« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月27日 (木)

南十字星の下へ・・・

 春まだ浅いオーストラリアのアデレードに行ってきました。
私の次女がイタリア系オーストラリア人と結婚することになり、その式のために行ったのです。
旧盆を過ぎてすぐオーストラリアに行き、昨日東京に戻ってきましたので、なんか久しぶりの東京という感じがします。
オーストラリア・アデレードは聞きしに勝る素晴らしいところで、なんか老後はここで生活してみたいと思わせる場所でしたよ。
街並みは驚くほど美しく、道路にゴミ一つ落ちていません。
裏通りでさえ清潔感に溢れた街で、古いゴチック建築と新しい建物とがほどよく混在し、すっかりとりこになってしまいましたよ。
私はといえば、今回は結婚式に出席するための紋付袴姿、ときには裃(カミシモ)を着て街中を歩いてみましたよ。
まあ、東京の街中でも裃を着けて歩いている人は皆無だと思いますので、大変な好奇の視線に囲まれて、あちこちでいっしょに写真におさまってまいりましたよ。
特に、アデレードの高校では二ヶ国語学習が義務ずけられているそうで、日本語を学んでいる学生さんたちに囲まれ、日本語と英語のおかしな会話で時間の経つのも忘れ楽しんでしまいました。
街中にとてつもなく大きな公園があり、その芝生の上で気功・太極拳や能仕舞の実演をやらされ、いやはや、大道芸人のようでしたよ。

 婿殿の自宅では、連日バーヴェキューやイタリアン料理のご馳走尽くし。
街中のレストランでもそうなのですが、あちらの方々は食べる量がハンパではありません。
小食の日本人にはとてもとても太刀打ちできません。
食べ疲れて庭にあるユーカリの大木の上を見ると、なんとそこに野生のコアラがいるのです。
まあ、なんと可愛いことか、、、。
カメラを向けようとすると、野性動物をフラッシュ撮影するのは止めてくれということで、残念ながら写せませんでしたが、誰か高感度のカメラを持っている方が写していたら後でいただこうと思っております。

 結婚式は、やはり教会で行われたのですが、二百人ほどの方々に参加していただき、盛大に行うことができましたよ。
ほとんどがイタリア系の参列者なので、その雰囲気はまるで映画「ゴットファーザー」のパーティそのもの・・・。
どこからか、あのテーマ曲が流れてくるような気がしましたよ。
向こうの風習は当然のごとく、ハグ&キス!
身体の大きな男性とハグしても腕がとても回りません。
教会の広場一杯に参加者が散在しておりますので、私は当然ながら若い女性のほうにばかり挨拶にまわりましたよ。
特に、金髪の女性には全員挨拶して回りましたよ。

 披露宴は日本式とほぼ同じ形式で、最初に両家の両親が入り口で来客者をお迎えしますが、ここでもハグ&キスの連発!
ここでは全員とハグ&キスをすることになってしまいました・・・。
日本人の参加者は私の家族・親戚と娘の友人たちだけということで、少なかったので裃姿の私はあちらこちらから引っ張りだこ。
エエイ!ままよ!と仕舞「俊成忠度」を舞ってしまいました。
ものめずらしさに、大好評であったとは私だけの感想です。
参列者の誰かがビデオ撮影しており、次の日に「ユーチューブ」に掲載したそうなので、お暇な方はみてください。「STEVEN&AKI'S  WEDDING PARTY]又は、YOUTUBEを開き、[jp.youtube.com]からJapaneseWeddingDanceを開けば見れるかもしれません。

 この旅行の感想は、昨日戻ったばかりなので、まだまとまっておりません。
もう少し時間をかけてから再度報告したいと思っております。
アボリジニーのこと、南十字星と自然のこと、動植物のこと、そしてなによりもかの地の人々のことなど語りたいことが山ほどです。
ただ、現地でカレッジの講師をしている方に聞いて、驚くと共に残念に思ったことがあります。
それは、現地を訪れる外国人観光客に対する評価についてなのです。
良い評価を受ける外国人のトップは、韓国人旅行者で、二番目はイタリア人、三番目は日本人の中年者ということなのです。
なぜ中年者となっているのかといえば、悪い評価の一番目に若い日本人女性がくるというのです。
悪い評価の二番目が中国人で、悪い評価を国ごとに評価するのはここまでだというのです。
一昔前には、嫁にしたい国の女性ナンバーワンはどこの国でも「日本女性」と云われたものですが、どうしたことでしょう・・・。

