« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

朝稽古

  あまり公開することでもないのですが、朝の修行をどう行うか考えている方に少しでも参考になれば良いと思い開示しました。
  あくまでも、私個人の未熟な修行方法なので参考程度に考えてください。
  実際には「妙光錦」を手に入れることも困難ですし、岩笛や古神道のバイブルを入手することも難しいかもしれません。
  さらに、修行中に起こる様々な出来事に対処するために、私の場合は品川和尚の念珠と「命の水」を活用しております。
  写真には写っておりませんが、脇には簡単な食物も置いてあります。(これは、クンダリニー現象が起きた時の為の備えです)
  修行内容は、その日によって異なりますが、概ね古神道、仏教を坐して行った後に、仙道気功修行を立って行います。
  修行時間はその日によってマチマチです。
  平均すると2時間ぐらいでしょうか・・・・・・。
  その後、縁のある方への「送氣」を行って一日の修行を終わります。

  朝の稽古をすることで一番嬉しい事は、「念」の存在を知覚できることです。
  自分の氣の力を上げることはもちろんですが、別次元の存在を知覚できるときがあります。
  これは毎回知覚できるということはありませんが、体調の良い時などはほとんど感ずることが出来るようです。
  その時には、天地に霊が満ち満ちて、世界中が蛍光色に光っているように見えます。
  そのような状態にあるときには、私の力でも全ての病を治すことが出来るような自信が湧いてきます。
  残念ながら常にそのような状態にあるということはなく、非常に体調の良いとき、京都の和尚さんの所に行った後や筑波山、加波山などでの修行をした後に多く知覚できるようです。
  そう考えると、氣の力が身体に多く懸っているときほど知覚できるということなのかもしれません。
  岩笛を鳴らしたり、品川和尚の「妙光錦」の上に坐すことが私の氣をより増幅してくれるのだ、という観念は強く感じております。

  まだ数度しか体験していない観念があります。
  それは、この世が「二つの世界」で成り立っているのだということを知覚できた、という観念です。
  二つの世界、それは物理法則に支配されている「光」の世界と、意志や観念といった非物質的な目に見えない「氣の力」の世界とでも云えましょうか。
  不思議にそのような観念が湧きおこるのです。
  そのような時、不意に副脳がうごめき、しらずに言葉を発したりするときもあります。
  一月に今回の東日本大震災の発生を予感したのもこのような言葉からなのです。
  もしかしたら、これが藤原家元の言われる「神示」の一種なのかもしれません。

  さて、今朝はこのようなブログをしたためておりましたので、稽古の時間が遅くなりました。
  さっそく、今から修行に入ります!
  説明は省きましたが、写真の中のあるものに皆さんお気づきになりましたか?
  気付かれた方は、次回の教室でどうぞ質問してください。
  面白いこと? をお教えいたします。
  フフフ・・・・・・、すみませ~ん。
  このようなもったいぶった言い方が大好きなので・・・・・・。

__001 __002 __003 __011 _ __2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

日生劇場

  日生劇場でミュージカル「三銃士」を見てきました。
  野沢那智さんの長男、聡くんが三銃士の役で出ていたので、招待されたのです。
  久しぶりの芝居見学で、ほんと楽しかったです。三銃士のストーリーそのものは昔から知っているものですが、演じる役者さんたちの力量が素晴らしく、あっという間に時間が過ぎてしまいましたよ。
  聡くんも背が高いので見栄えがしてとても素晴らしかったです。その他の役者さんたちもとても気合いが入っていて、素晴らしい出来なのでびっくりしました。
  途中で、日生劇場の外も場内も警備の方の姿が多いのに気がつきました。
  さすがは一流の劇場、警備にも力を入れているなぁ、と思っていたらなんと皇太子殿下も観劇されておりました。もしかしたら、子供たちの姿が多かったので愛子さまもご一緒だったのかもしれませんね。10mも離れていないところで、殿下と同じ芝居を観ることが出来たというのは望外の喜びでした。
  芝居がはねて外に出ると、帝国ホテルの脇の道路は護衛の車でいっぱいでしたよ。
  楽しい時間を過すことができ、聡くんには感謝感謝の一日でした!

__001 __002__2  _

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

スペイン料理

  今日は銀座に繰り出し、スペイン料理と洒落ましたよ。
  この店の社長の人間性が好きで、もう15年以上通っております。銀座には2店あるのですが、最近は2丁目店が多くなっております。メンバーは日本TVの3人と男ばかりの4人組み! エグゼクティヴディレクターのA氏と制作会社のA社長、そして我らが火曜サプライズのAチーフです。これをスリーAと呼んでからかっております。
  お互いに気兼ねなく何でも話せる仲間なのですが、数えてみたらもう28年の付き合いになりました。
  お互いに歳を経たものです!
昔はお互い若く、好青年だったのにねぇ・・・・・・、などとA氏が言うので、私も負けずに、そうそう、その当時は僕も筑波のキムタクと言われていたのにねぇ・・・・・・、と言ったらその当時はまだキムタクはデビューしていない! と突っ込まれてしまいましたよ。
  こんなたわいもない話で盛り上がり、最後はAエグゼクディヴディレクターにオビの番組をやれと無茶ぶり! そればかりか、その番組で私の推薦する3人のタレントをレギュラーで使えと無理押しです。
  A氏は、ハイハイ、分かりましたよ! と大人の返事! 楽しい時間でした!!!
  この仲間は皆「伊東家の食卓」という番組を10年間続けてきたメンバーなのです。ついでに、私のミーハー心を満足させるタレントが出演するときには必ず呼ぶこと、という約束をして別れてきましたよ。

  楽しい宴にお酒の飲めない私も店自慢のワイン酒「サングリア」を飲んで、ほろ酔い加減で帰ってきました。本当に楽しい時間でした!
  皆さん、誠に有難うございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

蟻……

  今日は台風6号の影響で気功教室は臨時にお休みです。
  夜、久しぶりに時間があったので、スターチャンネルで録画しておいた映画を見ました。実に懐かしい映画で、昭和30年ごろの作品です。
「黒い絨毯」という邦題がつけられたハリウッド映画で、出演はエレノア・パーカーとチャールトン・ヘストンです。
  いやぁ、二人とも若い若い!
  映画はアマゾンを切り開いて大きな農園を経営するまでになった主人公が代理結婚するのですが、二人の感情の行き違いで関係がもつれているところへ、「マラブンタ」が襲ってくるという話です。
  マラブンタとは軍隊アリの大群のことで、この群れが通り過ぎたところは草一本残らないという恐ろしい集団です。
  今のようにCG画像の無い時代ではありますが、かなり迫力のある画像です。マラブンタの群れが黒々と襲ってくる光景がまるで絨毯(じゅうたん)のようであるということで、このような邦題がついたようです。
  この時代はほとんどの映画に「邦題」がついており、我々世代には横文字タイトルよりもしっくりくるようでもあります。
  今回見て笑ってしまったことは、今までこの映画がモノクロいわゆる白黒映画だとばかり思っていたことです。以前見た頃は、我が家のTVはカラー受像機ではなかったのです。
  今回見て、エレノア・パーカーの美しさに感嘆しましたし、アマゾンの風景の美しさにも心を打たれました。

  この映画のもう一つの主役、アリの姿を見ていて子供のころを思い出しました。この作品の古さも、子供時代を思い出す原因の一つかもしれません。それは、私の育った田舎に伝えられた伝説とも関係があります。

  わたしの田舎に次のような伝説が残されております。
 ・・・・・・千年以上の昔、この地方に三本足のカラスが現れては住民たちを悩ませておりました。(ちなみに、三本足のカラスとは中国の神話では太陽に棲むといわれ、高句麗国の道教や日本神道でも古来「三」は太陽を表す数と言われてきた)それをみかねた朝日某という武将が強弓で射落とそうとした。第一の矢を放ったが落とせず、第二の矢を放ってようやくその怪物を射落とすことが出来た・・・・・・。
  この弓を射た場所は現在一の矢神社、二の矢神社となって現存しています。その時カラスの腹から「玉」を取ったので、この地を「玉取」と呼ぶようになったということで、わたしの家族の住むつくば市玉取の地です。
  その「玉」を納めたところが「玉蔵院」と今も呼ばれる神社なのですが、この後も災いが絶えなかったのでこの「玉」を移し替えました。その地を「玉塚」と呼び、私の実家から200mほどのところにあります。
  ところが、この地は雨が降っても濡れることなく、この地を耕す人が代々白血病で亡くなるということが続いたので今では誰も耕さず、荒れ地になっております。
  この地の隣接地からは縄文土器やハニワなどが多く出土し、地元の小学校に収められております。

  私が小学校低学年のとき、この地を発掘調査していた「別当さん」という先生がおりました。好奇心の強い私はたびたび学校をさぼり、別当さんの調査を見学に行ったものです。
  その時の印象で一番覚えているのが、巨大なアリなのです。子供だったから巨大に見えたのか、それとも本当に巨大だったのか・・・・・・、今ではもうわかりません。ただ、自分の親指ほどの巨大なアリが沢山いたということだけは、鮮明に記憶に残っているのです。不思議なことですね。
  「別当先生」に何かの本をいただいた記憶もあるのですが、定かではありません。(実は、少し覚えているのですが、それを言うとウソのような話になってしまいます)

  一つの映画を見て、こんな子供時代を思い出すということも不思議なことではあります。
  今度田舎に帰ったら、一の矢神社から玉塚まで、写真を撮りながらずーと歩いてみようかと考えております。その時は勿論、ガイガーカウンターも持っていき、「玉塚」の放射能測定もしてみようと思います。
  土に触れた人が白血病になるというのは・・・・・・、もしかしたら!?。
  その写真などは、またブログで報告いたしますね。

  どうです! 地名をすべて網羅した、あまりにもよく出来た伝説ではありませんか?
でも、これは私の創作ではありません! いばらき新聞社発行の「筑波山」という、40年ほど前に出版された本にはもっと詳しく書かれております。この本は、今でも地元の本屋さんには置かれているので、興味のある方は取り寄せて読んでみてください。

  このように、その地方ごとの面白い伝説が数多く存在しているのが日本。そんな歴史の力を持つこの国は、絶対に立ち上がるはずです!

  そうそう、なでしこジャパンで沸き立っている日本サッカー協会のシンボルマークも、この三本足の烏、ヤタガラスでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

なでしこ!

  日の本は、岩戸神楽の昔より、女ならでは夜の明けぬ国。
  天の岩屋戸にお隠れになった天照大御神を、天宇受売命(アメノウズメノミコト)の神楽舞によって岩戸から出し夜が明けたという古事記から生まれた狂歌。
  まさに、この狂歌のごとく国難に沈むこの国を明るくさせてくれた女子サッカーの快挙でした。
  おめでとう! そしてありがとう!
  女子チームの快挙はもう一つ。ソフトボールのカナダカップで、日本チームがこれも同じくアメリカチームを破って優勝しました。
  素晴らしいですね! 日本女子チームの頑張りは・・・・・・!
  それにしても、日本チームは層が厚いというのか佐々木監督の采配が素晴らしく、打つ手打つ手が全て成功しましたね。澤選手を中心に、毎試合新しいヒロインが現れていつのまにかスター軍団になっていました。
  苦しいときほど、その苦境を救う者が現れる下地を作るべきである、という格言は全ての道について同じことが言えるのかもしれません。どこかの首相はその下地を全て潰し、自分の浅い考えから打つ手が全て裏目に出る、・・・・・・あぁ!

  ところで、PCでこのサッカーの記事を読んでいると、ジャイアンツの原監督が面白いことを言っていました。
  「まるで、異次元の力が後押ししているようだった」と・・・・・・。
  さすがは勝負師!
  原監督は気付いていたようですね。
  この試合ばかりでなく、日本女子サッカーチームには様々なところで、ある力が後押ししていたようです。試合のビデオをよくよく見直してみてください。特に顕著なのは、ドイツ戦で丸山選手がゴールを決めた場面です。右に出されたパスに丸山選手とドイツの選手が突進していきます。
  その時、弾むボールが不可思議な動きをします。左の方へはねていくボールが突然右にはね、丸山選手の足のほうがドイツ選手よりもボールに近くなったのです。
  これを単なるイレギュラーと思ってはいけません。
  ドイツの選手と丸山選手の間に不思議な影が見えるのです。その影の動きによってボールが右にはねているのです。
  ドイツ戦の丸山選手のゴールシーンはこれからも何度も放送されるでしょうから、興味のある方は精査してみてください。

  ともあれ、素晴らしい優勝でした!!!
  寝不足ですが、今日は爽やかな一日となりました。
  誠に、有難うございました! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

ミオン

  あまりの暑さに1時間半ほど寝ただけで目覚めてしまいました。この暑さはもう熱帯地方に住んでいるようですね。年老いて、眠る力が足りなくなってきたのか、あまり熟睡できないこの頃ではあります。眠るにも、食べるにも、それなりの力が必要なのは分かっていたのですが、その力の衰えを感じざるを得ない昨今です。これは、いっそのこと地球温暖化や異常気象のせいにしてしまおうと思っております。
  なにやら、房総半島では「磁気異常」が多発しているそうで、長年観察を続けてきた海洋学者の辻維周先生によると、2009年より日によっては南北が逆転するほどに狂いが極端になってきているのだそうです。
  なんとも恐ろしいことです! まさに局地的にはポールシフト、南北逆転が起こってしまっているのです!
  この地磁気異常と今回の大地震が関連しているのかどうかは今のところ分からないそうですが、気象庁観測所の源泰拓主任研究官は、「今後、詳細な解析が必要である」と警告を発しています。
  暗いニュースは世界規模になってきてしまいました。正に、日本は世界の縮図なのかもしれません。

  嫌な話題はこれぐらいにして、私の三番目の孫の話です。
  オーストラリア、アデレードに嫁いだ次女に初めての娘が先月無事生まれました。いかんせん遠い国なので、まだ初対面はお預けです。早く会ってだっこしたいものです。
  名前はミオンちゃん! イタリア系らしい? 名前で、写真で見たところ将来かなりの美人になりそうな予感がしております。(さっそくの爺馬鹿です)
  御音・見音・実音・観音・未音・魅音・美音・微音・深音・澪音・南音・幸音・御園・見園・実園・観園・未園・魅園・美園・微園・深園・澪園・南園・幸園・・・・・・。
  漢字で表したらどのようなイメージになるのか、色々書きだしております。これもまた楽しみなのです。

 私に限らず、全ての人々がこれからの人生を歩む幼い子供たちに「安全」という贈り物をしたいと考えているに違いありません。
  くだらない政争に明け暮れる政治家さんたちは本能だからしかたありません! もう、あてにはしないことにいたしましょう! 我々一般人が一人づつ力を合せて良き未来の為に少しでも貢献できるよう頑張っていきましょう!
  総選挙の投票率が30%を割ったら笑えるかもしれません・・・・・・。
  大丈夫!!! 我々人間はいざとなったらそれほど愚かではないと思います! 目の前のひとつひとつを前向きに積み上げていきましょう!
  本当に強いのは、家族を思う一般人のひとりひとりの力ですから・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

浦安

  今日は陰陽先生と浦安、舞浜のシェラトンホテルに行ってきました。毎年恒例のY社長の誕生パーティです。
  Y社長は震災の影響で沈んでいるからこそ、派手に行うのだと言って、自らコスプレして盛り上げるほどの入れ込みよう! 昨年と同じように、今年も千人近い人を招待しての大パーティです。
  出し物も歌あり、物まねあり、バンド演奏ありと盛り沢山であっという間に時間が過ぎて行きました。
  特に由紀さおりさんの歌には大感激でした!
  シェラトンホテルは広大な敷地に豪華に建てられた超高級ホテルで、迷子になりそうでしたよ。
  とまれ、ご招待いただき誠に有難うございました。楽しい一夜を過ごすことができました。
  ディズニーランドの光の美しさに見とれながら帰ってきました。

__001 __002 __003 __004 __005 __006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

七夕

  今日は七夕!
  毎年、七夕の夜は親友の池田兄と二人で食事会です。
  7月7日に食事会を持つ理由はとても不思議なことが数年前に起こったことからです。
  今思い出しても不思議でなりません!
  最近はそのような事象に疑いの起こることはまったく無いのですが、その時はあまりの偶然の連続に正直ビビリまくっておりました。もし、そのことを小説に書いたとしたらとても臭くて読む気も起きないだろうと思われるほどの出来事が起こったのです。
  個人情報に関わることなのでこれ以上のことは書けませんが、その時池田先生と私はその出来事が定められたことであると認識し、それ以来毎年二人で食事会を開きその時の想いを風化させないようにしてきました。
  それはまた二人の交友を深めることにもなってきたのです。
  事実、毎年毎年二人の交友は密度を増し、この人生でなくてはならないパートナーとなりました。今夜の食事会も、何のてらいもなくお互い言いたいことを言い合いながら実に楽しい時間を持つことができました。
  場所は「巣鴨」の上海料理店。
  このお年寄りの街が、それなりに二人に相応しい雰囲気なのもまた妙ではありました。
  とまれ、池田先生という方は素晴らしい人物です。
  世の中にこんな人が存在するということを知っただけでも、わが人生は恵まれていると感じさせてくれます。私の人生の嬉しいことはそのような素晴らしい人々と沢山親交を結ぶことができたということにつきます! 池田先生の優しい笑顔を見ながら一日修了の食事を摂ることができた幸せを噛みしめながら眠りにつくことにします。

  誠に、有難うございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

恐ろしい話

  様々な話が飛び交っております。
  もちろん、今回の大震災についての話です。
  あまりに恐ろしい話なので、自分から書くことができません。
  本人から直接聞き、ブログを教えていただいたので興味のある方はそちらを開いてみてください。
  その中で、ケムトレイル、福島原発はいかにして破壊されたか、そしてドイツ気象局の放射能分布図は必見です。

  アクセスは「大河原有重、春夏秋冬」です。

  後でまたこの記事について話し合いましょう・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »