« スリランカ再訪2 | トップページ | 秋彼岸 »

2010年9月19日 (日)

スリランカ再訪3

 今回スリランカで宿泊したホテルは、コロンボ市内でも最上級のシナモンホテルでした。
このホテルはセキュリティがしっかりしているとともに、大統領官邸の隣であり、ヘリポートもあるということで決定されたようです。
宿泊客はほとんど外国人で、特にドイツ、ロシア、中国の方々のようでした。
人見知りしない私がロビーにいる外国人の方々にドンドン話しかけていって分かったことです。
ロシア人が多いというのはいささか意外でしたが、中国人が多いのはやはりと思いましたよ。
というのも、成田空港から乗ったとき、ビジネスシートの客はほとんどが中国人だったからです。
中国人の海外進出・・・恐るべきものがあります。

__012 __013 __014

さて、子供たちです!
今回は、三か所の施設を訪問しました。
どこも僧侶の方が経営している施設で、子供たちのほとんどは、親の無い子であったり、知恵遅れであったりと、何かしらのハンディを持っています。
しかし、その瞳は決して虚ろではありません。拗ねてもおりません。
一生懸命頑張っております!
前回訪れた時、私がニックネームをつけて呼んでいた子供たちの何人かがおりません。
卒業する年齢ではないので、いぶかしく思い尋ねるとそれなりの家庭にひきとられていったとのことです。
会えなくて寂しい気持ちはしましたが、幸せに過ごしてくれることを心から祈っております。
施設の入り口では、小さな子どもたちが花のレイを持って出迎えてくれました。
何人か私を覚えている子たちがいて、今回はすぐに打ち解け、例によって子供たちと大騒ぎしましたよ。
同行した他の日本人スタッフや政府関係者が驚いていましたが、子供たちと遊び始めるともう止まりません。
英語とシンハラ語と日本語で1,2,3・・・と数えながら、イエーィ!!!と雄たけびを上げて大騒ぎしましたよ。
道路の両側に整列し、日本国旗とスリランカ国旗を持って歓迎してくれた子供たちも集まってきて、イヤァ楽しいこと、楽しいこと!
歓迎の列には、中学、高校の女生徒たちのマーチングバンドの皆さんもおり、儀仗隊とともに素晴らしい行進を披露してくれたのですが、面白いことに小学生ほどは私に絡んできません。
やはり、お年頃なのですねぇ!
シャイなスリランカ人の一端を見せていただきました。
でも高校生などは大変美しく、日本に連れてきてタレントにでもしたいほどでしたよ。

__035 __041 __044 __048 __054 __058 __059 __060 __061 __062 __063 __064 __065 __066 __087 __089 __090 __091 __092 __096 __104 __105 __106 __108 __111 __112 __097 __162 __167 __168

|

« スリランカ再訪2 | トップページ | 秋彼岸 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/49495404

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ再訪3:

« スリランカ再訪2 | トップページ | 秋彼岸 »