« 会うは別れの始め-2 | トップページ | 風水都市ー東京 »

2011年6月 9日 (木)

国立演芸場

  今日はN氏とN氏の友人の三人で国立演芸場に行ってきました。
  ダーク広和師匠の舞台見物です。
  師匠のマジックの他、4席の落語を聞いてきました。
  久しぶりの寄席で、本当に素晴らしい時間を頂いてきました。ゆったりと流れるこの時間はたとえようもありません。本当に貴重な時間でした!
  会場の入りは7分ほどでしたが、好事家が多いのかポイントを突いた笑いが多いのですが、時たま間を外すお客さんがいて、それがまた楽しいのです。
  私の師匠、ダーク先生はそのようなお客の反応を即座に軽妙に高座のなかで取り入れ、出し物の味付けとしていました。流石は……です!
  たっぷり堪能し(本当は師匠の技をもう少し長い時間みたかったのですが……)、ダーク師と待ち合わせて水道橋でお茶をして帰ってきました。
  そのお茶の席で聞く、ダーク師からの裏話がこれまた高座を上回る面白さなのです。
  今日は寄席をハシゴしたようで、なんか大儲けの気分で帰ってきましたよ。
  もともと寄席大好き人間なのですが、またぞろ寄席通いが始まりそうな予感がします。
  なになに? 頻繁に寄席に行くのはヨセ! ですって!?
  はい、お後がよろしいようで……。

  今朝、品川和尚の日めくりカレンダーを開いて固まりました!
  カレンダーの和尚さんのお言葉は、「会者定離」でした。
  昨日、一昨日とこのブログに書いてきたことが、今朝の日めくりカレンダーにドン! と書かれております。
  ギョッ、ギョッです!
  和尚さんの日めくりカレンダーにおけるシンクロニシティは数え切れないほど起こりますが、今回もまた……。
恐・恐・恐・・・・・・です! (韻をふみました)

__001 __002 __003 __004 __005 _

|

« 会うは別れの始め-2 | トップページ | 風水都市ー東京 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/51901167

この記事へのトラックバック一覧です: 国立演芸場:

« 会うは別れの始め-2 | トップページ | 風水都市ー東京 »