 ともあれ、実に思い出に残る旅でした。
現地の方々の、本当に暖かい気持ちが娘を異国に嫁がせるという感傷を吹き飛ばしてくれましたよ。
これからも、何度も訪れたいと思わせる大地でした。

Image Image2 Image6_2  Image4 Image5 Image6 Image7 Image8 Image9 Image10 Image11 Image12 Image13_2  Image14 Image15 Image16 Image17 Image18 Image19 Image20 Image21 Image22 Image23 Image24 Image25 Image26 Image27 Image28 Image29 Image30 Image31 Image32 Image33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

大忙し

 今日は、日本テレビ「サプライズ」の担当の日。
台風と地震、そしてきょうは「サプライズ」二本撮りということで、日テレの皆さん、大忙しの一日でした。
そこへ、つくば市から友人の G 社長が高校生と中学生の女の子を連れて見学に来てくれたので、私までおおわらわという嬉しい一日となりましたよ。
女の子達は、「嵐」というジャニーズのグループのファンだということで、夜の番組に出ている桜井翔くんに会えたらという希望があったのですが、なんと今日は「嵐」の全メンバーが日テレに収録に来ており、全員と会うことが出来ました。
子供達のキラキラした表情を見ていて、本当にこの偶然に感謝しましたよ。
そればかりか、思いもかけず「ガレッジセール」のゴリさんと川田さんも来ていて、ヤア久しぶり!ということになり、控え室まで押しかけて女の子達と写真を写したり、握手をしたりしていただきました。
本当にあの2人は、素晴らしいコンビですねぇ。
夏休みということで、日テレ広場では沢山のイベントが行われており、二人とも満足してくれたことがとても有難かったですよ。

 夜は気功教室の日、またまた新しい仲間を迎えて大賑わい。
火曜、水曜、土曜の教室はもう満杯近くなり、家元の言われるように新しい教室の時間を持たねば・・・という状況でこれまた嬉しい悲鳴をあげております。
教室のスペースが狭いので、15名がやっとなのですが、全員来られたらそれ以上になってしまいます。有難いことです。
でも大丈夫!来月からは新小岩教室が始まりますし、自由が丘や中野教室もあります。
月曜、木曜、金曜に教室を設けることも検討中です。
既に、家元の許可もいただいているので、ご安心を・・・!。

 明日からは、旧お盆のため私だけ夏休みです。
そして、お盆明けからオーストラリアはアデレードに8日間ほど行ってきます。
アボリジニの聖者にお会いして、何かを得てきます。
ご期待ください。
オーストラリア行きやスリランカ行き等、これから何かと海外出張が多くなりそうですが、チャンス到来とばかり張り切って行ってきます。
おみやげ話をお楽しみに・・・!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

品川和尚とディメンション・オペ

 来迎寺で、品川和尚の直接指導のもと、耳に異変を持つ方の施療をしていた時、初めてその「感触」を得、思わず驚きの声を上げてしまったということは、以前このブログに書いた通りです。
ディメンション・オペ・・・。
凡人の私がここにたどり着くまでには、三人ビゲンの師匠と三人藤の指導者、そして多くの仲間が必要だったということに気付きました。
今回の京都行で、品川和尚が何度も言われたことがあります。
「私のディメンション・オペにしても、そんな旨い話があるわけがない、と言う人が大勢いるのだよ。しかし、その人々は無知なのではなく、単に縁がないだけなのだよ」・・・と。
この和尚の言葉で、私は非常に大切なことを認識することができたのです。
今回の京都行きに同行した I さんから、「和尚の前にいる佐藤館長は、目がキラキラして子供のようですねぇ」と言われてしまいましたが、正にその通りなのです。
品川和尚の前では、私は童子のように素直で、謙虚に坐すことができるのです。
自分自身、驚くほどの安心感の中に漂うことが出来るのです。

 人の役に立つ施療師となるには、積み重ねた知識・能力(技術力)が一番大切であり、そのためには人に倍加する努力・精進が必要であると思い、前述の三人ビゲン師、三人藤先生のもとで修業を積み重ねてきました。
いわば知識・能力が絶対のものと思い込んできたのです。
当初、品川和尚のところを訪れたときも、私の知らない技、知識を「積み上げ」として獲得するためという考え方だったように思います。
積み上げれば、和尚の域に少しでも近ずくことができる・・・。
私は、浅はかにもそのように信じ込んでおりました。
自身の積み上げてきた技術・知識・経験に、「絶対感」を持ちすぎていたのです。
いささかの自負、自分に対する信頼感・・・。
過信はなかったと思います。それがあれば、他者の教えを乞うことはありえませんし、同業者の技量を評価するというような、思い上った行為をする等のことが起きていた筈です。それはしておりません。

