« 大阪、神戸へ | トップページ | ガンに効く草 »

2009年4月 1日 (水)

癌治療

 昨日の気功教室は不思議な雰囲気に終始しました。
というのも参加者が女性ばかりなのです。
普段は男性の参加者も多いのですが、昨日の唯一の男性参加者は施療で二階にくぎずけとなり、稽古場には10人の女性ばかりとなったのです。
せっかくの女性ばかりの稽古なので、休憩時間に老子の「玄牝の門(げんぴんのもん)」の話※をしてみました。
老子の女性崇拝の心が汲み取れる一文で、私が好きな老子の一面なのですが、例によって私の話は大いに脱線します。
先週の話と相まって、生徒さんから「館長の話、最近少しエロいですよ。」と云われてしまいましたよ。
別にエロい話ではないのですが、私の話し方なのですね。
心しなければなりませんね。反省します。

※「老子」第六章
 谷神(こくしん)は死せず  是を玄牝(げんぴん)と謂う  玄牝の門  是を天地の根(こん)と謂う  綿々として存するが若(ごと)く  之を用いて勤(つか)れず
(谷間に宿る神は永遠に不滅である。玄妙で不思議な生殖力を持つ女性の陰門は「玄牝の門」といえる。これこそが、生命の根源であり、休みなく働き続けながら疲れを知らない不死身の存在である。天地万物を生み出したタオの門に似ている。)

 今朝、いつものように神棚の御水を取り替えようと手を合わせたまさにその瞬間、私の携帯が鳴りました。
30年来の古い友人、G 君からです。
出てみると、彼が感銘を受けた著者の本に掲載されていたある植物を栽培し、11人の方々に無料配布し試していただいたところ、顕著な効果がみられたということなのです。
詳しく話を聞いてみました。
その植物は、アメリカなどではガンにたいする効力が認められており、既に使われているといいます。
日本では薬事法の問題があり未だ販売することはできないので、末期ガンの患者で希望する方にだけ無料配布したとのことです。
彼は農業も営んでおり、自分の畑でその植物を栽培したとのことです。
余命数ヶ月と宣告されたという方に限って試していただいたということですが、一年以上の時間が経た現在、未だ一人の方もお亡くなりにはなっていないというのです。

 私はさっそく日曜日に彼と会うことにしました。
その本と植物を購入し、試して見たいと思ったのです。
色々と精査し、良いものであるなら悩める方々に無料で配布してみたいのです。
詳しいことは来週また報告させていただきます。

 神棚に手を合わせた瞬間の電話ということで、いささかシンクロニシティ的なことも感じられ、大いに期待しております。



       
 

|

« 大阪、神戸へ | トップページ | ガンに効く草 »

医学と療法」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

心中お察しします。

あきらめないで!

打つ手は無限です!

人事を尽くして天命を待つ!

医者に頼らず、家庭で、だれでも簡単にできる、安全で確実な方法

の紹介をします。

名医は、医者では無く、自分自身の細胞です!

人体の約60兆個に記憶されている全細胞

(過去、約38億年の人類のデータベース)を活性化させ、

健康回復へ方向性(ベクトル)を一つに向けることです。


免疫力・自然治癒力の向上です。


打つ手は無限です!

今の西洋医学だけでなく、東洋医学、インド医学(アーユルベーダ)、

中国医学 、昔からの民間療法、代替医療等がたくさんあります。

ガンで亡くなる方のほとんどは手術・放射線・抗ガン

剤(本名 増ガン剤)の副作用で,再発を繰り返し、

体力激減、免疫力低下です。

東京の国立ガンセンターでは、これらを実施、

ガン患者1000人中5人しか、生存していません。


安保 徹 教授(新潟大学 医学部 大学院)

は、上記の3大治療は、してはダメ !

今、してる人は、すぐ止めなさい!

と警告されています。 


「ガンは熱に、きわめて弱い!」

下記、私の体験を参考にして下さい。

10数年前、父が脳腫瘍になり、病院で手術・放射線治療後、髪の毛が抜け

体力激減。抗ガン剤大量投与・点滴ミスの医療ミスで急死。

薬という名の毒素を体内に入れて、さらに低体温にし、免疫力・自然治癒力

をさらに低下させる現代西洋医学・病院の治療方法に疑問を感じました。

その後、調査・研究して、ガンの治し方をみつけました。

全身遠赤外線温浴法です。

(ガンは熱に、きわめて弱い!)

「冷えは万病のもと!」、

全身遠赤外線温浴法は、安全で簡単。

妊婦さん・赤ちゃんに優しく、

産婦人科・助産院で大好評です。

家庭で、職場で、車の運転中に、寝たままでも、何かしながらできます。

炭と岩盤浴で体の芯(骨)までポカポカ!全身遠赤外線温浴すれば、即、

体内温度上昇で、

朝、目が覚めた時、36,5度以上に!

(免疫力100%)

(35,5度は、免疫力 60%)

約60兆個の全細胞・酵素の働きを活性化!

全身の血液循環、気の流れ、水の流れ、リンパ液の流れを促進!、

コラーゲンの産生促進!

体内毒素排泄促進!

(大便・小便・おなら・目やに・鼻汁・たん等)

血液がきれいに浄化!

免疫力・自然治癒力を回復して、

ガン細胞消滅体験多数報告があります。

(舌ガン・肺ガン・大腸ガン・肝臓ガン・喉頭ガン・食道ガン・脳腫瘍 
 他各種ガン)


「新・遠赤外線と医療革命」 医学博士 東 善彦著(冬青社)

「がんに効く遠赤外線療法への確信」医学博士 横山正義著(かんき出版)

「体を温めると病気は必ず治る」医学博士 石原結実著(三笠書房)

「苦しくないガン治療革命」医学博士 前田華郎著(冬青社)

「体温免疫力」医学博士 安保 徹著(ナツメ社)


関心があれば、メールで詳しく説明します。

 ma0321_001@mail.goo.ne.jp

投稿: 太陽 | 2009年4月 1日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/44530996

この記事へのトラックバック一覧です: 癌治療:

« 大阪、神戸へ | トップページ | ガンに効く草 »