« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

夢の物語 3

  さて、頼光さんと出かけました。
  まずは田端駅から山手線電車に乗ることにしました。
  やはり電車は珍しいとみえて、質問が雨あられと降ってきます。
  ここはやはり丁寧に教えてあげるべきと考えて、ひとつひとつ説明することにしました。

  山手線に乗ることを告げると、その電車はどこまでいくのか?とすぐ質問が飛んできます。
  丁寧に説明することに決めましたので、いやこの路線は都内を一周しており普通は特別どこどこ行きとは決まっていないこと、約一時間で一周しまた同じ駅に戻ることなどを説明しました。
  「―ふむ、ではもっとも長く乗っても30分ぐらいか……」
  計算能力はかなり高いようです……。

  空いている時間帯を選んだのですが、車内の椅子はほとんど満席で数人が立っているような状況です。
  「―おい」
  頼光さんからまた言葉が飛んできました。
  「おい、立っているご老人が何人もいるのに、あそこの若者達は何故椅子にふんぞり返って座っているのだ?」
  おやおや、儒教ですか?
  「最近の若者達は、乗り物などで老人に席を譲ることなどめったにありませんよ」
  「ふん、嘆かわしい風潮じゃのう。いくら遠くてもたかだか30分、そのぐらい立っていることができないのか」
  「席を譲ることがいやなのではなくて、譲ったときお礼を言われるのが気恥ずかしいのかもしれませんよ」
  「それなら最初から座らなければよいではないか」

  頼光さんの言わんとするところは、何となく分ります。
  理由は違いますが、私も都心を走る電車では席に座らないようにしています。
  私の理由とは、前に座っていたどこの誰とも分らない人の邪気を、会陰から吸い込むのがいやだからです。
  会陰とは上手い表現で、まさにその部分からいやな氣を吸い込もうものなら、必ず体調不良を起こし、難病を引き起こしかねません。
  もっとも、私のような年齢ではそれほど心配することもないのでしょうが、若い人たちには大変な影響を及ぼしかねません。
  椅子に座った瞬間気が緩み、そこに放出した悪気邪気が席にこびりついているのを感じるときがあります。
  もしも、その邪気が空中に消えていく前にその席に座ったりすると……、恐ろしくなります。
  どうか若い人たちは、せめて10分間ぐらい時間が経って、邪気が空中に消えてから椅子に座るようにと願っております。
  若い時から健康管理に留意することが、壮年期の頑健な身体を約束するのですから……。

  山手線の電車は秋葉原駅のホームに滑り込んでいきました。
 
 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

大宮神社

  昨日は、杉並の大宮神社に行ってきました。

 杉並区には丁度五十年前に四年ほど住んでいたことがあります。
  また荻窪、吉祥寺、中野新橋にも合計四年ほど住んでおり、方南通りと井の頭通り、五日市街道、中杉通り界隈は本当に懐かしい地域です。
  若かった頃、自転車で走り回った永福や松の木、高円寺、阿佐ヶ谷……。

  昨日も永福や松の木を、時間を掛けて歩き回りました。
  桜花に加えて、名も知らぬ真っ赤な花々を付けた木々がそこかしこに匂い立ち、素晴しい散策となりました。

  実は、大宮神社へ行ったのはちょっとした勘違いからでした。
  第四日曜日に流鏑馬があると神社の方から誘われていたからなのですが、なんと三月と五月を間違えていたのです。
  まったく、そそっかしいといったらありません!
  ところが、この間違いが思わぬ素晴しい体験となったのですから、まったくケガの功名とはこのことですね。

  この大宮神社は、今年九百五十年の節目を迎える古い神社ですが、境内からはそれよりはるかに古い弥生式の遺跡も発見されているという、二千年以上前からの聖域です。
  祀神は、第15代応神天皇とその両親である14代仲哀天皇と皇后の神功皇后です。
  東京のヘソといわれ、胎内回帰ができる神社ですが、最近では素晴しいご利益と「命の水」を湧出しそれを飲むことができるということ、そして「小さなおじさん」の出現する神秘場所であるという都市伝説で有名になりました。

  行ってみると、日曜日ということでかなりの数の参拝者が訪れておりました。
  「命の水」の湧出場所などは長蛇の列となっており、残念ながら飲むことは出来ませんでした。
  天気予報は雨ということだったのですが、丁度神社に着いたときなんと陽が差してきました。
  素晴しい天気です!
  気分良くお参りを済ませ、境内を歩き回りました。
 