 素直さ、謙虚さの重要性がそこにありました。
「素直」―この恐るべき重要さを持った状態!
和尚の前で童子になれたことで判った事があるのです。
絶対的な存在・・・、それが和尚だったのです!!
和尚は「光」でした!
絶対的な存在の「光」に対しては、どのような「積み上げ」も無意味なことであったのです。
秒速20万キロのスピードで飛ぶロケットの中から、秒速30万キロの光のスピードを何度測っても秒速10万キロにはならず、どんな速度の物体から光の速度を測っても、光の速度は常に秒速30万キロであるのと同じことであったのです。
和尚の知識・技術を、私がいくら積み重ねようがわたしに対する和尚の位置は常に同一のところで輝いていたのです。
それどころか、私が絶対的なものと思い込んでいた知識・技術力は、光に対する時間と空間のように相対的なものであったのです。
「信じなければ何も起らないよ」という和尚の言葉の意味が、素直さを持ったとき初めて理解でき、しかも「何か」が私自身に起ったのです。
それが、ディメンション・オペの指導を受けていた時の、私の驚きの声でもあったのです。

 再度、自分自身に認識させることにしよう。
「素直さ」「謙虚さ」・・・この二つを失った者に、未来は無いに等しいということを・・・。

 今、私に驚くべき事態が起っている。
これも、和尚の前で童子になることが出来たことで、重要な二つの事を思い出したからに相違ない。
今の私には、10歳の童であっても師とすることができる感覚がある。
そして、この歳にして、全てに対して気力充実している自分が存る。

 ディメンション・オペの、力の源を見つけ得たような気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

真夏の京都

 夏真っ盛りの京都へ行ってきました。
もちろん、例によって品川和尚のところです。
今回も沢山の施療法を伝授していただきましたよ。
今回は N さん、I さんとの三人旅、楽しい来迎寺訪問ができました。
施療法のほか、数々の×××(ウフフ・・・、秘密です。教室で教えようかなぁ、どうしようかなぁ・・・と思わせぶり)まで教えていただき、感謝、感謝です。
さすが、世界一の・・・と形容される方だけあって、その奥の深さは計り知れません。
いったい、和尚の知識、能力はどのようにして身に着けられたのでしょうか・・・。
どのように考えてもその方法が見つかりません。
私は、今までの修練と実績をもとに、自信をもってこの仕事、施療・代替医療に携わってきました。
5歳のときから密教の修業を教えてくれた長和尚、仙道氣功法の全てを教えてくれた劉老師、古神道の手ほどきから療法まで教えてくれた小林神職の、私が「三人ビゲン」と呼ぶ尊敬できる三人の師匠。
そして加藤師、安藤先生、藤原家元という特出した能力をお持ちの「三人藤」の師匠の方々。
代替医療を行うにも西洋医学の基本的知識は不可欠である、と云われ、様々な西洋医学の知識を授けてくれた岡本医学博士・・・。
そうそうたる、恵まれた師匠連の薫陶を受け得たと思い、満々たる自信を持ってこの仕事を続けてきたのです。
ところが品川和尚には、その私の知識・能力・感覚を超えた凄まじい力があるのです。
脱帽せざるをえません。
今の私は、和尚の前に無垢な児童のような心境で座っております。
和尚の傍に坐すことで得られる、ある種のパワーの波に酔っております。

 和尚側近の F さんといろいろ話し合ったのですが、結論は「結局、天才なんだねぇ」ということになってしまいます。
前回も同じような話題で、お弟子さん4~5人と語り合ったのですが、結局は同じところに行き着いてしまいます。
それほど品川和尚の能力は凡人には計りがたく、我々は象の身体の一部分だけ撫で回し、大蛇のようだ、いや畳のようだ、いやいや壁のようだ、はたまた大木のごとしである、とそれぞれ鼻や耳や胴体や足の部分の感想を言っているだけのようなのです。
ハッキリしているのは、「縁」に恵まれて和尚と出会うことができ、教えを受ける幸せを享受できているということです。
この幸せだけは、私ばかりでなく、お弟子さん方の全て、ひとりひとりが目で語っていることであり、それだけで十分満足でき、感激に酔いしれているところでもあります。
 これから、また数々の知識、能力を教えていただくことになると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 いつものことながら、感謝の気持ちで満たされた自分自身の心の状態が嬉しくて、ふんわりと新幹線に揺られて帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »