« 氣功教室 | トップページ | Dr.Delduwe Gnanasumana Thero状況通信1 »

2011年10月12日 (水)

Dr. Delduwe Gnanasumana Thero来日決定!

  スリランカの至宝ともいわれるDr.GことDr.デルドゥーワ  ンナーナスマナ セアロ導師の緊急来日が決定いたしました!!
  下記日程で当樹徳館道場においてワークショップ並びに個人施療をおこないます。
  今回の来日に当たっては、スリランカ国営放送局、Vishva Shakthiセンター、在日スリランカ領事館、そしてスリランカ大統領のご協力があり本当に感謝に堪えません。総勢10人ほどの大所帯での来日となりますが(僧侶の方は6人)、ぜひこの機会にDr.Gのパワーに触れていただきたいと樹徳館スタッフ一同希望しております!

  来日 平成23年11月18日(金)

  ワークショップ(グループヒーリング)日程
   11月20日(日)~24日(木)、26日(土)、27日(日)

  ワークショップ時間(各日程ごと、毎回)
   Aコース(a.m.10:00~11:30)  Bコース(p.m.1:00~2:30)
   Cコース(p.m. 4:00~ 5:30)  Dコース(個人施療、時間相談)

   ABC各コースは、約15名ほどで行いたいと考えております。
   その為、15名になったコースから締め切らせていただきます。

  また、施療のDコースは上記日程に縛られず、求める方がおられる限り滞在を延長して施療していただけることになりました。重篤な患者の方々に一定の効果が確認できるまで施療を継続していただけるということです。求める方が多い場合には最大滞在期間の3ヶ月近くまでOKをいただきました。Dr.Gのお言葉によれば、たとえばガン疾患の方であれば10日間ほどの施療継続が望ましいとのことです。遠慮なくお申し出ください。

  以上、詳しいことは当樹徳館道場にお問い合わせください。
  TEL  03-3809-1107
  携帯 090-8815-7373
  〒114-0013 東京都北区東田端1-14-8

  さて、Dr.Gとはどのような方で、そのパワーはどのようなものなのでしょうか?
  そして今までどのような施療実績を残されてきたのでしょうか?
  Dr.Gの膨大な著作のなかから参考になるような記事を抜き出してみました。以下、Dr.Gの著作からの引き写しです。ただし、その記述についての追跡調査は行っておりませんが、私自身複数回Dr.Gと会い、またその施療を受けた者として感じることは「このパワーは尋常ではない!」ということです。
 
  Dr.Gは今までに5万人以上の人々を病から解放してこられましたが、その治癒率はなんと8割に上るといわれております。
  師は8才にして僧侶の道に入り、スリランカで最年少の博士号を授与された英才でもあります。わずか19才にして最初の著作「初期仏教の原理」を著し、同じ年齢でパーリー語とサンスクリット語に精通して名誉あるRajakeeya Pandit賞を授与されたほどです。
  その後、Buddhist and Pali大学で「瞑想の歴史的な証拠に関する書」を著し、教授となりました。

  長い長い修業の果て(Dr.Gはそれを魂の旅と言います)に、宇宙に存在するもっとも強い力を感得することができたと言います。
  師はこのエネルギー(Vishva Shakthiと呼んでおります)を人々の心や身体に巣くう病を癒やす力にすべく鍛錬を重ねついに我が物としたのだそうです(実際わたしが受けたときの衝撃は言葉では言い表せないほどでした)。

  Dr.Gは、今までにイギリス、アメリカ、ドイツ、スイスそしてインドでワークショップを開催してこられました。今回もイギリスから日本に回っていただくという行程で来日されることになりました。
  当館で施療を受けている方々は、私としてはそれなりの効果が見られるとは思うのですが、さらに「早く、苦しまず、後遺症もなく」という病気快癒の法則を求めて今回Dr.Gのお力を頂くことになりました。

  さらに詳しい情報をお求めの方は遠慮なく当館までご連絡ください。お待ちしております。

_cci20111008_00000 _pdvd_000 _pdvd_002 _pdvd_003 _pdvd_004 _pdvd_005 _pdvd_006 _pdvd_007 _pdvd_008 _pdvd_009 _pdvd_010 _pdvd_011 _pdvd_012 _pdvd_014 _pdvd_018 _pdvd_022 _pdvd_026 _pdvd_027 _pdvd_031 _pdvd_032 _pdvd_033 _pdvd_034 __268 __276_2
  

|

« 氣功教室 | トップページ | Dr.Delduwe Gnanasumana Thero状況通信1 »

医学と療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/52969982

この記事へのトラックバック一覧です: Dr. Delduwe Gnanasumana Thero来日決定!:

« 氣功教室 | トップページ | Dr.Delduwe Gnanasumana Thero状況通信1 »