« 沖縄へ | トップページ | 築地の夜 »

2010年4月29日 (木)

シンクロニシティー3

 ひどい雨降りの一日でした。
なんでも、四月としては観測史上最大の雨量だったとか・・・。
人間世界の狂いが気候にも如実に反映しています。
何かの原因があって人も気候も狂い始めたのだと思われますが、その原因が人類にあるのだとしたら、我々は大いなる地球生命からの逆襲を覚悟しなければなりません。
数少ない本物の「預言者」の言葉によれば(あまりにもニセ預言者が多すぎて、どのようにしたら本物とニセ者とを見分けることが出来るのか、大変難しい状況ではありますが・・・)すでに、その逆襲は始まっているということなのです。
あまり信じたくはない話なので、私はそのような話はほとんど無視するか聞き流してきました。
ところが最近、そのような預言者といわれる人から「ある病」が蔓延することで、逆襲が始まるという話を聞きました。
その時もやはり無視して聞き流していたのですが、驚いたことに、ある医者から預言者の言われた病の状況に酷似した皮膚病が、密かに蔓延しているという話を聞きました。
病気と聞いてはじっとしてはおられません。
昨日から、当館の生徒さんたちに「命令」を下しました。
「命令」です!!
今まで、「命令」などという上から目線の物言いは極力避けてきたのですが、今回ばかりはしかたがありません。
生徒さん全員にある「グッズ」の保持を求めました。
この「グッズ」は、当館において無料で手に入れることが出来るものですので、どうか皆さん保持しておいてください。
このブログをご覧になられた方々にも無料で(原材料費は自分持ちです)作って差し上げますのでご連絡ください。
近い将来、パニックに陥ることがありませんように・・・。

  さて、長くなりました。
今回はシンクロニシティー3ということでしたが、前回に予告した項目のうち、私のトンデモ説とシンクロニシティを意図的に起こす秘技については次回に譲ることにして、今回は考古学者でありながら、自らも重大な「偶然の一致」現象を経験し、シンクロニシティの研究に埋没した「フランク・ジョセフ」の成果について述べてみます。

  ジョセフは、800人以上にインタビューを行うと同時に、多くの文献から豊富な実例を収集した結果、「共時性」を17に分類しました。

1)物品ー人工・自然に関わらず、物体に関連して起こる現象(宝石や車、人形など)
2)数字ー特定の数字の組み合わせや同じ数字が繰り返し目の前に現れる現象(競馬やルーレットなどのギャンブルで知らず知らず活用している方も多い)
3)環境および動物に関するオスタンテ(将来起こることの性質を表す前兆)
オスタンテは動物に限ってではなく、物質現象以外で人間と関係しあう天文学的・地質学的・生物学的環境や状況に対しても使われる。繰り返し現れる特定の動物とか、星座の位置、天候、地震などが例としてあげられる。占いを専業とする方々の中でオスタンテを重要視する方も多い。
4)予兆ー「虫の知らせ」など
5)夢ー予知夢、あるいは他人とまったく同じ夢を見る現象
6)導きー何かに迷っているときなど、一気に決心がつくような出来事が起こる。
7)テレパシーー言葉やジェスチャーなど、見たり聞いたりできる以外の方法を使ったコミュニケーションを意味する。
8)パラレル・ライフー二人以上の人間がそれぞれの人生において何回かにわたる関わりを持つこと。
旅行の先々で同じ人と会ったり、まったく同じ状況の下でまったく同じ人物と顔を合わせる、といった現象が例として挙げられる。
9)ルーツーシンクロニシティは時として、ある人間のルーツを明らかにするような作用をもたらすことがある。まったくの偶然で産みの親と出会ったり、職場で仲のよかった同僚同士が兄弟だった、などという実例がある。
10)芸術ー以外にも、文学・絵画・音楽といった芸術が重要な要素になって起きるシンクロニシティの例は多い。
11)警告ーある人が危険な状態にあるとき、また危険に巻き込まれそうになるときに起きるシンクロニシティは、それを回避するように働くことがある。
12)死ー何年も会っていなかった人から突然電話がかかり、食事の約束をして電話を切ったが、約束の日までにその人が亡くなっていた、などという現象が報告されている。
13)救済ー困り果てたとき、突如として差し伸べられる救いの手。思ってもいなかった税金の還付金が、支払うべき借金と同額だった話などがある。
14)生まれ変わりーいわゆる輪廻転生の概念である。
肉体は物質世界にいる間の仮の姿にすぎず、魂は何回も違った外見で物質世界に現れるという思想。
15)モイラ(天職)ー人はそれぞれ本当に自分に合った仕事をしているかどうかはわからない。
偶然の出来事を通じて自分の天職を知る人々もいる。
16)謎ーシンクロニシティの持つ一要素としての謎全般を示すと考えてください。
17)人生を変えるような出来事ー人生の節目となることなど、後になって大きな意味を持つ出来事。

以上、フランク・ジョセフ解説書からの引き写しが多い文章です。
この分類には、私自身いくつかの納得できない項目もあり、それはそれでまた討論の題材にもなりますので、後日、再度立ち上げてみたいと考えております。

 長々とお付き合い、有り難うございました。

|

« 沖縄へ | トップページ | 築地の夜 »

浅学書き散らし」カテゴリの記事

コメント

いつもワクワクした気持ちで拝見しています。
実はわたしも2年ほど前に京都の品川和尚のところへ一度だけいったことがあります。父親の病の相談でいき、それ以来CDもたくさん聞かせてもらっております。妙光錦も同時に譲っていただき、ありがたく活用しています。
貴ブログへは、品川和尚のキーワード検索でたどり着き、拝見させていただいております。

 さて、皮膚病について大変気になりました。わたしにも家族があり、もしものことを考えると、ぜひ、何か?を所持して防御できたらと考えております。どうかお力をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

投稿: やす | 2010年5月 1日 (土) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/48210286

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロニシティー3:

« 沖縄へ | トップページ | 築地の夜 »