« 氣の料理 | トップページ | 秋の気配 »

2008年8月 9日 (土)

真夏の九州へ

 九州へまたまた行ってきました。
だいぶ九州の空気にも馴れてきましたが、何度いっても氣の良い土地で私の能力以上の力が発揮できるような感じがしております。
今回は京都の品川和尚のお力もお借りしての施療行でしたが、九州に出発する便に乗る寸前に、 O さんから次のようなメールを戴き意を強くしての旅立ちでした。
「先生、凄いです!早くも変化がありました。ここ数週間、体中が鉄板に張り付いた様な感じで、少し動くだけで動悸息切れがひどく、心身共に疲れきっていたのですが、今朝はいつも寝室から居間に移動するだけでソファに倒れこんでいたのに、植木に水やりもして、まだ余裕があったので立禅まで出来ました。その後も全く疲れを感じません。凄い変化です。ありがとうございます。」
O さんには、品川和尚の「水」をあげたのです。
私自身も試してみてその効果に驚いておりましたが、他の人でもその効果が確かめられたので希望を持って九州へ行くことができたのです。
本当に、品川和尚には感謝、感謝です!
九州の I さんに、同じように素晴らしい変化がおこることを心から願っております。頼みます。

 九州の地では、前回と同じように「クマゼミ」が大きな鳴き声で歓迎してくれました。
今回初めて「クマゼミ」の姿を見ることが出来ました。
関東地方の「ミンミンゼミ」を二周りほど大きくしたようなセミで、力強い姿をしております。
このセミと同じように、I さんの身体が強く、強くなられることを願っております。

 今回も九州の皆さんの暖かい心に感謝いたします。
誠に、有難うございました。

001 002 003

|

« 氣の料理 | トップページ | 秋の気配 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/42118483

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の九州へ:

« 氣の料理 | トップページ | 秋の気配 »