« 縁-えにし | トップページ | 京都は寒かった! »

2012年3月 9日 (金)

チェルノブイリ

  今日は、成増にお祓いで行ってきました。
  最初にお祓いを行った事務所では、停滞邪気が強すぎて祝詞の望む音域が上手く出ません。
  四苦八苦しながら定められた音域を出そうと奮闘したのですがどうも上手くいきません。
  困惑しながら考えを巡らせていたとき、突然ある閃きが涌き起こりました。
  「そうだ、久しぶりにアレを行ってみたらどうだろうか!?」
  上手くいきました!!!
  劉先生に感謝しながら無事お祓いを済ますことができました。

  帰ってきて、久しぶりにTVでBS1を視ていたところ、チェルノブイリのその後、放射能に犯された地域で今何が起こっているのか、というドキュメンタリーが放送されておりました。
  不思議なことに、チェルノブイリの立ち入り禁止区域は、今多くの野生動物の天国になっているということです。
  さらに、ロシアと米国の科学者の共同研究で放射能の影響が野生動物にどのような影響を与えているのかを調査しているのですが、ほとんどその影響が見られないというのです。
  研究チームは、特に一番影響を受けやすいネズミを捕獲し、そのDNAまで調べているのですが見つからないというのです。
  遺伝子異常による突然変異の割合も通常であることに、科学者たちは逆に困惑しているようです。
  さらに、なんとネズミには放射能に対応する能力までも備わっていることが分ったというのです。

  今日のお祓いで私が行った「アレ」とは、まさにネズミが獲得した放射能対応能力を生み出すネズミの習性と似通っております。
  もしかしたら……!!!
  もしそうなら、ネズミや他の野生動物がそのような能力を獲得したのも宜なるかな、です!
  これは人間のような高等生物にも当てはまるのではないか、と考えました。
  試してみる価値があるのではないでしょうか?

  「アレ」とは、劉式練功法「卯酉周天」です!
  それほど難しい功法ではないので、さっそく来週から教室でこの功を取り入れてみます。
  思うような成果がでたら、今日の成増でのお祓いは大きな転換期になります。
  この功を思い出させていただいたM社長に、心から感謝いたします。
  誠に、有り難うございました。

 

|

« 縁-えにし | トップページ | 京都は寒かった! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しており恐縮です。
放射能の影響で廃墟になりつつある福島県のわが故郷、大熊町はすでにメディアにも放送されなくなっており、地図から抹消される布石でないのかと不安になっているところでした。
が、しかしどうせ帰れないのであれば、故郷にあった美しい自然、野生の小動物や昆虫たちが幸せに暮らせる楽園になるのであれば、少し心も和らぎます。
毎年この時期は仕事量がピークでなかなか伺えませんが、卯酉周天にとても興味がありますので、近いうち時間を作っていけるようにします。
またよろしくお願いします。

投稿: ヨシオカ | 2012年3月 9日 (金) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/54175545

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリ:

« 縁-えにし | トップページ | 京都は寒かった! »