« 氣の世界 | トップページ | 二週間振りの銀座 »

2011年3月24日 (木)

二つの世界

  お早うございます。
  朝の稽古の時間ですが、大地震以来どうしても心を落ちつけて修行に入れない日々が続いております。
  当然のことですが、震災・原発事故で災害を受けた方々、その原発事故現場で今なお命がけで活躍している人々に心がいってしまいます。
  祈る事も必ず力になっているはずである、という思いを持ちながらも祈る事と些少の義捐金を送ることしかできない自分に恥ずかしさのような感情が湧きでてきます。
  このようにパソコンに向い、感情のおもむくままにブログを綴っているのは、落ち着いてからもう一度読み直し、大災害の時自分がどのような感情を持っていたのかを思い出させる意味もあります。

  昨夜のブログでは二つの世界があることを匂わせ、又それには古神道でいう「音霊」が大きく関わってくるということなどを書き、今日にもそのことを書き記すつもりでしたが、いまの情勢ではブログで表すことは不適切であると考え、いつか落ち着いてから書き記したいと考えを変えました。
  ご容赦ください……。
  ただ一つだけ、音(音楽なども含めて)が大変重要であり、良い音を響かせることで大きな素晴らしい力が発現するということだけは覚えておいてください。
  モーツアルトでもよしバッハでもいいです。
  一番素晴らしい音は自然の音やシーター波を生みだす音です。
  古神道で使われる「岩笛」の音は最適と言われております。
  写真のように、「岩笛」の素材は様々です。(川の石と隕石です)
  もし時間があり川や海に行きましたら写真のように穴のある石を探してみてください。もし見つけることが出来たなら、その石はあなたにとって「約束された石」ということになります。
  見つけられた方は、その意味と使い方などをコメント欄で質問してください。

  最後の写真は、品川和尚の妙光印です。
  この印は今回も大きな力を与えてくれました。
  独断で大量に作り、全員に無料で配布しております。
  自分ばかりではなく、一回目は家族(ペットを含む)親族、二回目からは友人知人大切な人などの分も、祈りを奉げ和尚さんのパワーに感謝しながら配布しております。
  必要な方は無料で差し上げます。
  当館との接触を望まない方は、匿名でも結構ですのでご請求ください。

  原発の町、福島県大熊町出身のY君、あなたの分も念を入れて造りましたのでご安心ください。
  ご家族全員無事とのこと、本当に良かったです!
  Hさん、Kさん、そして来られない方の分も造りましたので……。

__002 __002_2 __004 __005  __2 __011

|

« 氣の世界 | トップページ | 二週間振りの銀座 »

古代の知識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/51202040

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの世界:

« 氣の世界 | トップページ | 二週間振りの銀座 »