« 清らかな・・・ | トップページ | 雨夜の東京 »

2009年11月 1日 (日)

導引法と音楽

 最近、品川和尚のディメンション・オペの魅力にすっかり嵌まってしまい、施療においてもD・Oを多用するようになっておりました。
それほどディメンション・オペの効用はすごいのですが、時には「気功法」についても書かないといけませんね。

 今月から気功教室では、「導引法」講座についてある変化をつけております。
今までの教室では、「氣」の働きを重視し、病対策、衰運改善などのため「氣の確認」を最重要点として学んできました。
その効果を高めるため、スワイショウや立禅、そして「陽の氣」向上の導引法などを主な項目として勉強してきたのです。
この「陽の氣」主体の導引法から、「陰の氣」主体の導引法に替えてみたのです。

 面白いことが判ってきました。
「陰の氣」の導引法が、品川和尚に教えていただいた氣の流れに大変フィットするような感覚があるのです。
生徒の皆さんはまだ感じてはいないようですが、(一部の方は感じておられるようですが・・・)導引法の2番を初めて教室で披露したとき、素晴らしい氣の感覚を感じました。
今までは「陰の導引法」は6番目だけしか稽古に取り入れてこなかったのですが、9月の「山稽古」のとき、たまたま持ち込んだ資料の中に「2番目、4番目」の陰の導引法の資料が含まれておりました。
懐かしさもあり、久しぶりに陰の導引法の稽古をしてみました。
これが「嵌まった」のですね。
面白いことに、この稽古をしながら思い出したことがあるのです。
私の若かりし頃・・・’60年代に嵌まっていたカンツォーネです。
愛の歌でありながら、何故か哀愁を帯びた旋律は若い私達を虜にしたものです。
親友と二人、吉祥寺のオデオン座にイタリア映画を観に行き、帰り道に口ずさんだ曲のいくつかが、頭の中で甦ってきたのです。

 この状況が何なのかは分かりません。
しかし、楽しい感覚であることは間違いありません。
生徒の皆さんに面白い反応が起きているのも、楽しいことです。
しばらくは「陰の導引法」2番、4番を重点的に行ってみようと思っています。

 秋葉原まで行き、カンツォーネのCDを数枚買ってきました。
有難いことに、私達が熱狂した’60年代の歌手の曲が全部ありました。
今夜も、その曲を聴きながら楽しんで稽古しております。
音楽は本当に素晴らしいですね。
再来週には武道館に「アリス」のコンサートを聴きにいってきます。
アリスのメンバー、矢沢透さんからチケット確保の連絡をいただきましたので・・・。
その後は当然、六本木の「阿雅左」で一杯ですね。

|

« 清らかな・・・ | トップページ | 雨夜の東京 »

氣功世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/46638353

この記事へのトラックバック一覧です: 導引法と音楽:

« 清らかな・・・ | トップページ | 雨夜の東京 »