« 「来氣」と「迎氣」 | トップページ | 師走・・・ »

2012年11月24日 (土)

癌の治療法

  今や日本人の一番の死亡原因は癌病です。
  これだけ医療科学が進歩してきたにもかかわらず、未だ癌の完全な治療法は見つかっていないのです。
  大変悲しいことです。
  施療世界に名を連ねる者として、早く癌病が簡単に治せる時がくるのを願っております。

  今日は、この癌に冒されている方々に少しでもお役に立てばという思いで、私の経験をふまえて得た知識などを報告させていただきます。

  癌の治療法は様々な方法がとられております。
  西洋医学的方法はすでにご存じだと思いますので、それ以外の、私が経験したことなどを述べます。

  そもそも、私が氣功の修行にのめり込んだのは、私の大切な人たちがある時期次々と癌で死亡したことが切っ掛けでもあります。
  なんとかして癌を克服できないものか……という思いが、当時(30数年前)癌に大きな効力があると喧伝された氣功療法を求めることになったのです。

  それから30数年が経ち、現在の私の施療法はある程度固定したものになりつつあります。
  もちろん、新しく、私にも出来る方法があると聞けばすぐさま求めることにやぶさかではありません。

  10数年前、私の癌病施療法は氣功療法一辺倒でした。
  そのような時、私の実父に癌が発見されたのです。
  末期の胃がんでした。
  当然、私は氣功療法を始めましたがなかなか好転しません。
  肉親ということで、不必要な感情が介在したのかもしれません。
  心臓に不整脈があり、高齢ということもあって手術は無理という状態でした。

  本人もなかば諦め、自宅療養に切り替えました。
  そのような状況の時、友人の「市川雅英」先生が筑波の私の自宅まで来られ、一台の機器を提供してくださったのです。
  その機器が、今、横浜のアドバンス・クリニックの「前田華郎」医学博士が癌治療に使われている「マイクロ発生器」でした。

  私も最後の頼みと思い、この機器と氣功療法を併用して施療を続けました。
  一日、二回から三回の照射を続けて三ヶ月ほど経った頃、病院で定期検診を受けたのです。

  驚いたことに、胃がんが消えていたのです!
  胃の中はやや赤みが残っていましたが、癌そのものは跡形もなく消えたのです。
  医者も信じられないという驚きを隠そうともしませんでした。
  その時、担当医にはマイクロ器のことは黙っていたので、彼は私の氣功療法で癌が消えたのだと思ったようです。

  それ以降、私の診療室にこのマイクロ器が4台も置かれるようになりました。(辛いことは、ほとんど無料に近い料金で使っていただいているため、私の道場の経営状態が極端に悪化してしまったことです……笑い)

  マイクロ器を使ってきて分ってきたことは、この機器は癌の治療以上に、再発や転移の防止、そして未然に癌になることを防ぐ効果が高いということです。
  私も毎日この機器を身体に浴びて10数年になりますが、幸い癌は発生しておりません。(7年前ぐらいに、高度異形性―前癌症状のような影が発見されましたがすでに治っております)

  現在は、この機器と氣功療法、それに仏教療法、古神道療法などを織り交ぜて施療しておりますが、私の信念は「病気は、治れば何でも良い……たとえマジナイでも治れば良いのだ」ということです。
  マジナイは極端にしても、和尚さんや「三人ビゲン師匠」から教えていただいた施療法を以て、少しでも癌病に冒されている方々の希望となりたいものです。

 
 
 

|

« 「来氣」と「迎氣」 | トップページ | 師走・・・ »

医学と療法」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
確かにマイクロ器は体が温まりますし、効きますよね!(もちろん先生の気のほうがよいですが)
近くにまた改魂をお願いに伺おうと思っておりますので、よろしくお願い致します。

投稿: ヨシオカ | 2012年11月27日 (火) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/56177134

この記事へのトラックバック一覧です: 癌の治療法:

« 「来氣」と「迎氣」 | トップページ | 師走・・・ »