« 行ってきます! | トップページ | スリランカ報告1 »

2010年5月27日 (木)

帰ってきました!!!

 8日間のスリランカ遠征から今日帰ってきました。
とにかく、言葉にできないほどの感激を味わってきました。(と言いながら、言葉に出しますけどね・・・へへへ)
これから、皆さんへの報告を始めます。
ブログで発表出来ないことも沢山あり、その部分は教室で皆さんに報告します。
写真も千枚ほど(大げさではなく)写してきましたので、編集し提示します。
おそらくブログに掲載できるのはほんの一部だと思いますので、皆さん道場でごらんください。
今はまだ、頭の整理がついておりませんので、詳しくのべることが出来ませんが、二つだけ簡単な概要を述べておきます。

 一つは、生まれて初めて国賓待遇の接待を受けた感激が忘れられません。
とにかく、税関がないのです。
空港に着くやいなや、大変綺麗な女性の出迎えを受け、空港総裁のVIP専用特別室に案内されました。
そこでスリランカ名物?の紅茶を頂いているうちに、私どもの荷物は厳めしい制服姿の軍人さん方が運んできてくれました。
そこから、我々3人だけで乗るには大きすぎるリムジン仕様の車で退出です。
次の日などは、パトカー先導で一般道を100キロものスピードで疾走しながら世界遺産の数々を見学させていただきました。
もちろん、その間、おまわりさん達はずーっと待機です。
世界遺産には、日本の国旗と仏教旗がそれこそ数限りなく吊るされています。
これも私たちの歓迎のためと聞かされ、ホント感激です。
世界遺産になっている寺院のトップの大僧正が我々三人に華の首飾りをひとりひとりかけてくれました。
それからそれから・・・
別の世界遺産寺院では、大勢の子供達が手に手に日本国旗とスリランカ国旗を持って、列をつくって歓迎です。
またまた別の特別寺院では音楽隊まで繰出し、代表の私がザルのような器に沢山の花びらを持って「お釈迦様の聖骨」参拝をしたのですが、テレビ局まで来て夜のニュースにするという大騒動に、さすがの私も少し高揚してしまい、何が何だかわからなくなってしまいましたよ。
国務を仕切っている大統領の長男で、将来は必ず国を背負って立つ人物であると衆目が認める大物国会議員の方とも謁見しました。さすがにスゴイ迫力と存在感を持った人物です。アメリカに留学し、弁護士資格も持つこの方の執務室には各国の要人との写真がそれこそ溢れんばかりです。クリントン大統領やそのほか、私でも知っている世界の要人との写真の数々。・・・残念ながら日本の要人とのツーショットはなかったですけどね。(大統領は海外に行かれ、今回お会いすることはできませんでしたが、大臣の方々、前大統領、各国会議員の方々にしっかりご命令があったようで、これほどの大歓迎になったようです)

 もう一つ、スリランカ人なら知らない人はいないそうですが、スゴイ上位に位置する上人様がイギリス行きの予定を延期して待っていてくれました。
拙い私の英語力(もっと英語力は高めなければなりません)で、なんと3時間以上も相対でお話することができました。
あとで聞いたところ、これほど長く一人の訪問者とお話することは考えられないということでした。
有難いことです!
おまけに、本やDVDなどをそれこそドッサリいただきました。
まるで、いつもドッサリプレゼントしてくださる、私の師「品川和尚」のようです。
この上人のことは、これからかなりの枚数を使って詳しくリポートするつもりですので、ご期待ください。
一つだけ、ほとんど英国王室御用達のような上人様に、ぶしつけながら日本に来てくれませんか、と私が依頼すると拍子抜けするほど簡単にOKしてくれました。
「あなたが呼んでくれるのならどこにでも行きますよ」という法外なご返事に舞い上がってしまいましたよ。
これも、普通ならありえない!ほどの御反応ということです。
いったい、私をスリランカに呼んでくれたS師は、どれほどわたしを買いかぶっているのか・・・。
どんなふうにわたしを紹介してくれたのか・・・。
ちょっと、空恐ろしいような気もします!

 ともあれ、これからスリランカリポートの始まり始まり・・・です。
写真も沢山掲載していくつもりです。
驚くべき報告にご期待ください!

|

« 行ってきます! | トップページ | スリランカ報告1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/48471965

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきました!!!:

« 行ってきます! | トップページ | スリランカ報告1 »