« 上野の杜 | トップページ | 舞台 »

2008年3月19日 (水)

お彼岸

 しばらくブログの間隔があきました。
先週、「神霊降臨式」を当館の「光宮殿」で執り行い、なんかこの一週間というものボーッとしてしまいました。
それにしても、古神道の世界はすごいものです。
いまさらながら、その力の凄まじさに驚いております。

 そんなボーッとした状態で、西方寺に行ってきました。
私が檀家総代の役員を務めているので、お盆や春秋のお彼岸には欠かさず挨拶に伺っています。
訪れると、さすが長住職、私の状態を見破ってしまいました。
住職は私が師事した長微弦和尚のお孫さんにあたる方なのですが、タイ国まで行って修業された力は本物で、私といつも話しがはずむ方です。
長時間話し込んで、楽しい時間とパワーを頂いて帰ってきました。
お彼岸の柔らかい日差しの庫裏でのんびり過ごせたので、なんか命の洗濯をしたようでしたよ。

 昨日は、またまた楽しい方々に来館いただきました。
例の T 氏が、4月の予定を早めて訪れてくれました。道場建設について数箇所の確保した土地の図面を持ってきてくれました。
「いらないとは、言わせない!」というすごい剣幕に、私も笑いながら同意せざるをえませんでした。私の方でも計画しているので、早いほうでやろう、という結論にしようとおもったのですが、彼は納得しません。「出来るかどうかわからない不確実なところがお互いあるのだから、やる!という意気込みを増すためにもO.Kしなさい」と言うので、「わかりました」と言うしかありませんでしたよ。さすが、大富豪のご子息(これを言うと、いつも彼に怒られますが・・・)、イヤミ、ケレンミが一切ありません。
たまたま、K 君がいたので「志を同じくする人間だから、彼の為に作ってよ」と言うと、 K 君と名刺を交換しながら喜んで「わかりましたアー」と、例によって面白い返事。K 君と意気投合してなかなか良い感じ。これから二人の交友が深まる雰囲気で楽しみです。
まったく T 氏は素晴らしい男です。
彼が持ってきてくれた土地は都内渋谷区の超一等地、最寄の駅のまん前!。そこになんと約500坪の更地があり、その内半分を私に提供するというのです。
K 君とも話したのですが、これは少し無理ではないかと思います。
あまりに場所が良すぎます。もったいない!
レストランなどの商業に向いた土地で、道場となると・・・?。
私はもう少し寂れた場所を目指しております。せっかくの有難いお話なのに申し訳ないのですが、この場所は・・・です。
しかし、彼の厚意には本当に頭が下がります。
目頭が熱くなる思いです。T さん有難う!!

 昨日は、またまた久しぶりの素晴らしい方がお見えになりました。
京都から来られた、私と目的を同じくする先生です。
先生の技を少し教えていただきました。まったく初めて聞く技で、その効果も素晴らしく、驚いてしまいましたよ。こんな技もあるのかと感心してしまいました。
いっしょにいた、 S さんや N さんも先生に直接施療していただき、すっかり軽くなった身体にびっくりしていましたが、なにより、私のこの一週間ガチガチだった身体がスッキリしたので、本当に助かりました。誠に有難うございました。
施療の一部始終はしっかりビデオに撮らせていただきましたので、私達の新しい力とさせていただきます。

 明日は、彼岸の中日。お墓参りにいってきます。
23日の日曜日は、当館で道上ワイン・森伊蔵&パスタパーティです。
時間のある方は皆さん来てくださいと呼びかけております。パーティは大勢のほうが楽しいですからね。

|

« 上野の杜 | トップページ | 舞台 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/40555498

この記事へのトラックバック一覧です: お彼岸:

« 上野の杜 | トップページ | 舞台 »