« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

氣功と私

 今日から数度に分けて、氣功と私の関わりについて少し書いてみようと思います。最近、あまりにも「幻影」とが「不思議なおじさん」とか書いているので、ここらでそれらについても私がどんな考えを持っているのかをお知らせしておいたほうが、良いと思います。

「疑念しか持たなかった氣功との出会い」                  私が初めて「氣功」なるものに出会ったのは、もう30年近く前になります。筑波大学に留学していた、S君という青年たちと食事をする機会がありました。カタコトの日本語を話す彼らとの、それほど弾まない会話の中で、氣功の話題がでたのです。彼は、8歳のころから「氣功」なるものを修行しているとのことで、私は彼の出す「氣」を受けてみることにしました。その時の感覚は「いわれてみれば・・・そんな気がしないでもない。」という程度で、暖かい、熱のようなものは若干感じましたが、それが多くの病気を治すと言われても、到底納得することはできませんでした。

 生来、私は宗教的「力」や霊魂、UFOといったものにたいしては、かなり猜疑心の強いほうで、非科学的な力や超能力といったものは一切受け入れようとはしませんでした。今となっては、悔いが残ることですが、先祖の墓参りでさえも、それまでほとんど行ったことがなかったほどでした。霊魂やUFOを信じなかったのは、それまで私が一度たりとも自身の眼でその存在を確認したことがなかったからです。

 私は、旦那寺である西方寺の住職に可愛がられ、6,7歳のころから10年近く、夜になるとお寺に行き、様々なことを教えて頂いておりました。お寺の庫裏に行くには、当然のように墓地の脇を通らねばならないのですが、雨の日も、雪の日も、私が墓地に霊などを見ることはなく、いつしかその存在は「ないもの」と決め付けていたのです。

 初めて接した「氣功」も、私には「催眠術の一種かな」という程度の受け止め方しかできませんでした。しかし、今にして思えば必然的邂逅であったかとも思えるのですが、「氣功」の存在は私の記憶に刻み込まれ、それから様々な形で「氣功」と係わり合いを持つようになっていきました。

 そして、私はいつの間にか墓参りをするようになり、UFOの存在も肯定するようになっていました。はい。私は自身の眼で霊魂を見、UFOを確認することができたのです。そして、氣功の世界やこれからお話する「その他の世界」に存在する、不可思議な「力」も知ることができました。

 今、私は、「これは何だろう」から「これをどう科学しようか」というところに居ります。そして、私の体験してきた様々なことが、人間の秘めた可能性を開発する「扉」のひとつとなる可能性に期待しております。

 「氣功」は、いまだ発展途上の行法であるといわれております。そして私もまた途上人であります。これまでの「氣功」との様々な関わりを思い出しながら、さらに努力を加え、この世界から得られる多くの「不思議」を人生の宝としていきたいと思っております。退屈かもしれませんが、これまでの私と氣功の関わりに少しお付き合いください。                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

修行の前に

 只今、午前4時ちょっと前のまだ暗い朝です。これから日課の修行を行いますが、その前になんとなくパソコンの前に座っています。一昨日の朝、修行中に久しぶりに幻影が現われました。これはいつでも私に何らかの迷いをもたらす、やっかいなやつです。         以前に現われた時も、私の活動が無意味だと思わせるような働きかけをしてきました。私は毎朝、会員の方々に一日の安全を祈念して、氣を送るのですが、それが無意味だというのです。私の思いは、極々一握りの人にしか信じられてはいないというのです。        以前現われた、同じような幻影の思念にたいしては、極一部の人にでも信じてもらえるのならそれでいいのだ、と開き直れたのですが、今回は具体的な名前をあげながら迷わせるのです。その後、修行し、氣を各人に送ってみると、まさに幻影が名前を挙げた人にだけは氣が送れないのです。少なからずショックがありました。幻影の言うとおりなのか、はたまた、幻影の惑わせに私が負けたのか・・・。

 これから幻影との戦いです。幻影が挙げた名前の会員の人たちに重点的に氣を送付してみます。負けたら・・・?私を信じる人はひとにぎり。その人たちと新世界を創る。それが私の最愛の師匠、劉先生の秘伝を試す絶好の機会であるから・・・。

 いままで、数度ほどこの幻影の出現に惑わされてきました。残念ながら、幻影のいうことは、いままでほとんど当たってきた。しかし、その迷いと戦いながら、私は、やや良い方向に進んできたと思っている。今回も、後戻りはするけれど必ず良い方向に進んでみせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

焼肉パーティ

 昨夜は、稽古の後、焼肉パーティとなりました。予定よりやや少なく、10人ほどのパーティとなり、肉があまり帰りにおみやげにするなど、ちょっと残念でした。副館長も得意の料理の腕がそれほど振るえず「髀肉之嘆」をかこつ感じでややかわいそう。

 しかし、市川先生の参加で座は大いに盛り上がり、さながら「市川劇場」と思われるほど。硬い話、軟らかい話、もう自由自在。とても70歳を過ぎているとは到底思えない活躍ぶり。道場生には若い女性が多いのですが、もうもう、お構いなしの独壇場。まいりました。

 次回は忘年会で盛り上がりましょう。今回参加出来なかった皆さんも次回はどうぞ参加してくださいね。そして、その時までに新しいメンバーが何人でも来ていただけますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

六本木の夜

 昨夜、久しぶりにN先生たち四人と六本木に中華料理を食べにいきました。

 食道楽のN先生のよく行く店で、大変おいしい店です。なんと夜中の二時までそこにいました。私は時間は気になりませんが、他の人たちは翌日の仕事大丈夫なのかちょっと心配してしまいました。

 N先生にいろいろ、たしなめられたことがあり、その時は結構反発したりしていたのですが、今朝になって先生の憂慮していたことが現実になり、その偶然と先生の慧眼に驚いているところです。これは、私に「反省しなさい」という天の声かとも思い、いま考え込んでおります。N先生ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木の夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »