« 新たな力 | トップページ | 雨蘭咲木子さん »

2009年6月 4日 (木)

自然(じねん)

 自然(じねん)
品川和尚の日めくりカレンダーの今日の言葉です。
続く言葉は「そのまま、そのまま・・・」です。
品川和尚からいただいたカレンダーのその日の言葉は、毎日のようにシンクロニシティを起こします。
もう大分馴れたはずなのですが、毎日のようにドッキリさせられております。
不思議です。そして、有難いことです。
 今日のこの言葉には、「自然」に生きよ、という和尚の励ましと教えを感じます。
「そのまま・・・、あるがまま・・・」に生きることがこの歳になっても私にはまだまだ難しいことです。

 日曜日に、神の心を持った人と話し合いをしてきました。
先月逝った私の親友の事業の、今後についての話し合いです。
その心の広さ、深さに感激してつくばから帰ってきました。
世の中には彼のような男がまだいるのです!
私などはまだまだ修業しなければならない、ということを心底思い知らされましたよ。
そして、いわゆる金持ちと言われる人の中にも「ケチ」な人間ばかりではない、ということも改めて認識してきましたよ。
非常に得がたい体験でした。

 今週はその余韻に浸りながらルンルン気分で過ごしております。
月曜日は一日中、シアワセ・・・。
火曜日は恒例の日テレ「サプライズ」。
しかし、残念ながら三人の女子アナウンサーのうち宮崎アナが体調調整のため休業することになってしまいました。
馬場アナと脊山アナの施療を終えた後その話を聞いたのですが、残念ながら宮崎アナとは最初の収録の日に挨拶しただけで、一度も施療することなく終わってしまいましたよ。
早く治して一日も早い復帰をお待ちしております。
その後、同じスタジオを使って「間寛平・アースマラソン」の生放送が録られました。
明石家さんまさんなどの出演で大いに盛り上がったのですが、その録画のなかで間さんが親友の「忌野清志郎さん」の死をアメリカで聞き、号泣するシーンがありました。
先月の私の親友の死を思い出し、そしてまた自分より若い友の死という同じような状況に心が入りました。
しかし、間さんは立派でした。
泣きながら、自分の足で走り始めたのです。
品川和尚の力を借りて、ようよう立ち直ることができた私自身と比べると少し恥ずかしい思いがします。
心せねばなりませんね。

 今日は表参道に行ってきました。
南青山で祭事を執り行ってきたのですが、N 会長と会うことがいつでも私の心を豊にしてくれます。
本当に得がたい仲間です。
夕方には T 氏が久方ぶりに田端を訪れてくれました。
「樹徳館新道場」建設に力を貸してくれている仲間です。
彼の話を聞いているだけで楽しくなってきます。
N 氏はまた明日訪ねてくれるそうです。
また積み重ねた話を持ってきてくれるというのですが、ワクワクです。

 夜の気功教室に珍しい方が参加してくれました。
もうずいぶん長いこと休んでいた S 嬢です。(結婚したので、嬢と呼ぶのは失礼ですね)
屈託のない笑顔は以前と変わらず、ホッと一安心です。

 ともあれ、仲間の皆さんの笑顔が私の「ヤルキ」を刺激してくれます。
それに乗せられて、この歳にしては元気モリモリの自分です。
皆さん、本当に有難うございます。

|

« 新たな力 | トップページ | 雨蘭咲木子さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/45227879

この記事へのトラックバック一覧です: 自然(じねん):

« 新たな力 | トップページ | 雨蘭咲木子さん »