« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月20日 (金)

気功の真理

 今日も4時30分になりました。今から稽古をしてまた皆さんに送氣しようと思います。
ところで、今私は「古神道」の稽古に夢中ですが、古神道の真理の一端を図らずも心理学者「ユング」の理論に見つけましたよ。
「自然の中には、原因と結果との結合性以外にもう一つ別の因子が存在し、それが諸事象の中に示現し、私たちにとって意味あるものとして現われる。それはあらゆるものの淵源として久遠の存在であり、躍動するエネルギーである」として、「そうした存在を仮定することによってのみ、占いなどの的中する意味が明瞭となるのだ」というものです。
 面白い理論だと思いませんか。今、私が稽古している「古神道」や「導引法」の根源的目的も、ここにあるのです。
すなわち、人間を含む全てのものは、時間と空間の内に捉われて存在します。
このことは、全てのものはネガティブ性の内にあるということです。何故なら、生まれて、老い、死ぬということは、時間的経過をもって現われるものであり、逆説的に言えば、時間とは「もの」が出現し、経過し、消滅するために存在するものだと云えるからです。
 また、人間に限って云えば、その存在は隔絶したところに存在する。それは、一個体の人間は、それが親子であれ、愛する者同士であれ、決して他個体の感覚を全く同じようには感じることができない。(量子論でいう、人間は自分の意識レベルに応じてしか相手が見えない、という相対性と同じか)
 この世の中に、時・空しか存在しないのだとしたら、人間はそのネガティブ性をもって、常に不安、渇望感、孤立感といった「不満足感」を抱きながら生きていかなければなりません。
仏陀が悟りを獲得したとき、「四苦八苦」から脱した。つまり苦しみを超越したそれが解脱である、と多くの宗教家、宗教書は解説するが、本当にそうだろうか。私はもしかしたらこの世に時・空以外にももう一つのダイナミックなエネルギーの存在を感じた可能性もあるのではないか、と思えるのです。
私自身、そのダイナミックな流れの存在を知覚し、信じているからです。
 私の教室で稽古をしているとき、私はよく「動中の静」を大切にしなさい、意識しなさいということを、繰り返し言います。
実は、「動中の静」こそが、このエネルギーの存在を知るうえで一番大切なことであり、導引法を行うことで獲得する成果の最大のものであると思うのです。
呼吸でいえば、吸うことも吐くこともしていない、ほんの一瞬の間。
この一瞬の間こそ氣功の稽古で求めているものなのです。
言い換えれば、この瞬間に「解脱」が訪れているのです。自己の存在も時間の概念も、そして実在の空間さえその瞬間には存在しません。いうなれば「時間を超越した一瞬」なのです。この「時間を超越した一瞬」を感覚できるようになった瞬間、もう一つのダイナミックなエネルギーの流れを知覚することが出来るのです。素晴らしい世界なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

北の大地から

 またまた北の大地からお便りをいただきました。Y君とH嬢という私が大好きな若いカップルからです。H嬢からキレイな文字で丁寧に書かれた書状は、私の体調をきずかってくれたやさしい文面でした。ありがとう!Y君は男らしく寡黙でありながら、その瞳の奥には燃え上がるものが垣間見えるという、私のもっとも好きなタイプの若者であり、H嬢は今時の・・・と思えるほど優しさを持った素晴らしい女性で、このカップルの幸せを願ってやみません。二人は必ず幸せになれるよ。
 H嬢にも心配かけた最近の私の体調ですが、昨夜面白いことがおき、元気モリモリです。面白いことというのは昨夜修行中に起きたことですが、久しぶりに黄金色の光に身体が包まれ、氣力が漲ってくるのが感じられました。最高の気分です。
昨日の稽古で二人の生徒さんが公園で稽古をしたというのを聞いて、私も近くの同じ公園に出かけてみました。そこで、久方ぶりに龍道功立禅をしてみたのですが、思いがけず氣がよくまわるのです。その前に2時間ほど眠っていたので、体調も良かったのでしょうが、うれしいほど氣がまわります。わずか1時間ほどの稽古でしたが、いつのまにか私の身体全体が黄金色の光につつまれて、それはもう、たとえようのない心地よさでした。
今は、久方ぶりの充実した気持ちでいっぱいです。教えるべき生徒さんに逆に教えられたようで、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう!
サア、明日からもまた頑張りましょう。今から生徒の皆さんに「送氣」いたしますので、受け取ってくださいね。「送氣」は午前4時から行う予定です。また、誰か「光」をみてくれるかな。感じてくださいネ。皆さんに幸せが訪れますように・・・。「マーニー、ヤーオーツー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

夢に・・・

 先ほど、電話で起こされました。私の体調をきずかってくれたS社長からでした。
目覚めてびっくり。汗ビッショリです。いそいで乾いたタオルで体中を拭き、サッパリしたところです。
 落ち着くと、今しがた寝ていた時に見ていた夢を思い出しました。若く優秀に見えるお医者さんが、私に向かって言うのです。「佐藤さん、あなたの力は信じていますが、では貴方はいまの力を獲得するのに何年ぐらいかかったのですか?そして、貴方と同等の力を持った人は何人ほどいるのですか?だれでも貴方と同じような力を持つことができるのですか?」等々・・・
 面白いことに、この言葉は数年前に六本木の「阿雅左」という串焼き屋さんで、ある若い医者のかたから言われた言葉を思い出して夢にみていたのです。
たしかに・・・思い出しました。その時、このお医者さんはこうも言いました。
「だから、絶対数が足りないのですよ。貴方の力が本物でも数十万人という患者を診ることは物理的に不可能なのですよ。だから我々医者も助けることが出来ないと分かっていても薬などに頼るしかないのですよ・・・」と。
 今、何故こんな夢をみるのだろう。
たしかに私が師匠に命じられたことは、多くの施療士を育てることと、自らが施療して一人でも多くの人に希望を与えることではありました。
師の命の通りの活動を続けてきて、諸々の事情で完全とはいえないまでも、幾分の成果をあげてはいるのではないかと自負してきました。
しかし、霊界の師は足りないと怒っているようです。今、私に思いがけないチャンスがめぐってきつつあります。おそらくこれが師の言いたいことなのでしょう。「これは我がお前に命じたことを成し遂げるために与えたものだよ」と・・・。心していかねばなりません。私は、今一度、使命を果たすべくこのチャンスを使うことを念じなければならないのでしょう。
 いったい病とは何なんでしょう。生まれて始めて病に倒れてみて判ったことがあります。
病も一種のチャンスなのだということです。一人一人の考え方はもちろん万別されるほどおおいのは承知していますが、人生の中でのチャンスとも考えられるということを、皆さん思ってください。たくさんの思いが湧き出てきますよ。
 今、私は私のような活動をしている人が、逆に病にたおれるということが多いことにきずきました。そのための方策を研究中ですが、突然のようにその方面の知識や人脈がでてきました。この問題は遠からず解決できると思います。これも自分が病にたおれたからにほかなりません。面白いものですね。ちょっと前まで少しも考えなかったことが、いまの活動の中心になっているのですからね。これも必然でしょうネ。頑張ります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

高熱が続く

 丸々一週間、38度前後の熱が続き苦しめられました。普段は35度なかばが定温なので、これだけ上がるとかなりつらいものがあります。風邪などはもう30年以上ひいたことがないので、辛さもひとしおです。もちろん、この熱が風邪によるものでないのはわかっていましたが、これほど長引くとは、予想外でした。今もまだ37.6度ほどありますがだいぶ楽に感ずるようになりこうしてブログなどを更新しております。

 この熱が出た原因が、今夢中で研究している「新麻邇法」にあることは明白ですが、どうしてもこの技を知りたいという欲求には勝てません。
しかしながら、あまりにも先人の教えによる資料が乏しく、完成までにはまだまだ時間を必要とするようです。ただ、三度の実践で三度とも私の身体に異常が見られたということは、この技が潜在的にかなりの力を有しているに違いないという期待を持たせるものではあります。どこかの時点で、2~3ケ月のまとまった稽古時間がほしいものです。
 もし、完成までに至らなかった場合に備えて、これまでの方法論を書きとめ始めてみましたが、客観的にみても、氣功法の稽古方法に捉われすぎているのではないのかとか、欠点の方がどうも目に付きます。まだ、私にはこの「新麻邇法」にたいする「指導霊」が降りてきてはくださらないようで、もう少し、集中して、バカにならなければならないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

うれしい人々

 世の中には不思議な方がいる。当方が落ち込んだり、困難に遭遇しているとき、決まって連絡をくださるのだ。先週、以前お知らせした犬の「さくら」が旅立った。よく、本当によく頑張ってくれた素晴らしい仲間だった。飼い主のMさんから連絡が入る前に私にはわかっていたような気がする。じつはその朝、「さくら」が私に会いに来てくれていたのです。黄金色の健康な姿態は彼が旅立ったのを示していました。魂には人間と動物の違いはそれほど無いのだということがわかった。「さくら」は、私の顔を振り返り見ながら元気に走っていた。そして、だんだん遠ざかり、消えていった。私には悲しいという感覚はあまり起らなかったのが不思議である。それ以上に「さくら・・・ありがとう」という感謝の念が強くおこっていたのを思い出す。犬とは思えないほど、素晴らしい魂であった。
 先月の親友の早過ぎる死。この1、2ケ月の迷い。そして今週は何年ぶりか覚えていないほど久しぶりの高熱によるダウン。体力に対する絶対的な自信も薄らぎはじめており、そろそろ田舎に帰る時期が来たのではないのかという思いが頭をよぎり始めた。
幸いあとを託す4人の若者が「氣」の本当の姿を理解しはじめており、もう少しで「劉先生」から授かった「律の氣」と「呂の氣」をおこせる寸前まできた。
 あと半年・・・。そうすれば彼らは本当の意味での「氣功師」となれる。
4人のうち2人に紫樹位、ひとりに緑樹位の念珠を授けることが出来た。もうひとりもまもなく緑樹位を授けることができるだろう。素直な彼らは氣の特殊な働きをも理解しはじめており、何時、天界功の九つの功を教えることができるのか・・・。待ちどうしい思いで本当にウズウズしている。この功を教えたときの彼らの驚く様がいまから楽しみでならない。
 ・・・そんな感慨に耽っていた昨夜、またしてもN弁護士からひさかたの連絡があったのである。本当に不思議な人だ。まるでこちらの精神状態がわかっているかのような動きをいつもみせてくれる。
「来週、オリンピックで4位になった選手を連れていくからね・・・」
全く屈託のないN氏の声は、私の心を心底から高揚させてしまう。素晴らしい人だ・・・。
 来週来られたら、また一言怒られるだろうなア。元気がないぞオ、・・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市川先生

 昨日、驚異のマイクロ器の発明者、市川先生が経済産業省・資源記者クラブで会見を開きました。太陽熱と地中の温度差を利用して発電を起こす、画期的発明だそうで、先生が今日説明に来てくれましたが、残念ながらよくわかりませーん。すごい発明であるらしいということだけがわかりました。会見場の写真も見せていただきましたが、なにやら偉い方々と真面目くさって写っている写真のなかに一枚だけキレイな若い女性とのツーショットがあり、その写真だけはにこやかなヤサシイ笑顔!市川先生らしいと大笑い。いやはやこの先生は偉い人なのか・・・それとも・・・ムムム・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »