« 忙殺!一週間 | トップページ | 本山参り »

2010年2月22日 (月)

氷点下15度の世界

 冬の北海道、旭川市に行ってきました。
旭川市に行き始めてから、もう五年目となりました。
色々な出来事があり、今では私の人生でも忘れられない土地となりましたよ。
今回も例によってNさんご夫妻に本当にお世話になりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
誠に、有難うございました。
そして、M氏、Y君、O嬢、Tさん、・・・、皆さん有難うございました。

 旭川に着いた日に、初めて猛吹雪を経験しましたよ。
本当に、凄いの一言に尽きますね。
わずか5m先も見えなくなってしまうのですね。
いやはや、凄まじいものです。驚きました!
旭川は、いつものことながら食べ物が旨い!
今回、特に感激したのは、タラの白子テンプラですねぇ。
口の中で、甘~く溶ける感触はたまりませんでしたよ。
そして、何時も必ず訪れる「大黒屋」のジンギスカンで食べる「タマネギ」の甘さ!!
なぜあんなに甘いのか・・・、内地の「タマネギ」とまったく違う野菜のような気がしてなりません。
そのほか、「ツブ」と呼ばれる巻貝やイカの生焼き等々・・・。
同じ食材なのに、何故か味が違います!
そして、市場で買った「毛蟹」もスゴイの一言!
大きくて、そして安い!

 ともあれ、北の大地は嬉しいことばかり!
私の運勢まで好転するのですから驚きです。
というのも、旭川空港に着いて携帯の電源を入れると、いきなりK氏から連絡が入り、交渉中の仕事がまとまったと言うのです。
ホント、着いていきなりだったのです。
これには驚きましたねぇ。喜びましたねぇ。
今回は別の仕事があり一便早く帰ってきたのですが、この方の仕事もスムーズに経緯し、本当に北海道さまさま、です。
誠に有難うございました。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

 ところで、最近わが樹徳館道場に、不思議な会員が多く入門するようになりました。
不思議な会員というのは変な言い方ですが、要するに「特殊能力」を持った人々という意味です。
1月末のころに、会員のOさんから「節分を過ぎた頃から、館長にとってとても嬉しいスゴイ能力を持った方が入門しますよ」と、予言されていたのです。
(私に言わせれば、このOさんもかなりの「能力者」で、私が最近になってようやく見えるようになった能力もなんなく身に付けており、スゴイのです。)

 この2週間の間に、Oさんが予言している人物ではないかと思われる「能力者」が、なんと4人も現われたのです。
全員、当道場に入会され、これから共に稽古を積んでいくのですが、その能力の凄さにはただただ唖然とするばかりなのです。
その4人の能力は、まるで漫画の世界のようです!
一人一人、私が会ってみて本物かどうか実験してみました。
驚くことに、全員が本物でした!
・・・ありえない能力~!
例の「大槻教授」が居たら卒倒してしまうかもしれません。
しかし、この方達は自分の能力に真剣に悩んでいました。
何故・・・どうして自分にこのような能力が授けられたのか・・・。
この能力をどう生かしていったら良いのか・・・。

 この方達の真剣な悩みに、私も真剣にならざるをえません。
私の全知識、全能力を使って対応していく覚悟を決めました。
そして、品川和尚、陰陽先生、蘇先生や家元の皆さんの叡智を譲り受けながらより良き方向に共に歩んで行きたいものです。
必ずや、この方達の能力が多くの人々を救う光となることができるようにしたいものです。
いや、絶対にそうしなければならないと思っております。

また一つ、私の生きる使命を見つけたようです。

 


|

« 忙殺!一週間 | トップページ | 本山参り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/47638385

この記事へのトラックバック一覧です: 氷点下15度の世界:

« 忙殺!一週間 | トップページ | 本山参り »