« 突発性難聴 | トップページ | 稽古とそのあと »

2008年1月15日 (火)

リニューアル

 今日からホームページがリニューアルされました。
米国在住の世界的気功師「厳新先生」の教えに次のような言葉があります。
「一連の定まった氣功の形にこだわらないこと。つまり、氣功には必ずこうしなければならないという練習法はない。しかし、全ての練習法には一つの指針がある。それは一つの練習法を学んである程度習得したなら、いつまでも同じ練習法をやり続けるべきではないということです。自分の年齢、性別、体質、環境、心理状態などの要素に基ずいて、絶えず他の氣功も勉強し、いままでの氣功練功法を修正してゆく必要がある。それは氣功法がこれからも発展する功法であるからである。
また全ての練功法は一つの目標に帰させなければならない。つまり、氣功の原則や要領に帰させることである。
功徳、道徳と品徳を重んずることは氣功の原則で、その原則に従わなければならない。(中略)そして氣功の目標を高いレベルのものにしなければならない。
「漏尽通」「佛眼通」などの長寿を達成すること。そして、「佛光普照」「礼義エン明」「普渡衆生」および慈善事業をおこなうことも、全て氣功の目標である。(エンはクニがまえに員)」

 私の師、劉老師が常々世界一の氣功師と言われていた「厳新先生」のこの言葉は私の氣功活動の基盤となってきました(直接教えを受けたことは、たった一度しかありませんが)。
面白いことに、厳先生の教えを実践していくと、氣功練功以外のことに対してもこの教え通りにしたくなるものです。つまり毎日少しずつでも何かを改良して行きたくなるのです。
樹徳館の案内書などは毎回内容が変わっていきます。氣功教室で生徒の皆さんに配布する資料も少しずつ変わっています。厳先生の言うように「発展」しているかどうかは定かではありませんが、自分ではそのつもりで変えています。
 今回、ホームページをリニューアルしたのも同じようなことです。
前回のホームページと比べてどうでしょうか、見やすくなっているでしょうか。もっともっと変化させていくつもりです。ご指導、ご意見お願いいたします。

 先日、 K 君と二人でいるところで家元に会いました。
家元は何かただならぬ様子で、今から深夜バスに乗って岩手に行くと言うのです。まさにその言われた日に岩手地方で震度3の地震が起りました。以前の箱根の件といい本当に驚くべきお方です。K 君と顔見合わせて驚いてしまいましたよ。本当に有難い人です。

|

« 突発性難聴 | トップページ | 稽古とそのあと »

氣功世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/17704406

この記事へのトラックバック一覧です: リニューアル:

« 突発性難聴 | トップページ | 稽古とそのあと »