  驚いて質問すると、その能力は私が潜在的に持っていた能力なのだ、という答えです。
  初めて私を観察したとき、すごい能力を持ちながら少しも発揮できないでいる……。
  まるで、9階建てのビルなのに、地下1階にたたずんでいるようだ、と思ったというのです(これには大分お世辞が含まれているに違いありませんが……)
  しかし、今まで出なかった能力が出始めたことは間違いありません。
  嬉しくなって、何度も何度も繰り返し練習しました。
 
  大分スムーズに出るようになってから、何故今まで出なかったのか質問しました。
  その答えは、私が愕然とするほど驚きの理由からでした。
  しかもその答えの細部は、いちいちうなずける理由で説明されており、全てに合点がいくものではあります。
  その闇を越えたからには、私の夢である世界中の子供達の為の力を発揮する時がきましたよ、と言うのです。
  これまたビックリです!
  私が30代から行ってきたボランティア活動のことにも触れてきたのにはまたまた驚愕です。
  誰にも言わずに来たことを、何故知っているのでしょうね。

  ともかく世の中恐るべき人がいるものではあります。

  さらに、近々もう一人の能力者が私の前に現れる、というのです。
  その方は、もちろんK氏の友人であるということなのですが、さらなる力を私に目覚めさせるというのです。
  何故それほど私を援けてくれるのか聞いたところ、にっこり笑って、私の夢が人の為になることだから、と言うのです。
  今日の会見は、かなり面はゆく、こそばゆい時間ではありました。
  あまり私を買いかぶらないでくださいよ、と申しますと、これまたニッコリ笑うばかりです。
  しかも、私はおだてられるとかなり高見まで昇っていく軽薄さを持っていますので、乗せられついでに頑張ってみようか、という思いが高まっております。

  今日の来館時に、私の教室の生徒さんが3人ほど来ていました。
  K氏は、躊躇なくこの3人の施療も行ってくれました。
  2人の生徒さんは泣き出してしまったほどです。

  全て終わってから上野に食事に出かけました。
  食べながら会話が弾み、思いがけず沢山のことを語り合うことが出来ました。
  私は日本語、彼はR語とお互いに母国語で語るのですが、不思議と意思が通じます。
  これは本当に不思議な体験でした。
  これまで私が外国に行ったときは常に日本語で押し通して少しも困らなかったのですが、相手は大変困っていたものです。
  でも今日はK氏に困った素振りは全然見えないのです。
  そして私のほうも……。

  不思議で本当に楽しい一日でした!
  意気投合した私達は、十年来の友人のような感覚になっておりました。

  来週もまた彼とミーティングです!

  また楽しい報告をいたします。

  本当に、人生に感謝、感謝です!

  誠に、有り難うございました。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »