« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月16日 (木)

気功の世界

 今日は定例の気功稽古日です。
楽しく、ワイワイ稽古していましたが、生徒さんの一人U さんから、幾分興奮気味の報告がありました。
当館の功法のひとつ、「抱月功」を自習していたところ、身体が宙に浮いたというのです。
その時の様子を皆の前で語ってもらいました。
U さんの生々しいその話に皆興味深々でした。

 面白かったのは、U さんと同時期に入会した方々の反応です。
先を越された・・・という思いがあったのでしょうが、幾分悔しさが見て取れます。
大丈夫です。皆さんにもこれから楽しい現象が色々起こるはずです。
ただ U さんは素直に、そして愚直に私の教えたことをそのまま実行したことで、その楽しい現象をいち早く味わうことができたのです。
U さんは、こんな経験が出来るとは・・・と喜んでいましたが、私の経験から、まだまだ、もっともっと面白い現象を味わうことが出来ますよ、と申し上げておきます。

 U さんは、「動中の静」の瞬間に他次元のトビラをちょっとだけ開くことが出来たようです。
私の教室では、この現象を起し、健康や幸運をもたらす力を異次元から戴くということが、気功法をおこなう目的の一つとしてきました。
私の気功療法も同じように別次元の力を求め、その力を借りて施療を施すという方法を取っております。

 今回、U さんにこの現象が現れたことを、この功を私に教えてくれた「劉老師」に心から感謝いたします。
そして、私の教え方が「劉老師」の教えに沿ったものであることを確認できたという点で、U さんにも感謝です。
この驚くべき素晴らしい現象が、他の生徒の皆さんにも出来るだけ早く起きますよう念じております。
ともあれ、U さん、おめでとう。そして「劉老師」の霊体に心から感謝いたします。
誠に、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

お宮参り

 今日は、秋晴れの素晴らしい天気に恵まれて、二人目の孫のお宮参りです。
常総市水海道の一言主神社に、双方の家族総出で行ってきました。
二人目の孫の名前は「寿吏ちゃん」です。
まだ生まれて4ヶ月ちょっと、ようやく首が据わってきたところですが、まあ良く笑うこと!
一日中上機嫌で、皆に笑いを提供し続けてくれましたよ。
お宮参りの後、両家家族そろって食事会となりましたが、そこでもお兄ちゃんになった「錬くん」に大いに座を盛り上げてもらい、笑いの絶えない一日となりました。
二人とも健康で普通の子なのがとても嬉しく、神様に感謝です。
これからの成長を出来るだけ見守りたいものです。

 私達がチョット関係している日本テレビの番組、「日本史サスペンス劇場」の放送日が決まりました。
11月12日、夜8時から2時間スペシャルで放送いたします。
MCは船越英一郎さん、ビビル大木さん、鈴江奈々アナ、武光誠教授。ゲストは、井上和香さん、小倉優子さん、千秋さん、TKOさん、チェン・チューさん、そして鼠先輩さんという顔ぶれです。

 気功に興味を持つ方は、きっと同じように興味を持たれるのではないかと思うのですが、福来博士が実験を担当された「三船千鶴子」の透視力についての番組です。
明治時代にこのような実験が行われたということもさりながら、今の混迷する時代に取り上げられることの多い「超能力」にたいする番組内容は一見に値するものと思うのですが・・・。

 この番組には、私と K 君、銀座で占いを行っている O 氏、I 氏等々、当館関係者が大挙して押しかけ、番組のどこかで少しばかり顔を出す予定になっておりますのでご期待ください。

 この「日本史サスペンス劇場」は、毎週水曜日に放送する「帯番組」なのですが、「篤姫」に関するものなど当館にはあまり関係のない内容のものが多く取り上げられてきました。
しかし、今後は「気功の歴史的背景」とか密教関係、はたまた歴史における「占い師」、今で言う「スピリチュアル・メッセンジャー」等が、今現在活躍されている現役の方を取り上げて放送することで、過去と未来の歴史を対比させていく等々の実験も行われそうです。
ここから「新しいスター?」を掘り起こすことが出来るのではないかと思われます。
わたし?いやいや、もう少し若いカリスマを発掘することが目標です。
必ず現われるはずです!。楽しみですね。

Omiya1 Omiya2 Omiya3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

10月・・・

 10月に入って、もう既に1週間になろうとしています。
ほんと、月日の経つのは早いものです。

 今日は、秋雨が降り続いております。
昨日の好天がうそのようで、やや肌寒い風も吹いてきました。
昨日の日曜日は、私が役員をしているお寺の共同墓地の清掃日。
ボランテアを募り、朝八時から作業開始ということになっておりましたが、驚きました!
春の清掃日もボランテアの方が早くから来られていたので、今回は30分ほど早めに出かけました。
ところがところが・・・、7時半に着いたところ、もう既に50人ほど集まって作業をしているのです。
最終的には70~80人ほどの方が作業をしてくれたのですが、朝の早さにビックリです。
聞いてみると、一番早い人は6時ごろから作業をしていたというのです。
自分の家の墓ではなく、共同墓地なのに・・・です。
かなり広い墓地なのですが、なんとなんと、お昼ごろにはもう終わっていました。
役員の私は、参加してくださった方々に感謝感謝です。
イエイエ、決っして、参加を強制してはおりませんですよ。
恫喝してもおりませんですよ。ホント!誤解の無いように。(笑い)

 今日は、嬉しい仲間がどっさり来てくれました。
びっくりしたのは、王大人から「桂林」の墨絵を戴いたことです。
先日の展示会で観て、一目惚れ?した絵なのです。
王大人は、私があまりにも思いを込めてその絵を見つめていたことで、プレゼントしてくれたということなのですが、有難すぎて言葉もでません。
さっそく部屋に懸けてみましたが、一瞬で部屋の雰囲気が素晴しくなりました。
本当に有難うございました。近日、夕食をごいっしょすることになりました。それぐらいでは到底御礼にならないのですが・・・。
 その後、来るわ来るわ、大勢の方が来られ、嬉しい悲鳴。
大田区の後輩 K 君が、彼の住む久が原のお店で買ってきてくれた有名お菓子はあまりにも美味しくて、あっというまに無くなってしまいましたよ。ごちそうさま!

 一日中、誰かと会話して過ごす事ができました。
楽しい一日に感謝です。誠に有難うございました。

E Image Image2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

初秋の京都

 京都へ行ってきました。
もちろん、品川和尚のところです。
今回は、O 夫妻といっしょです。O 夫妻は車で6時間もかけて京都に入りましたが、私は例によって新幹線でグーグー寝ながらの京都入りです。

 昨日、おとといと少し秋めいてきたので、京都も幾分涼しくなったかと思い肌襦袢を着けて行ったのですが、とんでもない。汗ばんでしまいましたよ。
一時は台風15号が上陸するのではないかと思い、京都行きを危ぶんでいたのですが、とてつもなく良い天気!。
雲ひとつない青空です。
和尚の言葉を借りると、「縁」のある人は状況がそのようになるものだということです。
京都行き、大成功でした。和尚、有難うございました!。

 お昼近く、京田辺市の来迎寺に着くと、門のところまで「松茸」の香がプーンと漂ってきました。
すごい!今日のお昼は松茸だぁ!
思ったとおり、お昼ご飯は松茸がドーンと入った吸い物と散らし寿司、そのほか・・・、そのほか・・・、例によって豪勢なお昼ご飯です。
遠慮のない私は、腹いっぱい食べて、それからいつものように和尚のレクチャーです。
今回は治療法を直に見せていただき、和尚の力のほんの一部分でも自分のものにしたいと、食い入るように和尚の手元を見つめていました。
さすが、世界中の大勢の方から「世界一」の称号を戴く和尚の技です。残念ながら未だ私には到達しえない領域の技です。
それでも、これから私が努力する方向を導いてくれるところが沢山あり、感激しました。

 真面目な療法の合間には、例によって和尚の軽妙洒脱な話に抱腹絶倒です。実に楽しい!
今回もDVDやCDを、それこそどっさり戴いてきました。
次回京都に行く日まで、これを聞くのがまた楽しみです。
和尚から、ダビングする許可を戴きましたので、希望する方には差し上げます。お申し込みください。

 いつもいつも、本当に、和尚には感謝感謝です。
そして、来迎寺に集う仲間の皆さんにも心から感謝いたします。
誠に、有難うございました。またすぐお邪魔いたします。よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »