« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

六本木、久々

 昨日は、朝から大変忙しく、我ながら良く頑張った自分自身にご褒美ということで、涼しくなった時間から六本木に繰出しました。
久々の六本木は相変わらず大勢の人人で賑わい、不況何処吹く風?といった風情です。
六本木で K さん、 O さんと待ち合わせ、三人でこれまた久方の「阿雅左」に出陣です。
丁度オーナーの矢沢透さん(元アリス)もいて、楽しい昔話に華が咲きましたよ。
振り返ってみれば、矢沢のきんちゃんとの付き合いも、もう30年ほどになるのですねぇ。
きんちゃんとそのことを話しながら、お互いいろいろあったねぇ、と、これはいかにも年寄りの会話・・・。
11月に東京武道館でおこなわれる「アリス・復活コンサート」の招待も受け、久々にアリスの演奏を楽しんでこようと思っております。
これまた、久々に食べる串焼きも美味しく(以前は5日に一度も訪れていたので、も~う飽きたぁ、寿司でも持って来いーっ!などと言っては、きんちゃんを苦笑いさせていたこともありましたっけ)生ビールとルイボスティで楽しい時間を過ごすことができましたよ。
ともあれ、長い付き合いのある友人、気の置けない仲間は本当に人生の宝ですね。
いつのまにか時間も過ぎてゆき、深夜まで楽しんでしまいましたよ。
皆さん、本当にありがとう。

☆お知らせです。 「樹徳館」からの検索で一度でホームページ画面が出にくくなっております。只今、調査中ですが、お手数でも二度アプローチしてください。二度目には必ずOKですので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

 パソコン

 パソコン操作が段々面白くなってきました。
今回は、O さんに教えてもらったDVDの画面からココログに落とす方法を知り、このブログに画面を出してみました。
早い画面なので、画質はあまり良くありませんが、自分ではおおいに楽しんでおります。
今回の画面は、先日再現ドラマに出演したときのものと(相変わらずのミーハーではあります)、私が毎週火曜日に協力している番組「サプライズ」に「協力 樹徳館」というテロップが流れたところを落としてみたものです。
私の道場のテロップが流れ始めたのは今週からなのですが、どのようにして調べるのか、今日だけで8通の電話がかかってきましたよ。
あんなに速い流れのテロップなのにと驚いております。
本当にテレビの影響力には驚くやら感心するやら、ビックリしてしまいます。

 この操作を覚えたので、これからも面白い画面をお届けできるとおもいます。乞う期待というところです。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

展開急なり

 今日は、毎月恒例の大学仲間の定例会。
いつものように御茶ノ水に集まりました。
定例会の前に、某社の重役さんと御茶ノ水の茶店でコーヒータイム。
この重役さんも同じ大学の卒業生。
偶然ながら、気の置けない同窓生は有難いものです。
定例会は、いつにも増して大盛況!
新しい仲間が12名も増え、最近、頓に忘却力の優れてきた?私には名前を覚えるだけで大事です。
でも仲間の増えることは、何にも増して嬉しいことですね。
今日は、そのあと慶応大と青山大のOBとの会合が企画されていたので、ほんと、大忙しでしたよ。
慶応大と青山大のOBとの会合は、某国と日本国との交流協会設立のためのもので、私もその一員となっているので、期待感で一杯です。
初めてお会いした青山大のOBの方は、私の3年先輩になる方なのですが、非常に魅力的で、一度会っただけなのにお互いうち溶け合って、もう何年も交流があるような雰囲気にしていただきました。
大きな会社の代表者であるにもかかわらず、とても気さくで魅力的な素晴らしい方です。
紹介していただいた、慶応大のO 氏と Y 氏には心から感謝です。
これから色々な事をご一緒できることが嬉しくてたまりません。
宜しくお願いいたしますというしかありません。

大勢の仲間、友人という宝に囲まれて幸せ者ではあります。
心から、感謝いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

品川和尚直伝、ディメンション・オペ

 品川和尚直伝のディメンション・オペによる施療を試みました。
驚くべきことが起りました。
施療したのは、犬のリリーに対してです。
かわいそうに、リリーは悪性の黒色メラノーマに冒されてしまい、命の危険にさらされておりました。
口にできた腫瘍は大きく腫れ、満足に食事を採ることも出来なくなっておりました。
飼い主の Y さんは普段からお世話になっている方でもあり、なんとかリリーの苦痛を少しでも和らげることができないか、と思案しながら施療を続けてきました。
先週には、腫瘍が写真にある状態よりもさらに大きくなってしまい、かなり危険な状態にまで落ち込んでしまいました。

 打つ手も少なくなり、最後の手段としてそれまで人間にしか試みていなかったディメンション・オペを試してみました。
驚きました。
ディメンション・オペは二度ほど試したのですが、リリーの悪性腫瘍がボトリと取れたというのです。
写真でお分かりのように、かなり大きな腫瘍なのです。
動物病院の先生も「ありえない!!と驚きの声をあげたそうです。
私の畏友、池田先生も驚いておりました。

 実は、この現象はこれまでに人間に対しては何度か起ったことですが、動物にたいしても有効とは思いませんでした。
飼い主の Y さんから大変感謝されましたが、私のほうこそほとんど普通の顔になったリリーを見て嬉しくなってしまいましたよ。
これからもっともっと養生を重ねて、早く元気を取り戻してもらいたいものです。
品川和尚には、心から感謝、感謝です。
素晴らしい「施療法」を教えて戴き、誠に有難うございました。

 最初の写真は、先週お会いした二胡奏者の「程農化」氏が、富士五湖「本栖湖」で撮影したものです。
氏に言わせると、赤い球体の内には座禅をしている僧侶の姿が見えるということです。
この写真を撮影して以来、氏は富士山に嵌まってしまったそうです。
不思議な、面白い写真ですね。
なんか、幸運を呼ぶような感じがしています。
この写真を見た方々に、幸運が訪れますように・・・。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

師、品川和尚のもとへ

 雨の降りしきる東京を後にして、京都へ向かいました。
東京を出るときは激しい雨だったのですが、京都へ着いた時はすっかりあがって薄日さえもれてきました。
不思議なことに、今まで何度も京都の品川和尚の来迎寺を訪れましたが、一度も雨が降ったことはありません。
今日は、5人で品川和尚のところを訪ねました。
着いてそうそう、例の如く、和尚からマンツーマンのレクチャーを受けることが出来ました。
本当に有難いことです。
私と同行した4人に対しても本当に親身になって相談に乗って戴き、頭が下がる思いです。誠に有難うございました。
今回もやはりというか、私のために沢山の C D を用意してくださり、プレゼントしていただきました。
いつもいつも無料で戴き、申し訳なさでいっぱいです。

 その後、いつものように施療法のレクチャーをして戴きました。
今回は、パーキンソン病の施療法、吹き出物や不眠の治し方、難聴の治し方、うつ病の施療法、額より上に氣の通っていない人の通し方、肩こり・背中の張りの取り方、指で心臓を正常に戻す方法、足のこむら返りの治し方、眼病の治し方、肺に異常のある人(肺癌・肺気腫等)の施療法、ガン施療法、歩行の不安定な方の施療等々、実に様々で多岐に渡った施療法を教えていただきましたよ。
京都に行くたびに、私の施療技術の向上が実感できます。
じつに素晴らしい教えの数々なのです。
これらの施療法は、方法論として教えてくださるのではなく、実際にそのような病に冒されている方を治しながら指導してくださるので、その効果は瞬時に判明します。
実際、私が和尚に教えていただいた通りに難聴の方の施療をしてみると、私の手にはっきりとした反応が感じられました。
あまりにもはっきり感じることができた反応に、私自身驚いてしまい、おもわず大きな声をあげてしまいましたよ。
今日教えていただいた様々な施療法の一つ一つに要する時間は、なんとわずか数分!、なかには数十秒で治ってしまう施療法もあるのです。
恐るべし!「来」文字の威力!(ここでは、秘密です!教室で!)
そして、またまた新しいディメンション・オペの方法も教えていただきましたよ。

 帰りのカバンは、沢山のおみやげ(施療に関するものばかりです)ではちきれそうになってしまいました。
次回訪問したときには、肺癌や新型インフルエンザに対応した「あるもの」を用意してくださるという約束までいただきました。
師、品川和尚に心から感謝いたします。
誠に、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »