« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

祈り

  年の瀬もいよいよ押し迫りました。
  このブログも、おそらくこれが今年最後になると思います。
  この一年も様々なことが起こりました。
  来年も……と考えると、楽しくも空恐ろしい思いが致します。
  自然と人間、綾なす様々な文様が頭をよぎります。
  それにしても自己の成長のなさに苦笑するばかりです。
  まるで児戯に等しい思考の構築にはあきれるばかりです。
  来年こそはと祈るばかりで、おそらくこれは一生反省ばかりなのかもしれません。

  祈りといえば、先週の金曜日(12月21日)に家元が稽古場で大々的な祈りを行いました。
  30人程(!)の「浄め手」とともに長時間に及ぶ祈りがおこなわれ、二階の私の部屋までその波動が伝わってきました。
  さすがに98代目、その波動たるや凄まじいの一言に尽きます。
  様々な邪気が停滞したのは、私の教室活動の影響もあるのでしょう。
  家元によれば、邪気怨霊退散祈祷を行うということでした。
 
  不思議なことに、翌日からはこのビルばかりか私の心まで平穏を取り戻し、最近少なめであったお客さんまで朝から大勢尋ねてこられました。
  御陰で23日、24日の連休は山修行に入ることすらできず、朝から晩まで接客となりました。
  それも新しい来館者が多かったのが不思議といえば不思議なことです。
 
  このビルが、また「イヤシロチ」としての輝きを取り戻しはじめました。
 
  今更ながら「光ノ宮」のお力に驚愕しております。
  これで、このビルを訪れる方々にも何かしら素晴らしい力が降りるに違いありません。
 
  「マヤ文明」の言い伝えによると、12月21日は古い時代の終焉であり、また新しい時代に突入する節目の日であるということなのだそうですが、家元の講演DVD「タマヤ文書が伝える第7期目の地球大変動」にも同じようなことが語られておりました。
  私の敬愛する「陰陽真澄」先生(マヤの暦を初めて正確に読み説いた人です)も同じように新しい時代の到来を語られておりましたが、21日以降私自身も新しい時代の到来を実感しております。
  ここ数日、朝の稽古をするときも何かしら嬉しさが涌き起こってきて楽しい時間になってきました。
  今朝の修行稽古のとき受けた波動もそうで、なんか身体が浮き立つような素晴しい感覚が得られました。
  これは本当に嬉しい感覚で、生徒の皆さんにも感じていただけるよう教え方を熟慮していかなければなりません。
  新年からも、更に精進していくつもりです!
  皆さん、ご期待ください!

  家元を初めとする30数人の「浄め手」の皆さんに感謝いたします。
  誠に有り難うございました。

  先日、珍しいプレゼントをいただきました。
  ロシアのT先生からのプレゼントなのですが、ひとつはアボリジニの暦。
  これは早速私の机の脇の壁に下げさせていただきました。
  色の使い方がとても幻想的な素晴しい絵が毎月楽しめそうです。
  もうひとつはロシアのお菓子です。
  ロシアのお菓子は、何となく懐かしい日本のお菓子を連想させる味で、食べた後嫌みにならない甘さが口中に広がります。
  ありがとうございました!
__001 __002 __003

  今年最後のブログにしては、あまりインパクトのある書き方ができませんでしたが、私にとっては家元と「浄め手」の方々の浄化祈祷は十分インパクトのあるものであり、背筋が真っ直ぐになる思いがするものでした。
  弟子でもある私も同じようなパワーを皆様に提供できるよう、これからもさらなる修行を積み重ねなければなりません。
  来年に向けて、頑張ります!ということを皆様にお約束して今年のブログを閉じさせていただきます。
  一年間、つたない文を読んでいただき誠に有り難うございました。
  来年もよろしくお願い致します。

  皆様が良いお年をお迎えできますように!!

                        平成24年師走

 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

教え

  今日で全ての年賀状を出し終わりました。
  さすがに、200枚を越える枚数の手書きは堪えました。
  これだけ書いてもまだ書き残しが出るのでしょうね。
  嬉しい悲鳴です!

  今日はクリスマス・イヴということで、七面鳥の燻製とローストビーフを持って川口のT会長を訪ねました。
  最近、一年に一度か二度しかお顔を見ることがなくなってしまって残念なのですが、これは全て私の無精のためです。
  会長に昼飯をご馳走になりながら沢山のことを教えてもらいました。
  さすがに先人の知恵、為になることばかりで今更ながら会長の存在が有り難く感じられます。
  御陰で、この一ヶ月ばかり迷っていたことも霧が晴れるようにすっきりしましたよ。
  怒られる先輩がいるということは本当に有り難いものです。
  最近の会長は、馬主ということですっかり競馬にはまっており、競馬の面白さや裏話などを話される時は、実に楽しそうです。
  利益どうですか?と聞くと、儲けさせてくれる馬のことばかり話されます。
  何頭もお持ちなので、トータルではトントンみたいです。
  来年には、馬主席で観戦することをお願いして別れてきましたが、本当に大好きな会長です。
  来年から始めようと準備している仕事について話をしたところ、いつものことながら私の資金の心配です。
  大丈夫です、と言いながらもしやのときはお願いするようなニュアンスの話をしますと、会長、いつもの優しい眼差しで笑顔をみせてくれましたよ。
  本当に有り難い先輩なのです!

  今夜は、会長との暖かい会話を思い出しながらゆっくり寝られます。
  心の迷いもすっかり消えましたので……!

  誠に有り難うございました。
  良いお年をお迎えください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

師走・・・

  久しぶりのブログ更新です。
  この一ヶ月ほど、施療に関して心が揺れ動きました。
  新しく手に入れた能力を上手く扱うことができなかったのです。
  かなり試行錯誤を繰り返し、16日に京都の和尚さんのところへ行き、ようよう心の平穏を取り戻すことができました。
  この能力がどこからくるのかはおぼろげにしかわかりませんが、皆さんのお役に立つ力であることを願っております。

  さて、年も押し迫り年賀状書きに精を込めております。
  一枚一枚、念を込めて書いておりますのでかなり消耗しております。
  この賀状が届いた方々になにかしら幸運が舞い込みますように……と念じながら……。

  大変な一年でしたが、来年にはなにかしら明るい兆しが見えております。
  大丈夫です!!!
  皆さんの力を結集し、より良い社会になるよう頑張りましょう!

  来年もどうぞ宜しくお願い致します。

  当館は1月5日(土)から活動開始です。
  年末からは恒例の修行をおこなってまいります。
  また何かしらの力が湧いてくるのでは……と期待しながら。

  1月13日(日)は靖国神社で恒例(もう40年以上も続けております)の能・仕舞・連吟の会を靖国能舞台でおこないます。
  お時間のある方は、どうぞ見物にお出でください。
  能舞台に昇ることも可能ですよ!

  ともあれ、一年間、誠に有り難うございました。
  心から感謝いたします!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »