« 異次元コラボ | トップページ | 品川和尚直伝、ディメンション・オペ »

2009年7月 2日 (木)

師、品川和尚のもとへ

 雨の降りしきる東京を後にして、京都へ向かいました。
東京を出るときは激しい雨だったのですが、京都へ着いた時はすっかりあがって薄日さえもれてきました。
不思議なことに、今まで何度も京都の品川和尚の来迎寺を訪れましたが、一度も雨が降ったことはありません。
今日は、5人で品川和尚のところを訪ねました。
着いてそうそう、例の如く、和尚からマンツーマンのレクチャーを受けることが出来ました。
本当に有難いことです。
私と同行した4人に対しても本当に親身になって相談に乗って戴き、頭が下がる思いです。誠に有難うございました。
今回もやはりというか、私のために沢山の C D を用意してくださり、プレゼントしていただきました。
いつもいつも無料で戴き、申し訳なさでいっぱいです。

 その後、いつものように施療法のレクチャーをして戴きました。
今回は、パーキンソン病の施療法、吹き出物や不眠の治し方、難聴の治し方、うつ病の施療法、額より上に氣の通っていない人の通し方、肩こり・背中の張りの取り方、指で心臓を正常に戻す方法、足のこむら返りの治し方、眼病の治し方、肺に異常のある人(肺癌・肺気腫等)の施療法、ガン施療法、歩行の不安定な方の施療等々、実に様々で多岐に渡った施療法を教えていただきましたよ。
京都に行くたびに、私の施療技術の向上が実感できます。
じつに素晴らしい教えの数々なのです。
これらの施療法は、方法論として教えてくださるのではなく、実際にそのような病に冒されている方を治しながら指導してくださるので、その効果は瞬時に判明します。
実際、私が和尚に教えていただいた通りに難聴の方の施療をしてみると、私の手にはっきりとした反応が感じられました。
あまりにもはっきり感じることができた反応に、私自身驚いてしまい、おもわず大きな声をあげてしまいましたよ。
今日教えていただいた様々な施療法の一つ一つに要する時間は、なんとわずか数分!、なかには数十秒で治ってしまう施療法もあるのです。
恐るべし!「来」文字の威力!(ここでは、秘密です!教室で!)
そして、またまた新しいディメンション・オペの方法も教えていただきましたよ。

 帰りのカバンは、沢山のおみやげ(施療に関するものばかりです)ではちきれそうになってしまいました。
次回訪問したときには、肺癌や新型インフルエンザに対応した「あるもの」を用意してくださるという約束までいただきました。
師、品川和尚に心から感謝いたします。
誠に、有難うございました。

|

« 異次元コラボ | トップページ | 品川和尚直伝、ディメンション・オペ »

医学と療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/45520844

この記事へのトラックバック一覧です: 師、品川和尚のもとへ:

« 異次元コラボ | トップページ | 品川和尚直伝、ディメンション・オペ »