« ミオン | トップページ | 蟻…… »

2011年7月18日 (月)

なでしこ!

  日の本は、岩戸神楽の昔より、女ならでは夜の明けぬ国。
  天の岩屋戸にお隠れになった天照大御神を、天宇受売命(アメノウズメノミコト)の神楽舞によって岩戸から出し夜が明けたという古事記から生まれた狂歌。
  まさに、この狂歌のごとく国難に沈むこの国を明るくさせてくれた女子サッカーの快挙でした。
  おめでとう! そしてありがとう!
  女子チームの快挙はもう一つ。ソフトボールのカナダカップで、日本チームがこれも同じくアメリカチームを破って優勝しました。
  素晴らしいですね! 日本女子チームの頑張りは・・・・・・!
  それにしても、日本チームは層が厚いというのか佐々木監督の采配が素晴らしく、打つ手打つ手が全て成功しましたね。澤選手を中心に、毎試合新しいヒロインが現れていつのまにかスター軍団になっていました。
  苦しいときほど、その苦境を救う者が現れる下地を作るべきである、という格言は全ての道について同じことが言えるのかもしれません。どこかの首相はその下地を全て潰し、自分の浅い考えから打つ手が全て裏目に出る、・・・・・・あぁ!

  ところで、PCでこのサッカーの記事を読んでいると、ジャイアンツの原監督が面白いことを言っていました。
  「まるで、異次元の力が後押ししているようだった」と・・・・・・。
  さすがは勝負師!
  原監督は気付いていたようですね。
  この試合ばかりでなく、日本女子サッカーチームには様々なところで、ある力が後押ししていたようです。試合のビデオをよくよく見直してみてください。特に顕著なのは、ドイツ戦で丸山選手がゴールを決めた場面です。右に出されたパスに丸山選手とドイツの選手が突進していきます。
  その時、弾むボールが不可思議な動きをします。左の方へはねていくボールが突然右にはね、丸山選手の足のほうがドイツ選手よりもボールに近くなったのです。
  これを単なるイレギュラーと思ってはいけません。
  ドイツの選手と丸山選手の間に不思議な影が見えるのです。その影の動きによってボールが右にはねているのです。
  ドイツ戦の丸山選手のゴールシーンはこれからも何度も放送されるでしょうから、興味のある方は精査してみてください。

  ともあれ、素晴らしい優勝でした!!!
  寝不足ですが、今日は爽やかな一日となりました。
  誠に、有難うございました! 

|

« ミオン | トップページ | 蟻…… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/52246424

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこ!:

« ミオン | トップページ | 蟻…… »