« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

おめでとう!土浦市長!

  今日は、親友、というより私が神のごとく尊敬しております高校時代の同級生、中川清氏の土浦市長選出陣式に参加してきました。
 
  彼がいた御陰で今の私は生きていられる、と言っても過言ではありません。とにかく、素晴らしい人間!の一言に尽きます!
私の長い人生の中で、彼と同級生であったということが、曲がりなりにも私がまともに生きてこられた全てであると言えます。
  武蔵野市吉祥寺で彼と一緒に下宿していた時代からもう48年が経ちました。
  この長い長い時間を彼と同じ時間軸で生きられたということが、私の全てのような気がしているのです。
  もし、彼の存在がなかったら、おそらく私はアウトローの世界に身を沈め、もしかしたらもう生きていなかったかもしれません。
  それほど、自分の人生に大きく関わってくれた人間はいないでしょう……。

  その彼が、今日土浦市長三期目の出陣を迎えました。
  今日の挨拶で彼が言っておりましたが、8年前は彼自身でさえ政治家になるなどとは露ほども考えておりませんでした。もちろん、私や大勢の仲間たちも全てです!
  こういう言い方は大変残念で寂しいのですが、彼は政治家になどしたくないほど人間性が素晴らしすぎるのです。
  私ばかりでなく、我々同級生の宝なのです!
  しかし、8年前急遽乞われて政治の世界に足を踏み出さざるを得なくなりました。
  でも、彼の資質は政治家になっても少しも損なわれることなく、ますます人間性に磨きがかかってきたように思われます。
  今日も自分が大変な状況にあるにもかかわらず、「佐藤!お前、頑張れよ!」と肩を叩かれてしまいました。
  全ての政治家が彼のような「侍の魂」をもって行政に当たってくれたなら……。

  前回、二期目も対抗する候補者がおりませんでしたが、当然のように今回も対抗馬はいませんでした!!!
  出陣式すなわち祝勝会となりました!
 
  三期目の中川市長の手腕に期待するとともに、健康にくれぐれも留意されて頑張ってくださることを心からお願いいたします。

__001 __002 __004 __007 __010 _cci20111031_00002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

Dr.G状況情報7

10月28日(金)現在の予約状況です。(数字は%です)

20日(日)A=20   B=40   C=15     X=   0   Y=50   Z=40   
21日(月)A=25   B=  0   C= 0     X=100   Y=50   Z=40
22日(火)A=25   B=40   C=100   X=100   Y=100  Z=40
23日(水)A=  0   B=20   C=100   X=100   Y=100  Z=40   
24日(木)A=  0   B=30   C= 0     X=100   Y=50    Z=40

26日(土)A=  5   B=20   C=  0    X=100   Y=50    Z=40
27日(日)A=  0   B=20   C=  0    X=100   Y=50    Z=40

                          ※以上です。
 
  27日以降の方もおられますので、お申し付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

Dr.G状況情報6

  Dr.Gの10月26日現在の予約情報をお知らせいたします。
  関連してこのホームページに掲載いたしましたDr.Gホームページも、徐々に充実させてまいりますのでどうぞご覧ください。

11月20日(日)~27日(日)

  ◎グループ・ヒーリング講座=A,B,C,コース(1時間30分)
   

  ◎個別施療講座=X,Y,Z,コース
   

  ◎10日間施療講座(重篤患者さん用)
   
           ※以上の7コースに分けておこないます。

  時間は Aコース(a.m.10:00~11:30)
        Bコース(p.m.1:00~2:30)
       Cコース(p.m.4:00~5:30)

       Xコース(a.m.11:30~12:30) 
       Yコース(p.m.2:30~3:30)
       Zコース(p.m.5:30~8:00)

  ※10日間コース;
     患者さんに合わせてご相談いたします。

現在の予約状況(数字は%です。0=空、100=満員)
20日(日)A= 20  B= 40   C= 20   X= 50   Y=  0   Z=  0
21日(月)A= 25  B=  0    C=  0   X= 50   Y=  0   Z=  0
22日(火)A= 25  B= 40   C=100   X= 50   Y= 50   Z= 0
23日(水)A=  0   B= 20   C=100   X=  0   Y= 50  Z=  0
24日(木)A=  0   B= 25   C=  0    X=100  Y=  0   Z=  0
26日(土)A=  5   B= 20   C=  0    X=  0   Y=  0   Z=  0
27日(日)A=  0   B= 20   C=  0    X=  50  Y=  0   Z=  0

                           以上です。    

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

七五三

  昨日の日曜日は5才と3才の孫の七五三のお祝いでした。
田舎ではこの七五三のお祝いがかなり派手で、嫁にやっても実家は大変です!
でも、元気にスクスクと育っている孫たちの姿をみると、身体の疲れも吹っ飛んでいくようです。
  今年は7月に次女に孫が生まれ、12月には三女にまたまた生まれるので大わらわです。

  爺馬鹿が止まらなくなってきました!

__001 __002 __004 __005 __006 __007 __009 __011 __014
  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

Dr.G状況情報5

  Dr.Delduwe Gnanasumana TheroのVishva Shakthi パワーの個別施療とグループヒーリングの10月21日(金)現在の予約状況をお知らせいたします。

  講座は11月20日(日)から27日(日)の期間おこなわれますが、10日連続での個別施療については、予約の状況に応じて延長していただけることになりました。

  11月20日~27日の講座は、
   ◎グループ・ヒーリング=A、B、C、コース
    

   ◎個別施療講座=X、Y、Z、コース
    

   ◎10日間施療(重篤患者さん用)
    

   ※以上の、7コースに分けておこないます。

  時間は Aコース(a.m.10:00~11:30)
        Bコース(p.m.1:00~2:30)
       Cコース(p.m.4:00~5:30)

       Xコース(a.m.11:30~12:30)
       Yコース(p.m.2:30~3:30)
       Zコース(p.m.5:30~8:00)

       10日間コース;日時はご相談いたします。

  現在の予約状況です(数字は%です。0=空、100=満員)
  20日(日)A= 20    B= 25    C= 10    X=  0    Y=  0    Z=  0
  21日(月)A= 25    B=   0    C=  0    X=  0    Y=  0    Z=  0
  22日(火)A= 25    B= 40    C=100   X=  0    Y=100   Z=  0
  23日(水)A=  0     B= 20    C=100   X=  0    Y= 50   Z=  0
  24日(木)A=  0     B= 30    C=   0   X=  0    Y=   0   Z=  0
  26日(土)A=  5     B= 20    C=   0   X=  0    Y=  0    Z=  0
  27日(日)A=  0     B= 20    C=  0    X=  0    Y=  0    Z=  0

     以上です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

Dr.G状況情報4

  Dr.Delduwe Gnanasumana TheroによるVishva Shakthiパワーの個別施療とグループヒーリングの10月20日現在の予約状況をお伝えいたします。

  講座は11月20日(日)から27日(日)に渡り行われますが、10日間連続での個別施療については、予約の状況に応じて延長していただくことになりました。

  11月20日~27日の講座は、
        ◎ グループ・ヒーリング=A,B,C,コース
         

    ◎個別施療講座=X,Y,Z,コース
      
   
    ◎10日間施療(重篤患者さん用)
         

  以上の、6コースに分けておこないます。
  
  時間は Aコース (a.m.10:00~11:30)
        Bコース (p.m.1:00~2:30)
        Cコース (p.m.4:00~5:30)

        Xコース (a.m.11:30~12:30)
        Yコース (p.m.2:30~3:30)
        Zコース (p.m.5:30~8:00)

                10日間コース;日時は相談の上決定いたします。

  現在の予約状況です。(数字は%です。0=空、100=満員)
  20日(日)A=20  B=50  C=  5  X=  0  Y=   0  Z=  0
  21日(月)A=10  B=  0  C=  0  X=  0  Y=100   Z=  0
  22日(火)A=25  B=25   C=100  X=  0  Y=   0   Z=  0
  23日(水)A=  0  B=20 C=100  X=50  Y=   0  Z=  0
  24日(木)A=  0   B=20   C=   0    X=  0   Y=   0    Z=  0
   26日(土)A=  0   B=20   C=   0    X=  0   Y=   0    Z=  0
  27日(日)A=  0   B=  0   C=   0   X=  0    Y=  0     Z=  0

  以上ですが、Dr.Gのご厚意によりご希望の方がまだおられる場合にはグループヒーリング及びそれ以外の講座も増設することが出来そうです。
   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

Dr.Delduwe Gnanasumana Thero状況通信3&北海道

 昨日まで北海道、旭川に行ってきました。
  旭川はもう秋の気配が漂っており、ナナカマドや公孫樹の葉が色づき始めておりました。名も知らぬ秋の花々も咲き誇り、北海道の大自然を満喫してきましたよ。
  今回も、Nご夫妻、M氏ほかの皆さんには本当にお世話になりました。心から御礼申し上げます。誠に有り難うございました。
  今回は特に施療師を目指す二人の若者に私のつたない技の幾つかを教えてきたのですが、その飲み込みの良さに感嘆しました。やる気のある若者の力は頼もしく思うほどです。これからも頑張ってほしいと祈らずにはおれませんでした。これから益々伸びてゆくことでしょう!期待が膨らみます!

  Dr.G(ドクターデルドゥーワ ンナーナスマーナ セロ)の通信3です。
  グループヒーリングの時間等は前回お知らせした通りですが、今回個人施療の時間を決めさせていただきました。
  個人施療の時間はまだ十分に空きがございますので、どうぞお試しください。

  一回施療十回施療とも以下のコースの通りですが、日時は11月27日以降、年内一杯まで行う予定です。

      Xコース=a.m.11:30~12:30
      Yコース=p.m. 2:30~ 3:30
      zコース=p.m. 5:30~ 8:00             以上です。
 
  また動けない方のために、Dr.Gから訪問施療をしてもよいとの返事をいただいております。ご希望の方はご相談ください。
  Dr.Gのお話しによりますと、難病のガンでさえ10日間ほどの時間をいただければ8割以上の確率で施療効果が望めるということです。難病のガン治療がそのような短期間で好結果をだせるのかどうか……。このガン施療には私も大きな期待を抱いております。
  しかし、ガン治療という大変難しい施療ですので、私自身一抹の不安があることも確かです。その難しさはこれまでガン施療をおこなってきた私自身が骨身にしみて感じているからです。
  そこで、今回、当館ではある病院の医師グループのご協力を仰ぎ、施療前と施療後の結果を検査し、その治癒状況をも皆さんにこのブログでお知らせしたいと考えております。
  Dr.Gの言われる通り、ガン治療に大きな成果が現れることを心から期待しております。
  また、チラシ、パンフ等も無料で配送いたしますのでお申し付けください。早急にお送りいたします。

  現在の予約状況(10月18日現在)
  23日(水)のCコース(4時~5時半)が満員となりました。
  22日(火)のCコース(4時~5時半)があと残7席です。
  その他はまだ空席がございます。
  お申込みをお待ちしております。

__001 __002 __003 __004 __005 __006 __007 __008 __009 __010 __011 __012 __013 __014 __015
 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

Dr.Delduwe Gnanasumana Thero状況通信2

  今日は珍しく9時ごろ寝てしまいました。あまりの早寝に脳もビックリ!1時には目が覚めてしまいましたよ。

  さて、Dr.G通信の2です。
  今日現在、23日(水)のCコースがおかげさまで満員となりました。
  お知らせしてありますように、11月20日(日)~27日(日)のDr.Gのグループヒーリングは一日をA,B,C,の三回に分けております。A(a.m.10:00~11:30)、B(p.m.1:00~2:30)、C(p.m.4:00~5:30)の三回です。
  また、施療コースはその間の時間とp.m.6:30~8:00までの時間帯でおこないます。
  もし、講座数が足りないときはDr.Gに延長をお願いしてありますのでご安心ください。

  今日、地方で氣功教室を開催している氣功師の方から驚きと感激の連絡が入りました。
  資料を手に取りDr.Gの写真を見た瞬間、足の先まで衝撃が走ったというのです。このお方はただ者ではないと感じたそうで、自分の教室の生徒さんともどもご来館いただけることになりました。
  Dr.Gと初めてお会いしたとき、私自身も同じような衝撃を感じ、そのパワーの尋常でないことを実感しておりますので、それが写真だけで分ったというその氣功師のかたの力量も、素直に素晴らしいものだと推察いたします。
  今からその氣功師の方にお会いするのが楽しみです。
  このように、Dr.Gの招聘計画を進めるにつれ、様々な副次的効用が現れております。本当に嬉しく楽しいことで、これからの数ヶ月は夢のような時間が持てるような予感がしております。

  さて、明日はまたどのような展開が待っていることでしょうか!? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

Dr.Delduwe Gnanasumana Thero状況通信1

  昨夜遅くにDr.G来日の情報を流したのですが、今日の夕方までに早くも40人ほどの方からの参加申込みをいただきました。
  Dr.Gの生き様や能力を良く知っておられる方々がおられ驚いております。
  「本当に来日していただけるのか?」というお電話さえあり、前回来日された時の感動を覚えているのだとおっしゃり、その時の状況を教えてくださる方までおられました。
  その時には日本の雑誌で大々的に特集されていたそうで、今回は私の思いつきのような形での来日であり、本当に突然のことなので情報が行き届かず申し訳ない気持ちで一杯です。

  ただ、Dr.Gと私との繋がりの中からもしも希望する方が多い場合には、滞在延長も可能であるというお言葉を頂いております。
  特に重篤患者の方々には、10回以上の施療が望ましいということで、少なくとも1ヶ月以上の滞在をお願いしようと考えております。
  一人でも多くの方が辛い病から解放されることを心から願っておりますが、少ない人数でより強いDr.Gのパワーを享受していただこうと考えておりますので、グループヒーリングの各コースの人数も限られてしまいます。そのため来週火曜日から各コースの参加人数情報を毎日のように掲載していくつもりです。
  そして、決められた日時でまかないきれない時は、施療ばかりでなくグループヒーリングの機会の延長をもお願いする予定でおりますので、どうぞご安心ください。

  来週にはパンフ、チラシもできあがって参ります。ご希望の方にはFAXいたしますので、どうぞご請求ください。
  各資料のご請求は、下記へお申し込みください。

  TEL  03-3809-1107
  FAX  03-3809-1212
  Email info@jutokukan.com
  住所 東京都北区東田端1丁目14-8
   
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

Dr. Delduwe Gnanasumana Thero来日決定!

  スリランカの至宝ともいわれるDr.GことDr.デルドゥーワ  ンナーナスマナ セアロ導師の緊急来日が決定いたしました!!
  下記日程で当樹徳館道場においてワークショップ並びに個人施療をおこないます。
  今回の来日に当たっては、スリランカ国営放送局、Vishva Shakthiセンター、在日スリランカ領事館、そしてスリランカ大統領のご協力があり本当に感謝に堪えません。総勢10人ほどの大所帯での来日となりますが(僧侶の方は6人)、ぜひこの機会にDr.Gのパワーに触れていただきたいと樹徳館スタッフ一同希望しております!

  来日 平成23年11月18日(金)

  ワークショップ(グループヒーリング)日程
   11月20日(日)~24日(木)、26日(土)、27日(日)

  ワークショップ時間(各日程ごと、毎回)
   Aコース(a.m.10:00~11:30)  Bコース(p.m.1:00~2:30)
   Cコース(p.m. 4:00~ 5:30)  Dコース(個人施療、時間相談)

   ABC各コースは、約15名ほどで行いたいと考えております。
   その為、15名になったコースから締め切らせていただきます。

  また、施療のDコースは上記日程に縛られず、求める方がおられる限り滞在を延長して施療していただけることになりました。重篤な患者の方々に一定の効果が確認できるまで施療を継続していただけるということです。求める方が多い場合には最大滞在期間の3ヶ月近くまでOKをいただきました。Dr.Gのお言葉によれば、たとえばガン疾患の方であれば10日間ほどの施療継続が望ましいとのことです。遠慮なくお申し出ください。

  以上、詳しいことは当樹徳館道場にお問い合わせください。
  TEL  03-3809-1107
  携帯 090-8815-7373
  〒114-0013 東京都北区東田端1-14-8

  さて、Dr.Gとはどのような方で、そのパワーはどのようなものなのでしょうか?
  そして今までどのような施療実績を残されてきたのでしょうか?
  Dr.Gの膨大な著作のなかから参考になるような記事を抜き出してみました。以下、Dr.Gの著作からの引き写しです。ただし、その記述についての追跡調査は行っておりませんが、私自身複数回Dr.Gと会い、またその施療を受けた者として感じることは「このパワーは尋常ではない!」ということです。
 
  Dr.Gは今までに5万人以上の人々を病から解放してこられましたが、その治癒率はなんと8割に上るといわれております。
  師は8才にして僧侶の道に入り、スリランカで最年少の博士号を授与された英才でもあります。わずか19才にして最初の著作「初期仏教の原理」を著し、同じ年齢でパーリー語とサンスクリット語に精通して名誉あるRajakeeya Pandit賞を授与されたほどです。
  その後、Buddhist and Pali大学で「瞑想の歴史的な証拠に関する書」を著し、教授となりました。

  長い長い修業の果て(Dr.Gはそれを魂の旅と言います)に、宇宙に存在するもっとも強い力を感得することができたと言います。
  師はこのエネルギー(Vishva Shakthiと呼んでおります)を人々の心や身体に巣くう病を癒やす力にすべく鍛錬を重ねついに我が物としたのだそうです(実際わたしが受けたときの衝撃は言葉では言い表せないほどでした)。

  Dr.Gは、今までにイギリス、アメリカ、ドイツ、スイスそしてインドでワークショップを開催してこられました。今回もイギリスから日本に回っていただくという行程で来日されることになりました。
  当館で施療を受けている方々は、私としてはそれなりの効果が見られるとは思うのですが、さらに「早く、苦しまず、後遺症もなく」という病気快癒の法則を求めて今回Dr.Gのお力を頂くことになりました。

  さらに詳しい情報をお求めの方は遠慮なく当館までご連絡ください。お待ちしております。

_cci20111008_00000 _pdvd_000 _pdvd_002 _pdvd_003 _pdvd_004 _pdvd_005 _pdvd_006 _pdvd_007 _pdvd_008 _pdvd_009 _pdvd_010 _pdvd_011 _pdvd_012 _pdvd_014 _pdvd_018 _pdvd_022 _pdvd_026 _pdvd_027 _pdvd_031 _pdvd_032 _pdvd_033 _pdvd_034 __268 __276_2
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

氣功教室

  昨日は春日部の氣功教室に行って参りました。
  昼過ぎから「地鎮祭」を執り行い、ちょっと休んでから個別相談、そして氣功教室というスケジュール。Tご夫妻の手際の良い段取りで一日楽しい時間を過ごすことができましたよ。
  本当にTご夫妻には感謝感謝です。
  氣功教室も満員の盛況で、16才の若者からご高齢の方まで幅広い年齢層なので楽しさであふれていました。
  教室が終わってからの会食にも20数名の方が参加され、実に楽しい食事会となりました。いつものことながら、素晴らしい方々に囲まれて幸せを噛みしめてまいりました。
  皆さん、本当にありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。

__001 __002 __003 __004 __005 __006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

変化・・・

  最近の朝の稽古がワクワクしております。
  何かしら不可思議なことが起こっているのです。
  それが良い方向に向いているのか、それとも悪い方向なのかはまだ分りません。しかし、何か大きな変化が始まろうとしていることだけは感じ取れます。願わくはそれが良い方向に向かっているのでありますように……。

  今朝も稽古の途中で香しい気配に包まれて、陶然とした気持ちになりました。
  私自身に限っていえば良いことなのですが、このような現象が私にも起こるということの不思議さはまだまだ理解できておりません。ただ言えることはこのような現象のもたらす要因の一つに物質界のエネルギーとは違った何かがあるということです。

  このような現象が起こるには、切っ掛けとなった何かがあるのではないかと考えてみました。
  一つだけ心当たりがあります。
  詳しいことはまだ精査していないので申し上げられませんが、じっくりとそのことを精査していこうと考えております。
  もしそれが正解ならば私を含めてすべての人々が生き方を考えなければなりません。そうでなければ、何かとてつもないことが降りかかってきそうな予感がします。
  確信が持て次第報告していきますが、私自身はそれが正解と感じて生き方を少しづつ変えていこうと考えております。

  ・・・・・・2500年周期の出来事について、皆さんも考えてみてください。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

畏怖するということ

  京都に行ってきました。
  今回も陰陽真澄氏との二人旅です。
  しかし今回の訪問で、おぼろげながら和尚さんの教えの門が見えてきたように感ずることが起こりました!
  まさに畏怖です!
  例によって和尚さんの「階段レクチャー」が終わり、おやつの時間ですよ、ということで本堂で皆さんとお茶をしていたのですが、ふと気が付くと四天王の一人F氏の姿が見えません。どうしたのかと探すとF氏はまだ階段に座り物思いにふけっているのです。
  どうしましたか?と声をかけると、F氏はあの素晴らしい笑顔をみせながら、分った!何となくだが分ったような気がする!と言うのです。即座に、先ほどまでの和尚さんの「施療レクチャー」の効力原因の秘密についてのことだと感じましたので、どう分りましたか?と尋ねると、F氏はもう少し確信してからお話しますと言います。
  このF氏の熱心さにはいつも頭が下がります。
  和尚さんのレクチャーが終わった後、一人でそのことを考え続けていたのです。
  遅ればせながら私ももう一度階段に座り、今日の和尚さんの施療レクチャーの効力がどうして発生するのか考え始めました。

  今までなら、考えがまとまらずF氏に教えてもらおう・・・と思考を止めていたに違いありません。
  しかし、この一週間ほどの私には何かおかしな現象が起こっております!
  おぼろげながらその答えが分ったような気がするのです(後でF氏に確認すると、ニッコリとうなずいてくれましたよ)。
  その思考を巡らしていたとき、面白いことが起きました。
  今まで和尚さんにお話やCDなどで教えていただいたことの幾つかが頭に蘇ってきたのです。その幾つかを以下に列挙しますが、どうしたことでしょう!
  「脳内には、生理的にわかるメカニズムと、わからないメカニズムがある」
  「氣功師はクオークとレプトンを知らなければいけない」
  「宇宙論と難病との関連・地球への宇宙的干渉」
  「本当の眠りをもたらす氣施氣療法」
  「正しい生き方のリズムと方向性」
  「宇宙の始まりを粘菌から考える」
  「すべては自然の一部」
  「宇宙の風のゆらぎ、それが生命の最初の素」等々……

  病気施療方法について、もしかしたら重大な発見をしたかもしれません!
  発見と言うよりも、和尚さんの教えを繋いでいくと一つの方向が見えるのです。それはまた「妙光錦」や「妙光波」「妙光マーク」などにも続く方向でもあるように感じられます。
  驚きとともに、背筋の凍るような畏怖の感覚が襲ってきております。
  「もしかしたら……、これは……」
  教室の皆さんと意見を交換してみたいと思っております。

  この一週間、おかしなコトが起こりすぎております!
  真新しいテレビがおかしなことになっている……!
  部屋の電気がついたり消えたり、スマホの画面に出した覚えのない記事が現れていたり、神棚の水が黄金色に染まり、香しい匂いを発していたり数多くのシンクロニシティ現象が起こったりと、頭がおかしくなりそうです。
  このブログを更新中に、今また電源の入っていないデッキが突然鳴り出しました。これは何なのか……明日、ビックカメラのメンバーに聞いてみよう!!!

 

 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »