« 市川先生 | トップページ | 高熱が続く »

2007年7月 7日 (土)

うれしい人々

 世の中には不思議な方がいる。当方が落ち込んだり、困難に遭遇しているとき、決まって連絡をくださるのだ。先週、以前お知らせした犬の「さくら」が旅立った。よく、本当によく頑張ってくれた素晴らしい仲間だった。飼い主のMさんから連絡が入る前に私にはわかっていたような気がする。じつはその朝、「さくら」が私に会いに来てくれていたのです。黄金色の健康な姿態は彼が旅立ったのを示していました。魂には人間と動物の違いはそれほど無いのだということがわかった。「さくら」は、私の顔を振り返り見ながら元気に走っていた。そして、だんだん遠ざかり、消えていった。私には悲しいという感覚はあまり起らなかったのが不思議である。それ以上に「さくら・・・ありがとう」という感謝の念が強くおこっていたのを思い出す。犬とは思えないほど、素晴らしい魂であった。
 先月の親友の早過ぎる死。この1、2ケ月の迷い。そして今週は何年ぶりか覚えていないほど久しぶりの高熱によるダウン。体力に対する絶対的な自信も薄らぎはじめており、そろそろ田舎に帰る時期が来たのではないのかという思いが頭をよぎり始めた。
幸いあとを託す4人の若者が「氣」の本当の姿を理解しはじめており、もう少しで「劉先生」から授かった「律の氣」と「呂の氣」をおこせる寸前まできた。
 あと半年・・・。そうすれば彼らは本当の意味での「氣功師」となれる。
4人のうち2人に紫樹位、ひとりに緑樹位の念珠を授けることが出来た。もうひとりもまもなく緑樹位を授けることができるだろう。素直な彼らは氣の特殊な働きをも理解しはじめており、何時、天界功の九つの功を教えることができるのか・・・。待ちどうしい思いで本当にウズウズしている。この功を教えたときの彼らの驚く様がいまから楽しみでならない。
 ・・・そんな感慨に耽っていた昨夜、またしてもN弁護士からひさかたの連絡があったのである。本当に不思議な人だ。まるでこちらの精神状態がわかっているかのような動きをいつもみせてくれる。
「来週、オリンピックで4位になった選手を連れていくからね・・・」
全く屈託のないN氏の声は、私の心を心底から高揚させてしまう。素晴らしい人だ・・・。
 来週来られたら、また一言怒られるだろうなア。元気がないぞオ、・・・と。

|

« 市川先生 | トップページ | 高熱が続く »

交友」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/15676878

この記事へのトラックバック一覧です: うれしい人々:

« 市川先生 | トップページ | 高熱が続く »