« 京都情報の整理 | トップページ | 大地震の爪痕 »

2011年4月 9日 (土)

花一時

  T君から恐ろしい情報がもたらされた日、都内の桜は満開を迎えておりました。(http://atmc.jp/plant/rad/?n=1を参照
  T君の情報通り本当に再臨界が起きているのだとしたら……徳島に逃げたO君を笑えませんね。
  昨夜、田端の軍艦橋の上でオーロラのような光を見ました。
  本当のオーロラなのかどうかは本物を見たことが無いのでわかりませんが、映像などで見ているオーロラのように光の帯が美しく流れておりました。20分ほどで消えてしまい、あとはまたもとの暗い夜空になりました。(写した写真には無数のたまゆらが映り込んでおりました)
  もうこの日本はどうなってしまったのやら……。
  田端駅のホームで人身事故です。
  山手線が止まってしまいました。

  しかし、そこかしこに咲く桜花は見事です!
  あまりにも見事すぎる花の列です!
  「花一時(はないっとき)」は品川和尚の今日の日めくりカレンダーの言葉です。
  「今を精いっぱい生きる」という言葉が添えられておりました。
  その通りに、花々は精いっぱい咲き誇っております。

  今日は、畏友池田先生の鍼灸学校卒業と免許取得のお祝いの食事会。
  節電で、いつもの三分の一ほどの明りしか灯っていない銀座へ出ると、数寄屋橋交差点の桜も満開で多くの人々がカメラをかまえておりました。池田先生と会い、三年間の鍼灸学校修了と免許を取得した喜びを目の当りにした時、品川和尚の今日の言葉が思い出されてきました。
  そうです! 今日を精いっぱい生きることが大切なのです。
  あれこれ悲観的なことを考えすぎても事態は好転しません。
  一人ひとり、精いっぱい頑張るしかないのですね。
  指導者や東電の不手際をあげつらっても同じことです。
  この日本という国に生まれ育った「さだめ」なのですから……。

  明日からもまた同じように精いっぱい生きることにしましょう!
  桜花の下では「陽の氣」を出さなければなりません。
  今の日本人には非常に難しいことかもしれませんが、皆さん頑張って「陽の心」を持って桜花に対峙してください。
  桜に負けないように……!!!

__007 __008 __009 __001 __002 __003 __010 __004 __005 __001_3 __002_2 __003 __004 __005 __006 

|

« 京都情報の整理 | トップページ | 大地震の爪痕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも素敵な写真をありがとうございます。
田端に住んでいる頃から、橋を渡るときはいつも空を見上げながら歩くのが好きでした。
オーロラ、直接拝見したかったです☆

オーロラほど珍しくはありませんが、昨日、花巻空港から盛岡へ向かう途中、大きな虹を見ました。
今まで見たどんな虹よりも太くて鮮明でした。
停電中で信号機も点らず、雨雲がたちこめてどんよりした集落の中、不思議なほど綺麗でした。
ほんの5分ほどの出来事でしたが、ふっと心が前向きになりました。

先月の地震以降数日、何も出来ない自分の非力さに苛立ちを感じていましたが、稽古中の館長のお話しを聴いて、「今はとにかく働こう。そして募金しよう」と前向きな気持ちになり、心を落ち着かせる事ができました。
あの時のお話しには、大変救われました。
まことにありがとうございました。

そして、日めくりカレンダーの『花一時』という言葉、素敵ですね。
稽古に伺う度、日めくりカレンダーの言葉も楽しみにしているのですが、今日の言葉も本当に心に沁みました。
私も桜花に負けないよう「陽の心」を持って頑張ります!

いつも、まことにありがとうございます。

投稿: 真理 | 2011年4月 9日 (土) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/51338612

この記事へのトラックバック一覧です: 花一時:

« 京都情報の整理 | トップページ | 大地震の爪痕 »