« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月23日 (月)

若い人たち

 雪で、昨日つくばに帰れず田端にいた。そのおかげで素晴らしい一日になりました。というのは、今日、二人の青年と過ごせたからです。一人はまだ30歳という若さで「氣功師」として頑張っているK君、もう一人は北海道からきたT.T君という今日初めて会った青年。
 K君とはまだ二度目の出会いで、しかも前回はほんの少ししか話すことが出来なかったのですが、今日は夕飯を食べながらじっくり話し合いました。本当に真面目に「氣功」に取り組んでおり、その若さからして将来が本当に楽しみです。「よーし!私の知っている全てのことを伝えよう」と思わせる雰囲気を持った素晴らしい青年で、少しでも人脈を広げるお手伝いをしようと思い、明日、某テレビ局にきてもらうことにしました。

 T.T君はMさんの紹介で今日初めてお会いしたのですが(Mさんには、最近たくさんの方々を紹介していただき、本当に感謝しております)、不思議なことに、彼の身体の状態や生活環境などがどんどん見えてくるのです。言ってしまってから(アレエ、こんなことを言ってしまって・・・)と自分でびっくりするようなことが、ペラペラと自分の口から出ていく不思議!
おそらく、T.T君とはかなり波長が合うのかもしれない。

 以前、自分が年寄りになったらおそらく「いまどきの若い者はー」とか言うのだろうと思っていたのだが、老境に入りつつある今「日本の若者は捨てたもんじゃないなァ」と言えるのが本当にうれしい。最近、電車の中、町の中、そこここで素晴らしい若者に出会う。なんか楽しくなってきそうな予感がする。この若者たちが、さもしい大人達や鬼畜にも劣る犯罪をおこす不良品のゲス人間どもを駆逐し、暗いいまの時代を変えてくれるに違いない。私も頑張って少しでも彼らの背中を押してあげたい。そんな気になった一日でした。ありがとう。若い人たち・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

テレビ局

 今日は今年初めてのテレビ局入り。タレントの皆さんもスタッフもさぞ疲れていることだろう。よしよし、今日はみんなを楽にさせてあげよう・・・と、勇んで局に行きました。ところが、アレアレ?みんな思いのほか元気!。しかたがないので、こちらから御用聞きに歩くしまつ。「どうです?元気ですか?」でもみんな元気みたい。しかたがないので他の番組に出演しているタレントさんを遠巻きにながめて、一日過ごしました。最後に「もう帰るよ」とチーフに言ったら哀れんで、「僕、お願いします」と言ってくれた。有り難くて有り難くて・・・トホホ・・・。
 一緒に行ったO君も哀れんで、恵比寿に美味しい「とんかつ」を食べに連れて行ってくれた。ウン、美味かった。それで機嫌が直って帰ってきました。(単純!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

NS001 NS002 NS003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯰江先生

 今日は、埼玉県の与野に鯰江先生を訪れた。「与野健康プラザ」を主宰されている先生は、初めての訪問にもかかわらず、丁寧に応対してくださり、大変楽しいひと時を過ごすことが出来た。
「与野健康プラザ」は大変立派な建物で、驚いたことに「代替医療」の分野で考えられるほとんどの設備が調えられており、なかでも感銘を受けたのが部屋一面に備長炭をはめ込んだ瞑想室です。「此れは何だ!」と部屋に入ってビックリ。私の頭髪が全て立ち上がったような感覚に本当に驚きました。これは素晴らしい、とそのアイデアに感心してしまいました。そのほかの設備も驚くことばかり、皆さんこれは必見ですよ。今日は雪が降りそうなほど寒かったのですが、田端に帰ってくるまで、身体の底から温かい「氣」が湧き上がり、電車の中では座ろうという気さえ起こりませんでした。ぜひ、また近いうちに訪問したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

謹賀新年

 喪中につき、年頭のご挨拶、遠慮させていただきます。
皆さん、正月休みいかがお過ごしでしたか。私は田舎でのんびり・・・というわけにもいかず、新しい稽古の組み立てに挑戦してみました。どんな成果があらわれるのか、ちょっと楽しみです。

 正月二日には、なんと44年ぶりに還暦同窓会という会に出席してきました。中学時代の旧友の集まりで、マア、皆さん老けたこと老けたこと・・・。
最初は誰が誰やらわからず右往左往しましたが、不思議なものですね。30分もすると、子供のころの面影が現われてきて、懐かしい思い出話に華が咲きました。しかし、残念なことに、旧友の何人かは先に逝ってしまい、あらためて、60年という年月の長さを感じさせられました。
今まで「同窓会」なるものがあまり開催されなかったのですが、停年を迎えた友人たちが世話役となり、今後頻繁に集いを行いたいということで、大変喜んで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »