« 年賀状 | トップページ | 最終稽古日 »

2010年12月24日 (金)

忘年会

  年の瀬もせまり、忘年会の季節です。
  電車などに乗ると、忘年会帰りの酔客でいっぱいですね。
  微笑ましい光景で、つい目尻が下がってしまいます。
  ご多分にもれず、我が樹徳館道場でも忘年会が始まりました。始まりましたというのは、今年は人数が多すぎて一度にはできなくなってしまったので、21日と25日の二回に分けて開催することになったからです。
  幹事のMさん、H君ご苦労様です!

  21日の会は二十数名の参加者で行われましたが、21日、25日の両方とも参加出来ない方がまだおられることに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
  でも、集まった皆さんの話題にこられない方々の名が出ていましたので、大丈夫、深い縁の絆は繋がっておりますよ。
  もし、25日の会に来られるようでしたら是非来てください。
  会は例によって「アミダ」くじで盛り上がりましたよ。なかなか良い品を集めることができませんでしたが、皆さんそれなりに喜んでくれたようで助かりました。
  宴半ばには、陰陽眞澄先生までもが駆けつけてくださったので、よりいっそう盛り上がりをみせることができました。
  陰陽先生は私が頼りにする占いの先生なのですが、その席で次に起こる地震の予想をされ、その場所、日時、大きさまで正確に予言されたのには、参加者一同おそらく驚愕しているのではないでしょうか。
  素晴らしい能力の先生です!
  会場となった「湯屋」のおかみさんの心のこもった、それこそまさに手作り料理の美味しさに皆大満足のパーティでした。
  誠に、ありがとうございました。
  25日もよろしくお願いいたします。
  (写真を撮りまくってくれたNさん、ご自分の写真が一枚も無くてごめんなさいね)

  次の日、22日は日本テレビ「火曜サプライズ」の番組主催の忘年会。
  ほとんどのメンバーが集まり、渋谷のお店を貸切りで開催されました。
  私のプレゼントした商品をめぐり、じゃんけん大会となりましたが、その時ちょっと感激するできごとがありました。
  品川和尚の「妙光錦」のパワーを込めたクリスタルを10ヶほど提供したのですが、そのクリスタルにウエンツ瑛士くんが食いついてきたのです。
  「それ、ほしい!」と言ってくれたので嬉しくて、じゃんけんをする前に彼にプレゼントしようとしたところ、公平に自分もじゃんけんに参加するというのです。
  優しい顔のウエンツ君はまた正義感あふれる若者でもありました。
  同じように、京さまこと京本政樹さんや山瀬まみさんもじゃんけんに参加するというのです。
  会場は大いに盛り上がりました!
  この一体感が「火曜サプライズ」の視聴率アップをもたらしているパワーなのですねぇ。
  結果は、残念ながらお三人とも敗退でした!!!
  その後、例によってミーハーの私は三人と写真を撮らせていただきました。
  実に楽しい忘年会となり、日テレや制作会社のお偉いさんも満足そうでしたね。
  (馬場アナウンサーとのツーショット写真では、私の顔の大きさが際立ってしまいましたね。ウワー! )

  袖触れ合うもなんとやら……、縁のある方々との交流がますます大きくなり、楽しい生活を送れておりますが、先日、ある師より(お名前は、仮にKK師としておきます)意味深なお言葉をいただきました。
  KK師は、私の心から尊敬する師で(もう齢80歳を超えられたご長老です)、私を叱ってくれる数少なくなった師の一人です。
  お住まいはなんと群馬県の前橋なのですが、上京するからホテルに会いに来い、という連絡をいただき参上しました。
  そこで、2時間ほどお話を聞かせていただき、なおかつ叱声を賜ってまいりました。
  その叱声とは、今年一年をよくよく振り返りなさい、ということです。
  特に、人間関係についてもっと考えなさいということでした。
  師のお言葉は、「お前さんの人間交流は、第三者の讒言により破たんするケースが多々起こるので注意しなさい」というものなのです。
  当たり前の言葉の中に、私にたいする暖かい思いが感じられて心から嬉しくなりました。幾つになっても、師とは有難いものです。
  しかし、その後に師は恐ろしいことを語りました。
  少し背筋が凍りつきそうになりました。
  それは、私の交友を讒言などで妨げる輩にたいしては、今後、師が「あること」を行うというのです。
  師の力量は先刻承知の私は、その「あること」を聞いて驚いたのです。
  そこで、皆さんにお願いがあります。
  私はまだまだ欠点の多い人間なので、どうぞおおいに悪口を言って下さい。
  もちろん、面と向かってでも結構です。
  でも、「仲裂き」だけは決してしないでください。
  その人に、師の力が向かいます。
  私のために、師にそのような力を使ってもらいたくないのです。
  それよりも、皆で楽しく過そうではありませんか。
  お互い、悪口を言い合いながら……。

  さっそくお小言を頂戴しました。
  私のブログの文章についてです。
  もっと文章作法を守って書きなさい、ということなのです。
  そういえば、小説などを書くときのように文章作法を守らないでかってに書いてきていました。
  三点リーダーとか「」文の書き方など、何も思わず書いてきましたので、これからは注意して書くようにいたします。
  誠に、有難うございました。
 

__004 __005 __006 __007 __009 __010 __001 __002 __003

|

« 年賀状 | トップページ | 最終稽古日 »

交友」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/50382575

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会:

« 年賀状 | トップページ | 最終稽古日 »