« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

2013年7月22日 (月)

富士山一周祈願

  久方のブログ更新です。
  訳あってしばらく休んでいましたが、ようよう再開する気持ちになりました。
  今後も宜しくお願い致します。

  今日の夕方、西方寺の住職さんたちとの富士山一周祈願旅から帰ってきました。
  「旅」といったところで、二日間だけの小旅行のようなものだったのですがね。
  着いてから寝不足のため睡魔に襲われ、今まで眠ってしまいました。
 

  最近、妙に富士山の名を聞くと胸騒ぎがしてなりませんでした。
  これは何かあるに違いないと住職さんを先頭に富士山の回りをぐるりと一周してきたのです。
  ポイントポイントに、Nさんから預かったドラゴンブラッドとジャスパーの小石を埋め祈願してきました。
  願うところは富士山の怒りを鎮めることです!
  特に富士五湖にその影響が多く現れているように感じておりましたので、富士山の回りの湖を沢山訪れてきました。
  中央自動車道から相模湖に入り、甲州市の甲斐善光寺で祈祷。
  長野善光寺が私の祖先と関係が深いためということと、河口湖ほかの湖の危機を守れるのは山梨県側にあるこのお寺しかないという思い込みからです。
  次の日は河口湖、西湖、精進湖、山中湖から箱根に出、芦ノ湖をちらりと見て小田原から返ってきました。

  不思議な出来事がいくつか起こりましたが、その話はまた次回にいたします。
  ショックだったのは、河口湖の水位が例年になく低くなり、地元の人に聞いたところ今まで見たこともないほどの低さで心配しているということでした。
  そして「笹子トンネル」を抜けるときは強い悲しみが襲ってきて、心が痛みました。
  心から、成仏されますことをお祈りいたします。
 

  今回も「龍」に守られての旅だったことは間違いありません。
  私は「虎」の氣が強いため、少し龍の氣が足りません。
  心配したNさんがゴラゴンアゲートの守り石を授けてくれましたので、道中ずっとその二つの石を山梨側、静岡側に分けて握りしめて祈願してきました。
  誠に有り難うございました。

  「龍」の氣に護られていることは、今回の祈願道中においてもはっきりしてきました。

  出がけに、N会長から電話をいただきました。
  会長の名にも「龍」がつくのです。

  田端に帰り着くと郵便受けにずっしりとした封書が入っておりました。
  天利画伯からのプレゼントです!
  「因達羅大将」と「珊底羅大将」の絵です!
  天利画伯の描かれる絵は、とてつもない氣の波動を発して運気の強く感じられる絵なのですが、今回の二枚の絵も どちらも凄い氣を発する素晴しい絵です。
  誠に有り難うございました!

  そして……天利画伯の名も「龍太郎」でした……。

__001 __003 __005 __006 __007 __008 __009 __011 __012 __013 __014 __019 __020 __021 __022 __023 __025 __026 __028 __029 __031
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »