« 師走 | トップページ | 無財の七施(しちせ) »

2012年1月 8日 (日)

謹賀新年!

  明けましておめでとうございます。
  苦難の年が終わり、新たな年に願いを込めての船出です!
  樹徳館道場も昨日から活動を再開いたしました。稽古始め、まだ松の内にもかかわらず大勢の生徒さんに来て頂き、感激いたしました。誠に有り難うございました。
 
  しかし、年初の挨拶が良い話ばかりではなかったのが少し残念ではありました。現実を見つめればそのような状況にあるということは致し方ないのですが、私たちのグループは「※八風吹けども動ぜず」の心を持って逆境に立ち向かっていきましょう!
  どんな局面でも必ず道はあるものです。
  難局においても、共により良き道、方法を見つけ出し、自分と家族、仲間を導く種人となられることを期待しております。もちろん、私も全力をあげて「道」を見いだすつもりでおります。

  人間という生き物は、他の生物と比べるとかなり異なった能力を持った存在です。
  それは優れているというよりも、かなりあぶない諸刃の剣のような能力ともいえます。
  それが今、悪い面が吹き出しているようでもあります。
  いつまでたっても全ての人々が安心して生を全うできない現実があります。
  それは人間が他の生物よりもより強く「欲」を持つことから起こるとも思われます。
  「欲を離れ、天真にまかす」という良寛和尚の言葉があります。
  未成熟な我々にとって、なかなか達成できがたい心境ではありますが少しでも近づきたいものです。

  最近、天文観測技術の発達により地球型の惑星が続々と発見されております。
  地球とほとんど同じサイズの惑星までも見つかりました。
  ハビタブルゾーン(生命居住可能領域・水が液体で存在できるほどの恒星からの距離)の惑星まで発見されました!
  この時期にこのような発見が相継ぐということの意味は何でしょう!
  これについては面白い仮説が唱えられております。それも一流といわれる科学者からの提言ですから大変面白い説です。
  時間がありましたら、教室でご紹介しますね。

  今年もまだまだ予断を許さない状況にある人間世界ですが、前述しましたように必ず「道」がありますので、皆さん前を向いて今年も歩んでまいりましょう!

※「八風」とは利(意にかなうこと)、衰(意に反すること)、毀(陰でそしること)、誉(陰でほめること)、称(目の前でほめること)、譏(目の前でそしること)、苦(心身を悩ますこと)、楽(心身を喜ばすこと)の八つ。   

 

|

« 師走 | トップページ | 無財の七施(しちせ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/53683122

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年!:

« 師走 | トップページ | 無財の七施(しちせ) »