« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

幸を求めて

 今朝早く、初めての客を迎えました。
インターネットで当館の存在を知ったということで来られたのですが、かなり強引な方で、押しかけてきたという感じすらしました。
私は、朝は4時から修業に入り10時ごろまでかかるので、来館はそれ以降にしてほしいと頼んだのですが聞き入れてくれません。
かなり切羽詰った様子に根負けしてお会いしました。
お会いして、その事情が飲み込めてきました。
話を聞き、お会いして良かったとさえ思いました。

彼の名を仮に A さんとしましょう。
A さんに、今日のことをブログに載せますよ、とことわったうえで書いております。
A さんは現在重疾の病に冒されております。なおかつ、自ら経営する事業が難局にさしかかっているというのです。
おそらく、溺れるものは・・・の心境で来られたに違いありません。
彼は病気の施療とともに、もう一つの課題を持って来られたのです。
彼は、以前私がブログで述べた「死というものに、消滅・破滅という観念しかないならば、時間の経過そのものもネガティブ性に満ちているとしか考えられなくなってしまう。何故なら時間的経過によって誕生・劣化・病・死という時空をたどって行くのだから・・・。」という一文を読んでいたらしいのです。
その文の中で書いた「死とはネガティブ性をのみ持つものではない。」という私の真意をもっと知りたいというのです。
 A さんは、数時間話をし、施療をして帰っていきました。
納得して帰られたかどうかはさだかではありませんが、一つのきっかけは掴んでくれたようです。

 私は仙道を学んできました。
「老子」よりはどちらかというと「荘子哲学」に心引かれます。
荘子は、「人間は無限大の世界から生まれ、数十年のあいだ個としての意識をもつ存在となるが、死によってふたたび無限大の世界のうちに帰ってゆく。」として死を肯定します。
そしてまた「人間が生きているというのは、生命を構成する氣が集合しているということである。氣が集合すると生になり、離散すると死になる。もしこのように生死が一氣の集散にすぎないとすれば、生死について何を憂える必要があろうか」(知北遊篇)と説きます。
人生のすべてを、そのままによしとして是認する態度は、我々が今存在する時空がネガティブ性に満ちている世界ではないと捕らえていることになります。

 同じ哲学の上に、老子も「無知無欲が人間の自然の状態である」と説きます。
「五色は人の目を盲にし、五音は人の耳を聞こえなくし、五味は人の口を麻痺させ、馬を乗り回して狩をする遊びは人の心を狂わせ、珍貴で得がたい宝は人の行いを邪悪にする。」とまで云います。
知識でさえも真理を捕らえるどころか、かえってこれを破壊してしまうとし、否定します。
このため老子は「学を絶てば憂い無し」「聖を絶ち知を棄つれば、民の利は百倍す」などと説きます。
真理の一面なのでしょうが、これではどうも人間文化の全否定となってしまう様な気もしてきます。
 現実に、病に斃れ、成業も思わしくないという人々に、全てを捨て去れということは出来ません。「迷惑」という事態が発生するからです。これこそが人間文化でもあります。

幸福の幸という文字は、土という文字二つを二本の「柱」で結んであります。
この柱こそ「文化」であると言えるかもしれません。
土を二つ盛ることは、古来土地の神を祭ることから転じ、天子が用いる玉の形をいい、名誉・栄達そして人品の高いたとえともされました。「圭」という文字にはそれだけの強い人間の思いが懸けられており、それを二つの柱=文化で結ぶことを幸福の意に用いる先人の知恵のスゴサ!
 私が、仙道ばかりでなく密教や古神道、その他の哲学にも心を捉われるのはこういうことだったのかもしれません。

私は A さんに、施療とともにある秘法を行いました。
今この時空の中で生きている彼が、ネガティブ性の感性をポジティブ性をもった人生感に変換できる一助となるよう願いながら・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

天賦の才

 当館の気功法に、無為功という功法があります。
中国人の師から功法の名をいただいたものですが、当教室で気功法の練習をするときは、必ずこの功法から始めています。
仙道の求める「道(タオ)」の本質はあくまでも無であり、空虚でなければならないとしたのは、老子でした。
「天地の間は、それなお橐籥(たくやくーふいご)のごときか。虚にして屈きず、動きていよいよ出ず」(第五章)・・・(ふいごの袋の中は空虚であるが、しかし無限の空気を送り出して尽きることがない。)
師は、私にこの老子の一文を示して、気功の世界の奥深さを示し、慢心することなく日々精進することを求めたのです。
私はといえば、生涯の趣味としている「能楽」の概念から「道」を知ろうとしてきました。
能舞台には、背景に鏡松というものが描かれております。
つまり、能舞台は鏡の世界で演じられるのです。
鏡の世界は無色透明であり、その意味では「無」であるといえます。
しかし無であるからこそ、無限のものの姿を写し出します。
鏡の世界は、万有を包容することが出来るともいえます。

 唯一、師が私を褒めてくれたことに、「万物斉同の志が見える」という言葉がありました。
ほかに褒めるところがなかったので、苦し紛れに考えてくれたものでしょうが、褒められるとすぐその気になる私はこの言葉を有難いものとして受け取りました。
その後、密教、古神道、レイキ等々と何にでも興味を持ち、かつ人生における出来事の全てをプラス思考で捉える私の性癖は、師のこの言葉の呪縛のせいだとも考えております。

 「無為を目指す者はまた、直感と以心伝心とを大切にしなければならない。」
これもまた師の云われた言葉です。
心を無為に保っておれば、「道」を備えた多くのことを感ずることが出来るというのです。
私はこの教えを心に留めて、「気功」の世界に携わっていきたいと願ってきました。
もちろん、未だ十分にはこの教えを実践できてはいませんが、日々心がけてはおりました。「道(タオ)」を備えた人とそうでない人とを見分けることができるように・・・と。

 九州の地で、驚くべき少女と出会いました。
無垢に生きながら、とてつもない能力を秘めた少女です。
私が、体調が良く、妙光錦を纏い、さらに朝の稽古が済んだばかりの充実した状態でも、その少女の能力に比肩できるだろうか・・・。
これが天賦の才というものなのだろうか・・・。
私は、舌を巻かざるを得ませんでした。
少女の人生を狂わせないために、何も言わないできましたが、心の興奮は抑えられません。
この時ばかりは、師の「無為であれ」という言葉を実践してきて良かったと思う気持ちが湧きだしてきました。
見つけることが出来たからです。
「名刺で割り箸を割ってごらん」と試してみると、初めてにもかかわらず、いとも簡単に割ってみせるのです。
素直さと集中力を持った少女なのです。

 これからどのような展開が起ころうとしているのかわかりませんが、「九州行き」に新しい要素が加わったことだけは確かなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

再び九州へ

 九州から帰ってきました。
なんと、東京のほうが暑い!
九州は、直射日光は強いものの湿気がなく過ごし易かったですよ。
それと、何といっても「人情」ですね。
私は大変恵まれています。
北海道へ行っても人に恵まれ、北陸や甲信越でも人の情けに恵まれ、そしてまた、九州でも多くの方々と交流することができました。
素晴らしい方々ばかりです!
人間ばかりでなく、その雄大な自然にも心を奪われました。
日本国は、北から南まで本当に大地に恵まれています。
品川和尚が「日本人のDNAが目覚めるときが必ずくる」と言われていましたが、その素晴らしいDNAは、この大地がもたらしたにちがいありません。

 今日のトピックスで、アポロ14号のエドガー・ミッチェル飛行士が、アメリカ政府が宇宙人の存在を隠蔽している、と暴露して話題になっています。
これから世の中は様々に変化し、信じられない出来事が多々起こることでしょう。しかしその時こそ我々日本人のDNAが目覚め、地球をより良い方向に導くことになるでしょう。
宇宙人がいてもいいではありませんか。
我々は、今この時代に時を同じくして生きているのです。
我々が生まれる前には無限の時間があり、我々が消滅した後にもまた無限の時間が時を刻みます。
その間、わずか100年ほどの期間に共に生きているのです。
時代を共有する「仲間」同志なのですよ!!
お互い「いとおしく」思い合いましょう。
もちろん、人間ばかりでなく全ての生命に「いとおしさ」を感じましょう。
悠久の時間のなかで、150年ほど生まれる時が違ったら、絶対に会うことは出来ないのですよ。人も動物も・・・。

 九州の大地に降り立ったとき、凄まじい虫の音に歓迎されました。
「クマ蝉」という種類のセミだそうで、初めてその鳴き声を聞きました。
人の情に触れて全てのものに「いとおしさ」を感じている私には、「シャシャシャッ」と凄まじい鳴き声をあげるクマゼミにも、小さな鳴き声をあげる可愛い小さなセミにも「いとおしさ」を感じてきました。

001 002 003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

旅へ、旅へ・・・

 今日、甲府から帰ってきました。
今月は出かけてばかりいます。
月始めの九州・大分市から、北海道、千葉、甲府と旅ばかりです。
その合間にも、定例の大学懇親会や、中国の方々との交友等々、田端に落ち着いていたのはほんのわずか。会員の方々には申し訳なく思っております。
と言いながら、今週末はまたまた九州・阿蘇です。スイマセン!

 今回の甲府行は、大好きな池田先生との二人旅!
兄貴と慕う池田先生との旅は、目的は別としてまたもう一つのワクワク感があります。
なんの気兼ねもせず、ただただ流れにまかせて、時間を楽しむ・・・。人生、至福の時ではあります。
先生と別れてから、二人で音無川で岩笛を探していた時のことを思い出し、一人ニヤニヤしてしまいましたよ。
知らない人はきっと気味が悪い思いをしたかもしれませんね。
池田先生を紹介してくれた「ウランさん」には本当に感謝です。
ウランさんといえば、先週おもしろいことがありましたよ。
初めてお会いした中国人の俳優さんが、なんとウランさんのお父さんの映画に出演することになっているというのです。「ウランさん」のことも知っていてお互いにその縁に驚いてしまいましたが、もっと驚いたことが起りました。
話をしているうちに、彼女とはなんと二十年ほど前に会っていることが判明したのです。
それは、今は州知事として活躍されている米国俳優のアーノルド・シュワルツネッガー氏が来日したとき、日本テレビの番組でいっしょだったというものです。
シュワちゃん(失礼)とはそのあと、銀座に一緒に出かけ夕食をともにしたのですが、その席にも同道したというのです。シュワちゃんにばかり夢中で、(その日は、彼が銀座のど真ん中で、私と肩を組んで歩いてくれたので舞い上がっておりました)その他の方々は覚えていないので大変失礼しましたが、そう云われれば、いたような・・・。
重なる奇遇に驚くやら感激するやらで、その夜も楽しい時間を過ごすことが出来ました。
(紹介してくれた王大人に秋の中国への招待を受けました。私の気功の力を高める師にも紹介してくれるということなので、真剣に検討しようと思っています。)

 人生は旅であり、目的は友である・・・とは、どなたかが言われた言葉ですが、まさにそのとおりです。
そういう意味では私は今、実に充実した人生を歩んでいるようです。
誠に、有難うございます。

001 002 003 004 005 006 007 008 009

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

九州行き

 駆け足で九州、大分に行ってきました。
I さんのご招待で行ったのですが、梅雨が明けた九州はさすがに南国の雰囲気で、眩しいほどでしたよ。
さきほど帰ってきたばかりなので、大分の印象をじっくり思い出すにはもう少し時間がかかりそうですが、また訪れたいという気持ちにさせてくれる場所ではありました。
I さんも、月に二度ほど来てください、と仰るので近々再度訪れるつもりです。
とにかく、魚の美味しい土地で魚好きの私にはたまりません。
「関さば」の有名な土地なので、昨夜はさっそく「関さば」をいただきましたが、聞きしに勝る美味しさで驚きました。
さばの刺身がこれほど美味しいとは・・・。
それと人間が素晴らしい。
夕食後、大分市内を一人で散歩していると、若い二人の女性が親切にも、「どこかお探しですか」と尋ねてくれました。
地図を片手の「オジサン」がいかにも不案内の観光客に見えたのでしょう。
市内の観光名所を教えてくださいと言うと、親切にあちこち案内してくれましたよ。本当に感謝です。
見知らぬ土地での親切は、心に沁みるものですね。
面白い話がいくつかありますので、またの機会にお話いたします。
ともあれ、 I さんには本当にお世話になりました。
誠に、有難うございました。

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015 016 017 018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

インド料理

 昨日は、火曜日の定例気功教室のあと、生徒さんたちとインド料理を食べにいってきましたよ。
久しぶりのインド料理(日テレ麹町スタジオの前にあるインド料理によく行くのですが、最近は汐留スタジオばっかりなのであまり行きません)ということもあって、旨いこと旨いこと!
皆でお腹が苦しくなるほど食べてきましたよ。
例によって写真を撮ってきたので、想像で楽しんでください。

 明日からは、九州、大分市に行って来ます。
鹿児島は梅雨が明けたということで、雨のほうも心配なさそうです。
また、写真をいっぱい撮ってくるつもりです。

 ここ10日ほどは、古神道の稽古で充実していました。
なれない狩衣衣装が少し大変ですが、楽しんで稽古しています。
また新しい力が授かれば・・・と思っています。

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »