« 癌の治療器が・・・ | トップページ | お別れ »

2007年5月31日 (木)

気功法

 水曜日は、定例の気功教室でした。気の会った仲間の皆さんと笑いに包まれながらの時間を過ごしました。
先日の入院から丁度二ヶ月がたち、考えることがあり、私の気功講座の内容を少し変えました。
それは、マジシャンが、マジックのタネを明かすように、私の気功法の根源を生徒の皆さんに洗いざらいさらけ出してみようという試みです。私が、誰に、何を、どのように指導されて自己の気功法のルーツにしたのか、そして現在の私の気功法は、何を加えながら積み上げてきたものかを、全てさらけ出して裸になってみようということです。
料理人が、自分の得意料理のレシピを秘密なくさらけ出すようで、ちょっと勇気を必要としました。でも、私の講座を受けた皆さんが、今、私が気功法にたいして感じている素晴らしい思いを、私と同じように享受出来るためには、この方法が一番ではないかと思うのです。
 気功法は、発展する功法であると言われます。私も日々修行して尊敬する「師」の域に少しでも近ずきたいと思っております。裸の私を、ここで一度確認することはまた現時点の気功能力の状態を把握することでもあり、半年後、一年後の私の気功の能力がどれぐらい伸びたのか、はたまた停滞しているのかを計るうえでも大切なことであると思ったのです。
 私は今、私の講座を受けていない方々にたいしても、このブログ上かプロフィール欄でこのことをお知らせしようとも思っております。
興味のある方は読んでみてください。そして、病気を癒す新たな道が、運勢をより良く切り開く、強力な方法があるかもしれないということを発見してください。あなたの人生が全く違う航跡を描くかもしれませんよ・・・。私はそう信じております。

|

« 癌の治療器が・・・ | トップページ | お別れ »

氣功の稽古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141352/15263487

この記事へのトラックバック一覧です: 気功法:

« 癌の治療器が・・・ | トップページ | お別れ »