« 氷点下15度の世界 | トップページ | サプライズ »

2010年2月27日 (土)

本山参り

 私の檀那寺で神奈川県藤沢市にある、時宗総本山「遊行寺」に団体参拝に行ってきました。
今回の団体参拝は約17年振りの回向参りであり、総勢40人ほどの人数で法要してまいりました。
私も「世話人」の一人なので、無事お勤めすることができほっとしています。
「遊行寺」とは、正式名は「藤沢山無量光院清浄光寺」といい、法主(ほっす)が「遊行上人」ともいわれているので、遊行上人のおいでになる寺ということで、「遊行寺」と呼ばれるようになったものだそうです。
時宗は、一遍上人が開かれた宗派で、「往生は、ただ南無阿弥陀仏によってなされる」と悟りを開かれ、南無阿弥陀仏を唱え、誰彼の区別なく、御札を渡すことが「仏門の道」と知ったということです。
私も、お上人さま、手ずからお札をいただいてきました。
現お上人様は、御年91歳!
しかしながら、声も大きく、とてもとてもそのようなお歳にはみえません。
背筋もすっきりとし、法要の時の立ち居振る舞いもまるで若者のようにキビキビとしています。
まったく、驚きの一言につきます。
今回は、有難いことに遊行寺の全ての場所に立ち入ることを許され、写真撮影も全て許可されました。
遠慮なく、隅々まで見学し、あらゆるところデジカメで撮影してまいりましたが、さすがにブログには選別して掲載することにいたします。

 遊行寺の回向法要を終えた後、古都鎌倉の名所の数々を見学してきました。
鎌倉は、割と近くにある場所にもかかわらず、考えてみればなんと小学校の旅行以来の訪問なのですね。
そのせいか、鎌倉大仏様の大きさが予想と違っていましたよ。
子供の時は、とてつもなく巨大な存在と感じていたのですが・・・。
しかしながら、やはり鎌倉の大仏様は美男ですなぁ!

 鎌倉八幡宮や建長寺などにも足を伸ばしましたが、驚くのは建造物の凄まじさです。
よくぞかくも・・・と思われる木造建築の素晴らしさに圧倒されました。
ほんと、日本人の技術は昔からスゴイですね。

 曇り空で、今にも雨が落ちてきそうな不安定な天候でしたが、幸い雨も降らず楽しい一日となりました。
由比ガ浜から吹きくる風も暖かく感じ、そこかしこで花々が咲き乱れ、驚いたことに早くも桜の花が数輪ほころんでおりました。
素晴らしい古都の一日・・・、誠に有難うございました。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19 Photo_20 Photo_21 Photo_22 Photo_23 Photo_24 Photo_25 Photo_26 Photo_27

|

« 氷点下15度の世界 | トップページ | サプライズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

写真の終わりの方にすごい木が載っているのに目が行きました♪ 
なんでそんな方向に伸びているのだろう?
よく支えられているなと思いました♪
それこそが自然の流れに沿って伸びているのだろうと思いつつ、太い木ほど、関心するばかりです♪

木って見ていて本当に飽きません♪

投稿: 橋本 | 2010年2月27日 (土) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/47672260

この記事へのトラックバック一覧です: 本山参り:

« 氷点下15度の世界 | トップページ | サプライズ »