« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

大阪、神戸へ

 昨日から大阪、神戸方面へ行ってきました。
関西地方も桜はまだチラホラといったところで、花見には少し早い時期です。
それどころか、神戸の芦屋地区は高台ということもあって寒いこと寒いこと。
「寒の戻り」の言葉通りで、チラリと覗いた甲子園球場の選抜高校野球の応援の声もこころなしか寒そうです。
今度の関西行きも先月から依頼されているエステ店の巡回施療で、昨日は大阪地区と神戸地区、今日は銀座地区と目黒地区とを大忙しで回ってきました。

 二日間で、40人近い若い女性達とお話してきましたが、皆さんバイタリティに溢れ、やる気がこちらにも伝わってきます。
ただ、残念なことに、自分の身体を守ることにはいささか無頓着なところが見受けられます。
若いからとも云えますが、自身の健康を保つことが一番大切であり、そのための良い方法が沢山あるということをもっと知ってほしいという気持ちになりましたよ。
これからも各地を巡回し、その方法をレクチャーしていかなければ・・・などと、少し使命感のようなものを感じております。
幸いなことに、健康サプリ、カシス、乳酸菌、ハーブ、プラセンタ、各種健康食品等々の入手先が確立できたので、色々な状況に対応していけそうに思っております。
これから毎週のようにお付き合いしていただくのですが、全ての方々の健康維持に少しでもお役にたてれば・・・と思っております。
今回は、品川和尚の「妙光錦」のエネルギーを込めた「勾玉」や「写真」を全ての方々にプレゼントしてきましたが、上手に利用していただければと願っております。

 今日、画家の A 氏ご夫妻が来られ、またまた素晴らしい「太陽」の絵を購入することができました。
まったく、素晴らしい「波動」を持った絵なのです。
今回は二枚の絵を購入しましたよ。
一枚は道場に置き、生徒さんたちに良い波動を受けていただこうというものです。
もう一枚は、もしこの「波動絵」が欲しいという方がいたなら売ってくださいという A 画伯の言葉で預かることにいたしました。
明日から皆さんにこの絵を楽しんでいただこうと思っております。
同時に、画伯の奥さんから素晴らしいものを戴きましたよ。
東洋のガラパゴスと言われる、鹿児島県・奄美大島の南に浮かぶ小さな島、日本一の長寿を誇る加計呂麻島で、「薬糖」といわれる「純黒糖」です。
少しだけ食べてみましたが、その癖(くせ)のない旨みはたまりません。(シャレ)癖になりそうです(無理やりの・・・笑い)。
伝統手造り「西田の純黒糖」という製品ですが、これから定期的に購入していこうと思っております。
ご来館の皆様、めしあがってくださいね。

 ともあれ、楽しい仲間がどんどん増えていきますね。
気功教室の仲間も一月期の二倍以上に増え、心配した家元が日曜日以外はすべて樹徳館で稽古場を使用してもよいと言ってくれましたので、一安心です。
これからも、大いに笑い、楽しみましょう!
仲間の皆さんに、心から感謝いたします。
誠に、有難うございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

暑さ寒さも・・・

 お彼岸に入ったとたん、暖かい一日となりました。
今日はまた、大変人の多い一日でもありましたよ。
朝早くから夜まで、全く来客の途絶えることのない日で、実に楽しい一日を過ごすことができました。
面白いことに、施療に来た初対面のお客さん同士で仕事の話ができあがり、来週その打ち合わせ会が持たれるなどというオイシイ話まで起こり、眼をパチクリです。
私のところに来られた方々の間で、その様な仕事がまとまってくれるなら本当に嬉しいことなので、なんとかうまくいってほしいものです。

 それと、今日来られた方々から面白いものを戴きましたよ。
それもなんと三人の方々からです。
始めに、生徒さんの A さんから以前から欲しくて欲しくてたまらなかった「シンギング・ボール(チンチュー)」を戴きました。
チベット密教に欠かせないシンギング・ボールは、日本ではなかなか手に入りません。
A さんは、たびたびインドを訪問しており、このシンギング・ボールもインドに行かれた友人に依頼して購入されたものだそうです。
さっそく奏でてみることにしました。
ところが、なかなか脳波と共鳴するほどの音色がでません。
結構、奏でることが難しいのです。
いくらか音が出るように思えたので、教室で奏で生徒の皆さんに披露してみました。
ところが、私よりも 初めてボールに触れたN 君のほうがはるかにうまく奏でるのです。
ウーム。ジギショウー!くやしいー!です。
これから沢山練習して、彼よりも上手くならねば・・・。

 夜にI 先生が来られ、不思議な占いのグッズを戴きました。
水晶の珠を回転させて色々の易を出す装置のようなものですが、これもまた面白いものです。
まるでルーレットのような感覚ですが、楽しんで占いをするにはもってこいの商品です。
といっても、出た卦の信憑性はあまり感じられませんがね。
ともあれ、写真のようなグッズを三点も戴き、しばらく楽しむことができそうです。皆さん有難うございました。

 今日は、夜おそくまで仲間と会食し、本当に楽しい一日を過ごすことが出来ました。
皆さん、本当に有難うございました。感謝いたします。

Higan1 Higan2 Higan3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

早春の京都

 春まだ早い京都路へ行って来ました。
今回は、陰陽氏、生徒さんの S さんとその母上という四人での来迎寺訪問です。
久しぶり(二月以来)の品川和尚との出会いは、いつものように私の心を豊かにしてくれます。
例によって CD をいただき(本当にいつも有難うございます)、和尚の説話を聞き、施療法を教えていただき、充実した時間を過ごすことができました。
日差しが優しかったので、縁側に座り、数々の和尚のお話を聞くことの充足感は何物にも例えられません。素晴らしい時間です。
今回は訪問者の数が多く、和尚と接する時間が少ないのではないかと心配しておりましたが、杞憂でした。
それこそ、タップリとお話を聞くことが出来ましたよ。
この説話を私の内でゆっくりと醸成させ、生徒さん方に何かしらのプラスを提供できたら・・・と思います。

 今日になっても、今だ京都の余韻に浸っております。
品川和尚、奥さんや門徒の皆さんに心から感謝いたします。
誠に、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

品川和尚からプレゼント

 昨日、品川和尚からプレゼントが届きました。
突然のことで、ビックリしましたが嬉しくてたまりません。
プレゼントは二枚組のCD3組です。
前回プレゼントしていただいた時、そのCDの内容がその時点で私が求めていたものにあまりにも合致していたことに驚嘆した記憶がありましたが、今回もまさにその通りで、和尚の眼力に驚くと同時に、弟子に対する優しい心使いに感激しております。
来迎寺の先輩や仲間の皆さんからお聞きした、「私達弟子の全てが、和尚の愛に懐深く抱かれている」という言葉が甦ってきます。
品川和尚!、有難うございます!

 今回のCDは、「自分を生きる」「易経」「妙薬」の三組です。
どれもこれも、いち早く聞きたいものばかりで、どれから先に聞いてよいか迷うほどです。
今回は「自分を生きる」というCDから聞かせていただきます。
やはり、このCDが今の私が一番欲している内容を与えてくれそうな予感に満ちています。
もっとも、どれもすぐに聞いてしまうのですけどね。

 和尚のところで教えをいただくようになって一番変わったことは、施療した後、疲れを感じなくなったことです。
以前の私は、重ねての施療の後、倒れて何度も救急車で運ばれ点滴をうたなければならなくなったり、ひどい嘔吐に悩まされたものでしたが、今はケロリとしたものです。
九州や北海道への遠征も楽々こなせるようになりました。
本当に有難いことです。
昨年まで、品川和尚は私に「念珠」を与えてくれなかったのですが、先月、ようよう「念珠」を戴き、さっそく試してみてその理由がわかりました。
「念珠」を着け施療を試みると、患者さんがあまりにも咳き込みすぎて施療になりません。
あまりにも強く氣がいき過ぎるようなのです。
私の念をすこし軽めに施療してみて丁度良い感じなのです。
試行錯誤しながら、「念珠」の使い方を少しずつ会得しております。
「念珠」はふたついただいたので、もう一つを患者さんに懸けて施療してみると、これが望外の効果をもたらしました。
いままでにないほどの施療効果が出るのです!
いろいろ試しながらの施療法ですが、楽しくてたまりません。
ここでもまた、品川和尚に感謝感謝です。

 少しずつ、少しずつですが努力を重ねて皆さんのお役にたてるよう、頑張っております。

Oscd1 Oscd2 Oscd3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

始まりの始まり!

 昨日、第一歩が踏み出されました!
「樹徳館氣功」がどこまで到達できるのか・・・。
本当の意味で、始まりのはじまりです。
どこまでの高みへ導くことができるのか・・・、もちろん、大きな責任も感じております。
会員の皆さんや、そのほか大勢の方々のご協力も不可欠ですが、まずは私自身の責任と努力が必要なことは自覚しております。
あせらず、一歩一歩着実に進んで行く事に致しましょう。

 俄然、意欲が増してきております。
このようなチャンスをいただけた事に感謝いたします。
誠に、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »