« | トップページ | 連休 »

2007年10月31日 (水)

気功と師

 ・・・貴方の気功法は何流ですか?そしてどのような特徴的効果がありますか?という質問を受けるときが時たまあります。今日、初めてお会いした方からも同じような質問が投げかけられました。
そんな時、私はいつも次ぎのように答えることにしています。
「私の気功法は、利益享受型気功法ですよ」、と・・・。
相手の方は、少し怪訝な顔をする場合が多いですが、私が目指すのは、本当に、運勢が上昇することと、病気が少しでも癒されるためにということだけなのです。
だから、運勢の方はともかく、病気が治るということに関しては、「なんでもあり」という思いを強く持っています。日本での気功世界での第一人者と目される「帯津良一先生」が同じことを述べられるのを聞いたとき、心の中で喝采の声をあげたほどです。
 私の理想とするところは、全ての人々が幽・現、境を異にする時まで、健康で働けることなのですが、まだまだ、病いで斃れる人の数は多く、理想とはかけ離れた状態です。
私の師匠の劉老師、そして厳新先生にたびたび教えられました。「病いで亡くなる人がいるうちは気功法は完成していない。途上である。日々努力して能力の向上を計らなければいけない。」まったくその通りで、「途上人」である私も、もっともっと努力して力をつけなければなりません。

 そんな私に、今日思いがけないプレゼントがありました。
以前にも書いたことですが、私は本当に師匠に恵まれています。
物心つくかつかない子供のころ、長和尚に教えられ、気功世界では劉先生、王先生、厳先生に出会うことができ、古神道の世界では、安藤先生、そして小林先生に出会うことができました。(不思議なことに、密教の師、長和尚と気功の師、劉老師、そして古神道を初めて教えていただいた小林先生の御三人の名が三人とも同じ「ビゲン」という音なのです)
 そして、今の師匠が一昨年「斎主正一級位」の号を頂いた「藤原家元」先生です。
その家元から今日、伊勢神宮での修業の話をいただきました。
うれしくてたまりません。
感じる人は分かると思いますが、伊勢神宮の修業をさせていただくと、なにか見えない力が授かるように感じるのです。いや、感じるのではなく、たしかに授かるのです。
ハーバード大学のリサ・ランドール教授が「5次元時空論」を唱えてアインシュタイン以来の大発見かと騒がれていますが、同じような別次元の存在を感じ、その次元から確かな「力」を受ける感覚があるのです。
 私が驚喜したのも分かっていただけると思います。
昨日と今日の二日間、二人の生徒さんと稽古をしていたのですが、昨日は三度、そして今日も「差し入れ」を戴き、三人で大喜びしていたのですが、最後に私に大きなプレゼントです。頑張って伊勢神宮を訪問し、「途上人」の私の力を少しでも上げてくるつもりです。

|

« | トップページ | 連休 »

氣功世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/16927738

この記事へのトラックバック一覧です: 気功と師:

« | トップページ | 連休 »