« 春分の日 | トップページ | 大宮神社 »

2013年3月21日 (木)

春分の日2

  特別な3日間の稽古を、今終了しました。
 
  春と秋の特別な3日間の氣功修行は、また様々な現象をもたらしてくれるので特に楽しい修行になります。
 
  今日の稽古は養生禅から始め、最後は「鷹捉五行拳」で締めてみました。

  養生禅七番では、見えないはずの私の両手が見えるのです!
  感応して黄金色に見えます。
  八番に進むと両手の黄金色が両手の上に集結し、そのまま黄金の珠となって両手の空間に浮かんで見えます。
  有り難く押し戴き、九番で胸の前にて養生し、我が物とします。

  どのような現象なのでしょうか……。

  いまさらながら、この特別な3日間の地球のエネルギーに感謝しております。

  今、私には様々なプレッシャーが降りかかってきておりますが、それも年内には全て片付くことが分ってきました。

  誠に有り難いことです。

  最後の「鷹捉五行拳」を行っていると、その具体的な感応が映像として現れてきました。
  まるで、黒いカーテンで隠された未来を日本刀で切り裂いて露わにするような感覚です。
  それは、夜明け前の真っ黒な闇の世界に東からかすかな光が差し込んできて、どんどんその光を増していく時間であったからかもしれません。

  この地球上で修行できることの幸せと、氣功という「鍵」を手にすることができた幸運に感謝するばかりです。

  写真は、F先輩の真剣です。
  先輩がドイツで居合いの実技を披露したとき、天井のコンクリートの梁を斬ってしまった時の日本刀です。
  大きなコンクリートの塊が落ちてきたそうですが、日本刀は折れもせず少しの刃こぼれをしただけだったそうです。
  日本刀のあまりの強靱さにドイツの方々も驚嘆したそうですが、抜いてみると凄まじい氣が迫ってきます。
  これが日本人の心、侍の心なのかと実感させられます。

  「鷹捉五行拳」の氣は、この日本刀から立ち上る氣と同じような感覚をもたらしてくれました。
  それもこの3日間の特別な日々の氣の御陰なのかと思うと、心がさらに引き締まります。

  ともあれ、春分の日の3日間の特別修行は終わりました。
  これからこの3日間で得た氣を皆様に送氣することに致します。
  どうぞお受け取りください。
 
  皆様に沢山の幸運が舞い込みますように……!

__001 __003 __004



 

|

« 春分の日 | トップページ | 大宮神社 »

氣功の稽古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/57000265

この記事へのトラックバック一覧です: 春分の日2:

« 春分の日 | トップページ | 大宮神社 »