« 夢の物語 1 | トップページ | 居合道 »

2013年2月15日 (金)

夢の物語 2

  さて、小さなサムライと出かけることにしたので、写真のように小さな二つの穴を開けた布袋を首から懸け、その内に潰されないように小さな箱を入れ、これまた小さな布団を敷くことにしました。
  __002 __003 __005
 
  部屋で実際に試してみて、困ったことに気づきました。
  それは、小さなサムライと会話ができないということです。
  布袋の中からでは、小さなサムライの甲高い声を聞き取ることに無理があると思ったのです。
  そのことをサムライに言うと、では頭の中の会話をしよう、と言うのです。
  頭の中の会話?
  意味が分らず重ねて聞くと、どうやらテレパシーのようです。
 
  テレパシー会話が出来る!!!

  半信半疑ながら試してみることにしました。

  実験成功です!

  小さなサムライに精神を集中することで、彼からの意思が言葉として頭に入ってきます。
  私の意思も、頭の中で言葉を発することで相手に伝わるようです。

  なんとまぁ、都合のよいことでしょう!
  でもこれは夢の中の話ですから……。

  テレパシーでの会話には、もう一つ便利なことがあります。
  それは言葉を無理に江戸時代に合わせなくてもよいということです。
  それどころか、英語でも理解してくれるのです。
  さすがは夢の中の物語!
  上手く出来てます!

  テレパシー会話の練習をしている間に、彼の名前などを知ることができました。
  彼の名は、「頼光」というのだそうです。
  姓を尋ねると、もう少し待て、と言われました。
  何か理由がありそうです。
  意地悪して、何時まで待てばよいのか?と追い打ちすると、ニヤリと笑ったような気がしました。
  もっとも、これは顔を見ていたわけではないので、私の想像ですけれどね。

  さて、準備も整ったところでいよいよ二人で出かけることにしました。
  まず最初は秋葉原に行ってきました。

  というところで……
  丁度、朝の修練の時間になってしまいました。

 
  秋葉原散策の感動的な出来事については、また次回ということにいたします。

  それでは朝の稽古に入ります。
  夢の話にお付き合いいただき、誠に有り難うございました。
 
 

|

« 夢の物語 1 | トップページ | 居合道 »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/56768614

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の物語 2:

« 夢の物語 1 | トップページ | 居合道 »