  その時、頭の中で何かがささやくような感覚が涌き起こりました。
  不思議に思い空を見上げると、なんと空の雲がまるで龍の頭のようです。
  大きな眼やキバ、そしてなんと口ひげまではっきりと見えます。
  慌ててデジカメを取り出し撮影しました。
  しかしその龍の頭のような雲はまたたくまに形を変えており、写ったものはいささかたよりない龍の頭でした。
  それと言われなければ分らない形になってしまいましたが、なんとなく龍の頭の面影は残っております。
 
  本殿に参拝する列に並んでいるとき、神社の幟(のぼり)が私の身体にまとわりついてきました。
  私の頭を撫で、胴に巻き付く様をみて、列に並んでいる人たちが笑っております。
  後ろに並んだご老人が、だいぶ幟に好かれているようですね、と笑いながら冷やかすほどです。
  私自身は、幟が触れるたびに感じる恍惚感で、ご老人に上手い言葉の返しが出来ません。
  ……何か、嬉しくなってしまいました。

  それから二つほどウソのような出来事が起こり、十分堪能して大宮神社を辞してきました。

  エネルギースポットというのは本当に存在するものですねぇ……。

  素晴しい日曜日の、ちっちゃな一人旅。

  誠に有り難うございました。

__002 __006 __010 __012 __014 __015 __017 __019 __021 __024 __030 __031

  写真画面の中の不思議な像……見えましたか?

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

春分の日2

  特別な3日間の稽古を、今終了しました。
 
  春と秋の特別な3日間の氣功修行は、また様々な現象をもたらしてくれるので特に楽しい修行になります。
 
  今日の稽古は養生禅から始め、最後は「鷹捉五行拳」で締めてみました。

  養生禅七番では、見えないはずの私の両手が見えるのです!
  感応して黄金色に見えます。
  八番に進むと両手の黄金色が両手の上に集結し、そのまま黄金の珠となって両手の空間に浮かんで見えます。
  有り難く押し戴き、九番で胸の前にて養生し、我が物とします。

  どのような現象なのでしょうか……。

  いまさらながら、この特別な3日間の地球のエネルギーに感謝しております。

  今、私には様々なプレッシャーが降りかかってきておりますが、それも年内には全て片付くことが分ってきました。

  誠に有り難いことです。

  最後の「鷹捉五行拳」を行っていると、その具体的な感応が映像として現れてきました。
  まるで、黒いカーテンで隠された未来を日本刀で切り裂いて露わにするような感覚です。
  それは、夜明け前の真っ黒な闇の世界に東からかすかな光が差し込んできて、どんどんその光を増していく時間であったからかもしれません。

  この地球上で修行できることの幸せと、氣功という「鍵」を手にすることができた幸運に感謝するばかりです。

  写真は、F先輩の真剣です。
  先輩がドイツで居合いの実技を披露したとき、天井のコンクリートの梁を斬ってしまった時の日本刀です。
  大きなコンクリートの塊が落ちてきたそうですが、日本刀は折れもせず少しの刃こぼれをしただけだったそうです。
  日本刀のあまりの強靱さにドイツの方々も驚嘆したそうですが、抜いてみると凄まじい氣が迫ってきます。
  これが日本人の心、侍の心なのかと実感させられます。

  「鷹捉五行拳」の氣は、この日本刀から立ち上る氣と同じような感覚をもたらしてくれました。
  それもこの3日間の特別な日々の氣の御陰なのかと思うと、心がさらに引き締まります。

  ともあれ、春分の日の3日間の特別修行は終わりました。
  これからこの3日間で得た氣を皆様に送氣することに致します。
  どうぞお受け取りください。
 
  皆様に沢山の幸運が舞い込みますように……!

__001 __003 __004



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

春分の日

  今、朝の四時三十分です。
  まだ夜は明けず外は真っ暗ですが、すでにしてかなり強烈なエネルギーが東の方から押し寄せてきました。
  今日から三日間は、素晴しいエネルギーに満たされた朝を迎えることができます。
  年に二回だけの至高の時がまもなく訪れます!

  皆さんもどうぞこの三日間は素晴しい氣のシャワーを存分に浴びて下さい。
 

  その時初めて気づきます。

  ……自分の知らない世界が、信じられない世界が、確実に存在することを……。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

居合道

  心と身体を鍛えるために居合道の稽古を始めました。
  F先輩の指導のもと、「樹徳館道場」の開設です。

  礼に始まって礼に終わる、というのが武道の心得ということで、初回は礼の仕方、居合道の立ち上がり方、刀の作法等々を教えていただきました。

  F先輩の稽古は、「真剣」日本刀で行うので、その氣の入り方は半端ではありません。
  まさに身の引き締まる思いです!
  ずっしりと重い真剣を持ったときの気持ちは言葉では表現できません。
  まさに、刀は日本人の心そのものです。
  これから毎週稽古を重ね、何かしら会得したいものです。

__002_2 __004 __008 __009 __010 __011
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »