« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 不思議現象 »

2010年1月 8日 (金)

自然気功

 さて、前回のこの欄で、今年の気功教室の命題は植物と仲良くする氣功法であると述べました。
今日は、そのことについて表題だけですが述べておきましょう。

 まず、植物と気功法と聞いて真っ先に思い浮かべるのは「樹林気功」のことではないかと思います。
この「樹林気功」については、わたしが師より伝授された特別の方法があります。
まず最初にこの特別な「樹林気功」を学んでいきましょう。
樹木には補法の木と寫法の木とがあることを知ってください。
その木々の具体名は教室で資料をさしあげますが、大切なことは補法の木に陰のパワーを持つ木と陽のパワーを持つ木とがあることを知ることです。
ですから、木々の性質を気功的に考えたとき、三種類の知識が必要とされます。
これも、日本に存在する木々の種類が沢山ありますので、資料として配布することにいたしましょう。

 もう一つ、樹林気功を行うとき特に大切なことは「呼吸法」であると教えられてきました。
具体的にいいますと、「人在氣中・氣在人中の呼吸法」と「無穴笛呼吸法」そして「無為呼吸法」の使い分けです。
この呼吸法は気功錬功において特に大切なことなので、ある程度気功法の技量があがった生徒さんにはどの気功道場でも教えていることです。
この呼吸法を使った樹林気功をおこなうときに大切なことは、人の身体の理解といわれております。
人間の身体には幾つもの「不思議」が存在します。
その不思議を理解していくことが大切なのです。
その人体の不思議を理解するいわば窓口ともなるのが、漢方でいう「ツボ」であると言われてきました。
気功法における重要なツボとは・・・。
どうです!
なかなか思わせぶりな「振り」ではありませんか?(笑い)
これも資料を差し上げますので、楽しんでくださいね。

 もうひとつ、今年目指すべき気功法は「自然気功法」です。
私の教室のタイトルになっています「TAO自然流気功法」の「自然」なのですが、これがなかなか多岐にわたり、種類も多く、面白い世界なのです。
項目は全部で24科目になります。
全部を列挙することはできませんので、一部だけ紹介します。
・山の気功法ー土と岩、・川の気功法ー流れと瀧、 ・森と気功法 ・海と気功法ー海と池、 ・季節と気功法、 ・方位と気功法 ・神の場所の気功法ー精、氣、神、 ・風水学と気功法 ・・・等々

 植物・自然と対峙した気功法をおこなうことで、より健康になり、より良い運勢を引き寄せることを目指しましょう。
面白い錬功になるよう頑張りましょう。そして沢山楽しみましょう。  

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 不思議現象 »

氣功の稽古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/47233709

この記事へのトラックバック一覧です: 自然気功:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 不思議現象 »